デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】2017公式戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.05.24 広島対ヤクルト 公式戦11回戦 大瀬良粘りのピッチングで2勝目

2017年5月24日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦11回戦の試合結果

ヤクルト 000 000 100|1
広  島 101 002 02×|6

勝 大瀬良 2勝0敗
負 石川 4勝4敗
S -

【本塁打】鈴木9号

昨日緊急降板となった野村は登録抹消となり、代わって一軍登録されたのは佐藤。
また、今日の試合では試合中に雨脚が強まることも予想されており、ヤクルトに先制されないことが、余裕をもった試合運びに繋がる。
そのヤクルトは打線を変更してきた。
カープ戦で相性の良い大引を1番に起用し、あとは右左のジグザグ打線。

また、カープ先発の大瀬良は、前回登板では無四球ピッチングで、安定感があった。
ヤクルト戦では、今季1度登板があり、コントロールを乱して、序盤のリードを吐き出していただけに、前回のような制球での投球が出来れば、リベンジも十分期待できる。

その大瀬良の立ち上がりは、大引に対して、ベースから大きく外れるボールが多く、ボール先行のピッチングとなり、フルカウントからセンター後方への大飛球を飛ばされる。
低めに決まった分だけ丸が追い付いてセンターフライとなるが、続く坂口への制球を見た時点で、前回ほどの安心感はないのは分かる。
坂口には、インコースのボール気味のストレートを、腕をたたんでライト前に落とされるヒットを許し、ランナーがいる状態で山田を迎える。
ボール先行では投球の幅が狭まってしまうところで、山田にはストライクが先行したが、ボールは高い。
ただ、ストライク先行のピッチングが出来たことで、アウトコース低めのボールになるスライダーで空振り三振が奪えた。
2アウト1塁で雄平を迎え、フルカウントから、アウトコースのストレートがシュート回転して外れ、四球を与えて、ランナーが溜まる。
初回から球数が嵩み、バレンティンに対してもボールから入り、3-0からアウトコースのストレートで1つストライクが入る。
アウトコースギリギリのスライダーでもストライクが取れ、最後はアウトコースのストレート、やや逆球となったが空振り三振を奪ってピンチを凌いだ。
三振となった直後、この打席のおそらく2ストライク目の判定の件で、バレンティンが球審に暴言を吐いたということで、いきなり退場となる幕開けとなったが、大瀬良も球数が29球に達しており、この後も辛抱のピッチングになりそうな初回だった。

初回のカープの攻撃は、早くも今季4度目の対戦となる石川に対し、1アウトから菊池がセンターバックスクリーンに飛び込もうかという大きな当たりを放つ。
残念ながらフェンス上段に当たる打球となり、坂口がクッションボールを見失う間に菊池は三塁まで進んだ。
そして丸は初球のインコース低めのシンカーを捉え、ライトフェンス直撃のタイムリー二塁打で先制する。
鈴木はフルカウントから四球を選び、久々にスタメン出場となった新井が打席に向かうが、どういうコースにきても引っ掛ける、という打撃ではなくなっており、徐々にではあるが調子が戻ってきているようには見える。
良い当たりではなかったが、セカンドゴロ進塁打となり、チャンスが拡大するものの、安部はファーストゴロに倒れ、1点どまりとなった。
石川対カープ打線は、良くも悪くも6回3失点を想定して試合を進めることになる。
6回で2得点以下であれば石川ペース、6回4得点以上だとカープペースになる。
6回で3得点では、投手次第ということになり、得点が積み重なるまでは大瀬良が粘りのピッチングをする必要がある。

2回の大瀬良は、バレンティンの退場の動揺が収まりきらないうちに、下位打線を三者凡退に抑え、これでリズムを取り戻した感があった。

3回表には、大引の一二塁間への深いゴロに菊池が追い付く。
スライディングキャッチで、無理に足で踏ん張れば負担が大きいところで、背中で滑る勢いを殺してから、僅かでも体勢を整えて一塁送球するというのは、凄みがある。

3回裏の攻撃では、先頭の田中が、レフト方向へきれいに打ち返し、二塁打で出塁すると、菊池はセーフティ気味の送りバントを狙ってくる。
ファールになったことで、次は普通に送りバントを決め、すぐさま丸が内に食い込んでくるシュート系のボールを捉えて、センターへ犠牲フライを打ち上げて1点追加。
鈴木も、スライダーを捉えてレフト前にライナー性の打球を放つが、鵜久森のスライディングキャッチに阻まれる。

5回表は、先頭の中村にライト前ヒットを打たれても、打順のめぐりを最大限利用する。
8番の西浦をセンターフライに打ち取り、石川が送りバントを狙ってくるが、小フライになる。
會澤が石川とぶつかり、一旦ミットからボールがこぼれかけるが、それでもボールを落とさずにフライアウト。
守備妨害でアウトになった可能性もあるが、球審の判断次第のところもあり、仮に守備妨害が認められなければ、おそらくファール、最悪はミットに触れた場所がフェアゾーンと判断されれば送りバント成功の可能性もなくはない。
それだけに、しっかり捕球できたのは、集中して守れていると言える。

大瀬良もこのイニング辺りでは、すっかりコントロールの乱れが見られなくなっており、ストライク先行のピッチングが出来ていることで、徐々に安定感が出てきている。
球数も若干多いものの、平均くらいには収まってきており、四球も初回に出した1つだけ。
よく立て直してきたなと受け取ることは出来る。
やはりバレンティン不在と言うのは、大きな影響があったなと思わざるを得ない。

6回裏の攻撃では、先頭の鈴木が曲がりの少ない、高目のシュートを捉え、レフトスタンドへの本塁打を放つ。
これで石川から3得点目。
そして新井はアウトコースのストレートを真っ直ぐ打ち返し、センター後方へライナーが伸びていき、フェンスの最上段に当たる二塁打を放つ。
今日はこういうフェンス直撃の打球を何度も見る。
安部が送りバントを決め、1アウト3塁となったところで、石川に代わりギルメットがマウンドに上がる。
カープも堂林に、代打松山を送るが、その松山はインコース低めのワンバウンドしそうなフォークを何度もファール。
最後は前進守備の内野でも本塁送球が出来ない、高いバウンドのショートゴロを打って1点追加。
これも高目のボール気味のスライダーを、強引に叩き付けており、とても真似の出来るバッティングではない。

7回表のマウンドには、連投となる中崎が上がる。
昨日の印象と同じく、ボールは高い。
先頭の鵜久森には、真ん中高目のストレートを捉えられ、左中間突破の二塁打を打たれ、武内の進塁打で1アウト3塁。
中村には、低めのスライダーで空振りを奪うシーンもあったが、決めに行ったボールは、アウトコース高めに浮くカットボール。
芯を外してセカンドゴロに打ち取る間に、三塁ランナーが生還して1点を返される。
そして、西浦にもスライダーがアウトコース高めに抜け、ややタイミングが外れたことでヒットにはならなかったが、大きな当たりのレフトフライに打ち取り、1失点で切り抜ける。
内容的に見ても、もう少し、こういった起用法が続くことになるだろう。

8回表のマウンドにはジャクソンが上がり、坂口にはスライダーを上手く逆方向に打たれたが、山田はアウトコースのストレートで空振り三振を奪い、無失点で今村にバトンを繋ぐ。

8回裏の攻撃では、代わった村中に対し、先頭の鈴木が0-2と追い込まれるが、そこから粘って四球で出塁。
新井も四球で続き、ノーアウト1、2塁。
安部が一塁側へ送りバントを決め、1アウト2、3塁で、ジャクソンに代打ペーニャを送る。
完全にタイミングを外され、バットの先に当たる打球だったが、センター前にポトリと落ちる2点タイムリーヒットで大きな追加点が入る。
これがペーニャにとって来日初打点となった。

点差が5点に広がり、最終回のマウンドには、直前まで3点差だったということで登板の準備していた今村がそのまま上がる。
先頭の雄平を、スライダーで引っ掛けさせてセカンドゴロに打ち取り1アウト。
鵜久森をフォークで引っ掛けさせてサードゴロに打ち取り2アウト。
武内をインコースのストレートで詰まらせてショートハーフライナーでゲームセット。
今日の、と言うよりは、最近の今村はフォークが低めに決まる割合が増えてきている。

初回は落ち着かないピッチングとなっていたが、何とか大瀬良が崩れずに無失点に抑えたことが、この試合の流れを作った。
前回ほどの内容ではなかったが、よく立て直したと思う。





【カープ情報】2017.05.23 広島対ヤクルト 公式戦10回戦 野村緊急降板も、薮田、復帰初戦の中崎、ジャクソン、今村が無失点リレーで1点差勝利

2017年5月23日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦10回戦の試合結果

ヤクルト 020 000 000|2
広  島 011 010 00×|3

勝 薮田 3勝1敗
負 ブキャナン 2勝3敗
S 今村 0勝1敗8S

【本塁打】なし

今季2度目となる、野村対ブキャナン。
前回は投手戦と呼ぶにふさわしい試合だったが、同じように抑えられると苦しい展開になる。
スタメンで変更があったのは、7番に松山が入ったくらいだが、ヤクルトはカープ戦でラッキーボーイ的な働きを見せている藤井をスタメン起用している。
クリーンアップの前にランナーを貯めないためにも、藤井は要注意となる。

まず野村の立ち上がりは、先頭の坂口を、インコースへのカットボール2球で追い込んで、最後はアウトコースへのツーシームで空振り三振。
藤井には、逆にフロントドアで見逃し三振を奪う。
山田にはインコースを狙ったツーシームがやや甘く入り、逆方向への大飛球を飛ばされるが、ライト鈴木の追い方には余裕がある。
フェンス手前で追い付いて、ライトフライに打ち取って無失点で立ち上がった。

そしてブキャナンに対するカープ打線は、先頭の田中がカットボールに全くタイミングが合わずに空振り三振。
菊池はストレートをしっかり捉え、右方向に打ち返したが、良い当たりのセカンドゴロ。
丸は初球のカットボールを打ちにいくがファールになり、最後も芯には当たらずセカンドゴロ。
やはり苦戦しそうな初回の攻撃だった。
ただ、追い込まれないうちに、早いカウントから打っていく方針であるのは伝わってきた。

今日も投手戦かと思った矢先、野村は初球、ファーストストライクを次々と捉えられ、雄平から始まり5連打で2点を奪われる。
野手のすぐ脇への打球がヒットになったりと、球際のちょっとした差がヒット、長打に繋がったりしており、流れの悪さを感じる。
しかし、逆に言えば5連打で2点を失い、なおノーアウト満塁のピンチは凌いだというのは、まだ十分チャンスが残っている。

直後の2回裏、先頭の鈴木が、アウトコースのストレートを捉えると、ライナーで左中間を突破する二塁打を放つ。
安部のショートゴロの間に、鈴木は三塁へ進み、1アウト3塁でエルドレッド。
前進守備を敷かず、内野ゴロでも1点というケースでも、ボール球には手を出さず、強引に行かなかった。
エルドレッドの四球が打線の繋がりを生み、ヤクルトバッテリーとしては松山でゲッツーというのも頭にあっただろう。
初球のインコースのストレートで詰まらせに来た。
実際に詰まり気味ではあったが、ボールがやや高めだったことでセカンドの頭上をハーフライナーで越えていく。
松山のライト前タイムリーヒットで、すぐさま1点を返した。

1点を返し、野村が3回表を無失点で抑えることが出来れば、試合の流れを取り戻せる。
先頭の山田にレフト前ヒットを打たれ、盗塁も決められピンチは迎えるが、バレンティンとは無理に勝負をせずに歩かせると、大引、武内を打ち取って、無失点で切り抜けた。

さあ、これで試合をじっくり進めていけるかというところで、何と野村は3回でマウンドを降りてしまう。
打順が回ってきて代打が出された訳でもなく、何らかのアクシデントがあったに違いない。

4回表のマウンドには薮田が上がり、当然ロングリリーフ前提となる。
その薮田は、下位打線からではあったが三者凡退に抑えて、試合のリズムを壊さなかった。

すると4回裏の攻撃では、1アウトから菊池が四球を選ぶ。
ただ、丸はどうもタイミングが合わない。
インコースのカットボールに意識が行ってしまい、かなり体が開いて、アウトコースのストレートで見逃し三振。
2アウト1塁となり、鈴木の打席で、キャッチャー中村がわずかにボールをそらす隙を見逃さずに二塁へ進むと、鈴木は150キロのストレートに喰らい付いていき、ファールで粘る。
最後もインハイのストレートに差し込まれたが、力みのないスイングをしていておかげで、何とかバットのヘッドが走った。
フラフラと一塁後方に打球が上がり、ポトリと落ちるタイムリーヒットで同点に追い付く。
ただ、ライトの雄平のバックアップが速く、二塁を狙った鈴木はタッチアウトとなり、同点どまり。

今日の最大のポイントは、薮田の投球と言って良い。
3イニングを投げて無失点、しかも3イニング目の6回表には、先頭の大引のレフト前ヒットを、松山が後逸して二塁打にしてしまうという凡プレーもあった。
そこからの無失点だけに、非常に価値のある投球だった。

さて、1イニング戻って5回裏のカープの攻撃では、先頭の菊池が高目のストレートを上からしっかりと叩いて、左中間フェンス直撃の二塁打を放つと、丸がようやくブキャナンのカットボールを捉えて、左中間へのフライを放つ。
センターフライで菊池はタッチアップで三塁に進み、ここまで2安打の鈴木は、じっくりと見極めて四球を選ぶ。
1アウト1、3塁で、ゲッツー崩れでも1点が入るケースで、安部が打席に向かう。
アウトコースのチェンジアップが高めに浮いたところを軽打、引っ掛けたように一二塁間へ打球を転がすと、そのままライト前に抜けていくタイムリーヒットで、1点勝ち越した。

そして1点リードのまま7回からの終盤を迎えることになるが、今日の試合から中崎が一軍復帰している。
形としては、1点でもリードしていれば、安心して3イニングを任せられる投手がようやく3人揃ったことになる。
もちろん、薮田、一岡、中田も頑張って投げてくれていたが、前半から登板数が嵩んでいたこともあり、形を整えることで、役割が明確化できるというプラス面が大きい。

7回表のマウンドには中崎が上がり、無失点で復帰登板を飾った。
内容については、キレはそこそこ感じるものの、インコース、アウトコースギリギリにコントロールできるという感じではなく、高目に抜けることもあった。
首脳陣の判断の通り、確かに様子を見てみたいピッチングではあったが、中崎は名前で抑えられる投手でもある。
調子を上げていく様子を楽しみにしたい。

8回表はジャクソンが登板。
簡単に2者連続三振を奪ったものの、2アウトから武内には勝負にいったボールが続けて外れてしまい四球。
中村にはスライダーが高めに浮き、レフト前ヒットを打たれ、2アウト1、2塁。
代打大松との勝負になり、決め球の低めのスライダーは、しぶとくバットに当てられた。
一二塁間への緩い打球となったが、エルドレッドが飛び出して捕球し、ベースカバーのジャクソンに送ってスリーアウト。

1点差で最終回を迎えるには、怖さのある1番からの打順となっている。
それだけに、8回裏の攻撃で追加点が欲しいところではあったが、エルドレッド、代打西川、石原が倒れ三者凡退。

例えばではあるが、代打に新井を起用し、エルドレッドの打順に今村を入れ、最終回の守りに新井が就く、というは難しいのだろうか。
やはり、1点を争う試合の、9回だけに出場するのは難しいか。

1点リードを守るべく、9回表のマウンドには今村が上がる。
先頭の坂口には、ど真ん中のスライダーを捉えられてセンター前ヒット。
藤井は初球のアウトコースのストレートで送りバントをしてくるが、小フライとなって今村がダイレクトキャッチ。
1アウト1塁で山田を迎え、フォークとストレートで追い込む。
ただ、1-2のカウントからのフォークを見送られ、これで勝負球が難しくなった。
こうなるとボールになる連続フォークは振ってくれないが、フォーク以外は行けない。
1-2から 4球連続フォークを投げ込み、1球も高目には浮かず、セカンドフライに打ち取って2アウト。
雄平を迎えるタイミングで、ヤクルトは一塁ランナー坂口に代走上田を起用すると、初球で二盗を決められる。
一打同点のピンチを迎えるが、もうフォークを自信を持って投げ込むだけ。
低めのフォークで浅いライトフライに打ち取って、1点差の試合を、シーズン当初の思い描いていた3人のリレーで逃げ切った。
3人の順番も違うし、先発の野村が3回でマウンドを降りているというアクシデントもあったが、形が整った初戦で、理想通りの投手リレーが出来た。
気持ちは楽になったのではないだろうか。

今日のヒーローは、薮田で間違いない。
暫くは、勝ちパターンでの7回の登板は中崎に譲るかもしれないが、いずれ7回は自分が担う、もしくはもっと後のイニングでの登板を勝ち取るつもりでいてくれるだろう。
経験は必ず活きてくる。





【カープ情報】2017.05.21 広島対中日 公式戦9回戦 得点を奪ったイニングの直後に必ず失点、ナゴヤドームで三連敗

2017年5月21日に行われた、広島対中日の公式戦9回戦の試合結果

広島 001 000 120|4
中日 101 020 12×|7

勝 吉見 1勝4敗
負 福井 1勝2敗
S 田島 1勝1敗11S

【本塁打】田中2号、ゲレーロ9号

この中日三連戦で、3通り目のオーダーとなった今日のスタメン。
決してランナーが出ていない訳ではないが、あと一本が出ない状況が続いている。

初回の攻撃は、田中、スタメン復帰の菊池が打ち取られるが、丸はアウトコースのストレートを打ち返し、左中間突破の二塁打で出塁。
ここまでは、2戦目まででも持ってくることが出来ている。
要はここから、というところで鈴木は四球を選んで、安部に繋ぐ。
初球の甘いスライダーを見逃し、次はインコースのストレートを見逃して追い込まれる。
3球目の低めの誘い球は見逃し、もう1球ボールを見極められれば、打てるボールが来る可能性も高まる。
そして4球目のフォークを見逃し、あとはやや高目を狙うのみ。
しかし、残りも全てフォーク、それも低めに投げ続け、当てただけのセカンドゴロに打ち取られ、吉見のベテランの技を見せ付けられた。
やはり、あと一本が出ない形での無得点となった。

そして、吉見のピッチングの後にマウンドに上がる福井は、どうしても厳しいコースへのボールの判定が厳しくなりがち。
先頭の京田には、アウトコース高目のフォークを逆方向へ弾き返され、レフト線への二塁打を放たれる。
同じフォークを投げていても、こうも高めに浮いてしまえば、打者も付いてくる。
送りバントを狙う亀澤にも、初球こそファールにさせたが、そこから3球連続アウトコース高めに浮く、明らかなボールがいってしまう。
それでも5球目のストレートでは送りバントを決められ、1アウト2塁となる。
大島には低めのフォークが決まる場面もあるが、投げてみないと高めに浮くか、低めに決まるか分からない以上、狙って打ち取るのは難しい。
大島にはインコースのストレートを勝負球に選び、センターに打ち上げられるも、浅い当たりだったことで犠牲フライにはならず。
ビシエドは、アウトコース高目のストレートを逆方向へ打ち返され、ライトフェンス上段に直撃するタイムリー二塁打で先制される。
ピンチを何とか凌ぎながら、2アウトまで漕ぎ着けても、そこで踏ん張れずに先制点を与えてしまうのは、これで3試合連続となった。

2回のカープの攻撃は、先頭のエルドレッドのショートオーバーかというライナーを京田がジャンプしてつかみ取り1アウト。
ただ、松山はアウトコース高目へのシュートを逆方向へ打ち返し、レフト線への二塁打で、このイニングも得点圏にランナーを進める。
會澤はアウトコースのフォークに当てるのが精一杯という打球で、セカンドゴロ進塁打。
2アウト3塁となり、福井はアウトコースのストレートにどんぴしゃのタイミングでバットを出し、一塁線へのライナー性の打球を放つ。
しかしビシエドが飛び込んで捕球し、ファーストゴロで無得点となった。

2回裏の福井は、先頭のゲレーロを追い込んでからインハイにボールが抜けて、肩口への死球となってしまう。
堂上の初球にも肩口へフォークが抜けてしまうが、ここはボールとなり、次の真ん中付近のストレートでライトフライ。
木下にも高めに抜けるボールが3球続き、そこからストレートで1球ストライクを取ると、次はインコースにストレートを決める。
ゲレーロはスタートを切っており、詰まった当たりのショートゴロは一塁だけアウト。
吉見は高目のフォークでショートゴロに打ちとってピンチを脱した。

3回表の攻撃は、先頭の田中が粘って四球を選ぶ。
この三連戦の展開として、あと一本が出ないことと、1点取ることはできても複数点を奪うことが出来ていないという結果がある。
流れを変えるには、一挙2得点、3得点というのを狙っていくことも必要。
菊池は送りバントをすることなく、強攻策でライトフライに打ち取られる。
ならばと、田中が二盗を決めてチャンスを作る。
投手も警戒し、キャッチャーもストライク送球を見せた中でも、割と楽々セーフのタイミングの盗塁を決めるのは久しぶりに見た。
しかし、丸はサードファールフライを打ち上げ、堂上がカメラマン席に落ちそうになりながらも好捕して2アウトとなる。
相手のファインプレーでアウトが1つ増え、2アウト2塁となって、打席には鈴木。
追い込まれてから、アウトコースのボールになるスライダーに対し、バットを投げ出すようなスイングで、バットの先で拾った打球はレフト前へ飛び、タイムリーヒットで同点に追い付く。
ただ、これでは三連戦に共通している中日の流れのまま。

2アウトからでも続いていきたいところだったが、安部はアウトコースのチェンジアップでタイミングを外され、センターフライで1点どまり。

中日の流れを、少なくとも食い止めておくためには、すぐに勝ち越されるのは避けないといけない。
ただ、やってはいけないことをやってしまうのが、今の状態を表している。
京田、亀澤を内野ゴロ2つで打ち取ったものの、大島、ビシエドに連続二塁打を浴びて、あっさり勝ち越される。

そして5回裏、早くも京田が3度目の先頭打者として登場し、レフト前ヒットを放つ。
詰まった打球に松山がよく突っ込んでは来たが、ショートバウンドで捕球し、体勢が崩れた隙に、京田は二塁へ進む。
そして亀澤の送りバントは、キャッチャーのすぐ目の前に転がり、會澤は三塁へ送球するも、タッチプレーの分だけセーフになり、フィルダースチョイスでノーアウト1、3塁。
大島には真ん中のストレートを捉えられて、ライトライナーで京田はタッチアップを決めて1点追加される。
ビシエドの打席では亀澤が二盗を決め、會澤の二塁送球がライト側に逸れる悪送球の間に、亀澤は三塁へ。
ビシエドの強い打球のショートゴロで、田中は体勢を崩しかけ、本塁送球がセーフになるリスクを避けて、ファースト送球の間に亀澤が生還。
点差が3点に広がったが、初戦のビシエドのサヨナラツーラン以外では、初めて1イニングで複数得点が入り、最大点差である3点差がついた。
紙一重のプレーがことごとくヒット、セーフになり、点の取られ方は良いとは言えない。

ただ、無理やりではあるが、流れに変化が出てきたと前向きに捉えれば、反撃のきっかけにはなり得る、というかそこに縋りたい。

6回からは、中日は継投策に入り、リリーフ一番手は伊藤準。
その代わり端、丸が初球の低めのストレートを捉えて、センター前ヒットで出塁。
鈴木は3-1からストレートを捉えたものの、やや詰まってレフトフライ。
安部の打席では、安部が2球続けて体を捻って避けたボールがストライクとなり、最後は集中力が切れたような空振り三振。


今シーズン、ナゴヤドームでチーム唯一の本塁打を放っているエルドレッドは、フルカウントから四球を選んだが、これは相手からすれば問題ない四球。
逆に言えば、続く松山に一本出れば、流れを変えられるが、センター後方へのフライを打ち上げても、ナゴヤドーム、そしてセンター大島の守備では、打球は抜けていかない。
センターフライで無得点に終わり、あとは3点ビハインドでも、福井にもう1イニング託すしかない展開となった。

その福井は6回裏、6番からの打順三者凡退で抑える。
2回と4回も同様に6番からの打順で、ランナーを1人出して、投手の吉見で攻撃を終えさせ、次のイニングの先頭が京田となったことが失点に繋がった面もあり、こうも簡単に抑えられるなら、どちらかのイニングだけでも抑えていたら違った展開もあったかなという気にはなる。

ただ、フォローしておくと、昨日の九里と同じく、福井に求められているピッチングも、6回3失点というもの。
荒れてはいたものの、6回4失点で、自責点は3、無四球ピッチングでは、先発としての最低限の仕事は果たしている。
点の取られ方が悪いだけで、先発を外れるほどの内容かと言われると、まだ猶予はありそうに思えるが、6回2失点ピッチングをする若手がいる、それをベンチがどう判断するかということになる。

さて、7回表の攻撃は、會澤、代打のペーニャが簡単に打ち取られるが、田中は2-0からの真ん中のストレートを捉えて、右中間への本塁打で1点を返す。
ただ、菊池はスライダーで空振り三振に倒れ、やはり得点は奪えても1点だけというのは続いている。

1点だけでは、中日の流れは変わらない。
7回裏は、一岡が登板し、1アウトから京田に四球を与えたのをきっかけに、1点追加されて突き放される。

とにかく、点を奪った直後のイニングで点を奪われるケースも続いている。

8回表の攻撃は、岩瀬に対し、先頭の丸が2球で追い込まれるが、決め球のスライダーは真ん中高目。
しっかりと捉え、センターオーバーの三塁打でチャンスを迎える。
鈴木には、全くヒットゾーンに飛ばせるようなコースにはボールが来なかったが、その分厳しいコースを狙いすぎたことで四球を選んだ。
ノーアウト1、3塁となり、安部はショートゴロ併殺崩れで1点を返す。
何度も繰り返すが、1点では中日ペースは変わらない。

1アウト1塁となったところで、岩瀬に代わって三ツ間がマウンドに上がる。
エルドレッドは、初球のインハイのストレートを、無理に引っ張らずにセンター方向へ打ったことが功を奏し、詰まりながらもセンター前ヒット。
安部は三塁へ進み、1アウト1、3塁となり打席には松山。
三ツ間は際どいコースには投げているが、見極められているということはキレがいつもほどではないのだろか。
松山が四球を選んで、1アウト満塁となり、代打には西川。
きれいにセンター方向には打ち返したが、ショートの守備範囲。
ショートゴロ併殺崩れの間に1点を返し、このイニング2点目。
ようやくと言っていいいだろう、複数得点を奪って、さらには代打野間。
こちらもセンター方向へライナーを飛ばしたが、大島の守備範囲で、あと1点及ばなかった。
何とか吉見に今季初白星を、というのは中日守備陣からは良く伝わってくる。

そして、1点ビハインドの8回裏のマウンドには薮田が上がる。
真ん中へのストレートではあったが、正直ゲレーロが右方向へ大飛球を飛ばすとは思っていなかった。
高い放物線でライトスタンドへ飛び込む本塁打で、またもや点を奪った直後に、失点してしまった。
1試合で、3度も得点を奪った直後に失点してしまう展開で、気落ちしてしまうのも無理はないが、打線は9回表の反撃も期待できる状態にはなっている。
それだけに、本塁打の後、四球、送りバント、ライト前ヒットでランナーを溜めること自体避けてもらいたかった。

そして、全く意味の分からないプレーが出てしまった。
1アウト1、3塁で京田はファーストゴロ。
安部が何故か一塁を踏んでから、二塁へ送球。
一塁を踏んでいる時点で、一塁ランナーはタッチプレーでしかアウトに出来ない。
二塁送球が悪送球になってしまって三塁ランナーは生還してしまうが、一二塁間に挟んだところで三塁ランナーは生還している。

考えられる選択肢は3つある。
1つ目は、一塁ゴロを捕球し、三塁ランナーを牽制して、三塁に戻してから二塁だけフォースアウトを奪い、最低限一つアウトを取って得点を防ぐ。
2つ目は、最初から3-6-3のゲッツーを狙い、京田の脚が上回って一塁がセーフになれば仕方がない、というプレー。
3つ目は、一塁ゴロを捕球し、一塁ベースを踏んでから、二塁へは投げる構えだけして、本塁送球して三塁ランナーが飛び出していれば狭殺プレーに持ち込む。

安部が捕球した時点では、三塁ランナーはまだ三本間の真ん中にも到達しておらず、すぐに本塁送球するタイミングには見えなかった。
なので、捕球してすぐにバックホームと言うのは考えられない。
2点ビハインドという展開を考えれば、2つ目の選択肢、ゲッツーを狙うが、京田の脚が上回ってセーフになるのは仕方がないというのがベスト。
2番目が3つ目のプレーだろうか。

この辺りは、考え方の違いによって、どちらを選択するかは違ってくると思うが、少なくとも一塁を踏んで、二塁に送球するというのは、失礼を承知で書かせてもらうが、プロのプレーではない。

もちろん、安部が1点やっても構わないという気持ちで守っていたなら話は別だが、「しめた、ゲッツー取れる」とばかりに素早い動きをしているのは分かっている。
それだけに、ゲッツーを取るのであれば、3-6-3しかありえなかった。

中日の守備陣の集中力が高まっているのは間違いなく、相手の守備が上回られては仕方がないが、そこにたどり着くことが出来ないで試合の流れが決まってしまうのは残念。

9回表、田中の左中間へのライナー性の打球を、大島がランニングキャッチするのも、こういう試合の流れであれば、そういった良いプレーも出る、という見方をして試合が終わった。

終わった事では済ませられないし、反省すべき事と捉える必要のある試合だった。
状況判断というのは、長くそのポジションでの経験を積まないと身に付かないものだとすると、新井以外に誰がファーストを守ることが出来るのか、という話になる。
阪神戦での三連敗の際に、新井が守備固めに入ることが出来たら、という提案をした理由もそこにある。

現在のカープにおいて、一塁手としての経験が豊富なのは、新井、エルドレッドに次ぐのは松山ということになるが、その松山の守備は既に緊急の場合に限られるという認識になっている。
ファームも含めて考えると、岩本、小窪辺りが経験が多いものの、若手野手でファーストを主に守っているのはメヒア。
一軍のメンバーでファーストを守ることが出来るのが、安部、堂林、オープン戦レベルで上本くらい。
だからと言って、ファーストの守備固めのためだけに、岩本を一軍登録するということなどありえない。
そうは言っても、シーズン中に、安部、堂林辺りのファースト守備を鍛えなおすという時間が取れるとも思えない。

2試合の間に、サードも、セカンドも、ファーストも、そして1試合の中でも複数ポジションをこなしてくれている安部の有難さは十分伝えたい。
その上で、もう一ランク上がって、レギュラーを取るくらいの奮起を期待している。
というか、出来るでしょ!?





【カープ情報】2017.05.20 広島対中日 公式戦8回戦 2試合続けて惜敗、若手中心の打線はあと一本が出ず

2017年5月20日に行われた、広島対中日の公式戦8回戦の試合結果

広島 000 100 000|1
中日 010 001 00×|2

勝 又吉 3勝0敗
負 九里 3勝4敗
S 田島 1勝1敗10S

【本塁打】なし

GW中に対戦した又吉との再戦となり、スタメンも左打者を多く並べてきた。
菊池、エルドレッド、新井が休養、相性を考慮されてスタメンをはずれ、西川、松山、野間がスタメン起用されている。
菊池のコンディションについては、今更触れることもないが、西川がサード、安部がセカンドというのは何やら事情がありそう。
西川は昨日の9回裏、2アウトから出塁し、代走野間が送られているが、膝の状態が良ければ、代走が不要な走力は持っている選手。
言い訳は一切していないが、守備での最初の一歩、また二遊間の打球を踏ん張って、一塁送球する際の下半身の粘りは、本来の動きには戻っていない。
守備面の負担を考慮して、セカンドではなく、サードでのスタメンになったのだろう。
また、安部についてもファースト守備では、やはり本職の動きとは良い難く、他の野手との総合的な判断で、今日の守備位置になったと思う。

さて、初回のカープの攻撃は、又吉に対し、田中が一塁で際どいタイミングとなったセカンドゴロ、西川がインコースへのスライダーを上手く打ったがライトフライ、丸は初球を打ってセカンドゴロとなり、わずか5球、時間にして2分ほどで終えた。

一方で、カープ先発の九里も、前回登板でフォークを多く使って切り抜けたことが自信になったのか、立ち上がりはフォークを低めに集めて、内野ゴロ2つと、大島にはストレートを捉えられたが低めに決まっていたことでライトフライ。
こちらもわずか8球、時間にして3分ほどで投げ終えた。

2回のカープの攻撃は、先頭の鈴木はインコース攻めと、低目を徹底されたが、大きく外れ1球もストライクが入らないまま四球。
安部には最低限進塁打を期待したいところだったが、内外ギリギリに制球され、思ったようなスイングが出来ない。
何とか右打ちをしようと、バットを合わせに行ったが投ゴロになり、1-6-3のゲッツーに倒れ、松山も高目のカットボールでタイミングを外され、レフトフライに打ち取られる。

2回の九里のピッチングは、先頭のビシエドに対し、インコースのシュートで詰まらせたが、やはり振れてきているのだろう。
詰まりながらも、ショートの頭上を越えるレフト前ヒット。
平田も同じく詰まらせて三塁線への高いバウンドのゴロとなり、ベースの後ろで捕球しようとした西川がボールをこぼして、エラーでオールセーフ。
続くゲレーロをインコースのシュートで詰まらせ、ショートへのハーフライナー。
これがショートバウンドとなり、まず田中は二塁へ送球。
二塁ランナーのビシエドは、二塁に帰塁しかけて、再び三塁へ走り始めた。
6-4と送球された後、ビシエドを二三塁間で挟めば、まずこちらでもゲッツーは取れた。
しかし、6-4-3と転送してゲッツーは取れたが、2アウト3塁とランナーが残った。
ゲッツーが取れたからいいというプレーではないが、チームの方針に従っていたかもしれないので、これは安部がどうとか、ということは言えない。

そして、九里は藤井に対し、フルカウントからツーシームが真ん中に入って、センター前ヒットで先制点を与えてしまう。
確かに序盤からランナーを溜めたくはないし、昨日2本タイムリーを打っている松井雅との勝負を選択するべきかは難しい。
それでも、ナゴヤドームで先制点を与えるとどうなるかと言うのは、昨日の試合だけでなく、長年の積み重ねで身に染みて分かっているはずと思ったが、九里に求められるピッチングは6回3失点というもの。
そこは分かってあげないといけない。

1点勝負で、絶対に先制点を防いで、終盤まで僅差で進めて、最後は1点勝負で逃げ切る、という試合展開は、若手野手を多く起用した試合ではそもそも思い描いていない。

さて、4回表のカープの攻撃では、先頭の田中が四球を選ぶ。
西川はアウトコースへのシュートを逆方向へしっかりと打ち返すが、レフトライナーで1アウト。
西川は、1打席目も2打席目も良い当たりを飛ばしている。

そして、丸はインコースのストレートに詰まりながらもセカンド後方へ落とし、ライト平田からの好返球もあったが、田中が三塁へ進み、1アウト1、3塁。
しかし、鈴木は初球のインコースのシュートを打ち上げて、三邪飛。
ゲレーロは足を滑らせて転倒しながら捕球し、その間に、一塁ランナーの丸は二塁へタッチアップ。
2アウト2、3塁で安部が打席に向かい、フルカウントから真ん中のストレートをライト前にライナーで弾き返し、タイムリーヒットで同点。
そして二塁ランナーの丸も本塁を狙うが、かなり前進守備を敷いており、余裕を持ってアウトとなった。

九里はフルカウントからの真ん中のツーシーム、又吉はフルカウントからの真ん中のストレートが共に失点に繋がっており、昨日同様、堅実な守備、エラーなどが試合の流れを左右しそうな展開となっている。

同点に追い付いた直後の4回裏、先頭の亀澤にはファールで粘られ、最後はアウトコースのカーブを二遊間に転がされ、ショート田中の送球も及ばず内野安打となる。
亀澤が出塁し、牽制を何度も投げさせられる状態で大島との勝負は、神経を使わされる。
しかし、アウトコースへのツーシームでショートゴロに打ちとってセカンドフォースアウト。
1アウト1塁となりビシエドを迎えるが、1打席目もシュートで勝負しヒットを打たれたが、この打席もインコースへのシュートで勝負し、詰まらせてセカンドフライに打ち取った。
この徹底ぶりは良い攻め方だった。
平田の打席では大島が二盗を決め、得点圏にランナーを背負うものの、インコース低目へのフォークで空振り三振を奪い、ピンチを脱した。

5回表の攻撃では、先頭の松山が高目のストレートを捉え、良い感じに打球は飛んだがセンターフライ。
會澤も先に追い込まれていたが、誘い球は見極め、アウトコースのスライダーを上手くバットの先で拾ってレフト前ヒット。
野間もファールで粘り、最後の真ん中付近のストレートをセンター返し。
1アウト1、2塁となり、打席には九里が向かうが、二塁ランナーが會澤ということは、送りバントをしてもまず三塁でフォースアウトになる。
送りバントを狙ってはみたが、ファール2球で追い込まれ、最後はボールになるスライダーをバントで空振りして三振。
田中はアウトコースのシンカーで、当てるのが精一杯の投ゴロに打ち取られ、下位打線で作ったチャンスをものにすることは出来なかった。

そして5回裏の九里は、先頭のゲレーロを2球で追い込んだものの、ファールを1球挟み、後は全球インコース攻め。
詰まらせる打球はあったがファールで打ち取れず、結局四球を与えてしまう。
同じコースに投げ続けようとして、それが外れ続けると、次打者へのコントロールに影響するのは九里の悪癖。
藤井にはツーシームが、1打席目と同じ様に真ん中に行ってしまい、ライト前ヒットでノーアウト1、2塁。
松井雅には、初球にフォークで空振りを奪えたものの、やはり真ん中付近のツーシームを捉えられ、ライト前ヒットでノーアウト満塁。
打席には又吉が入るが、内野ゴロを打つのを避けるべく、低めのストレートは見逃して追い込み、最悪三振でもいいと割り切っていたと思うが、最後スライダーが高めに浮いたことで思わず手が出た。
投ゴロになり、1-2-3のゲッツーで、2アウト2、3塁となり打席には京田。
藤井、松井雅にはあれだけ甘く行ってしまうツーシームが、京田にはアウトコース低め、ストライクからボールになるコースに決まってサードゴロに打ち取り、ノーアウト満塁のピンチを無失点で凌いだ。

大ピンチを凌いだが、このまま同点のまま試合が進むのは中日のペース。
6回表の攻撃は、西川、丸ともに2球目を打って力のないセカンドゴロに倒れ、あっさり2アウトとなり鈴木はアウトコース一辺倒の攻めから一転して、決め球はインコースのストレート。
これはバッテリーが上手かった。

1点が重い展開となり、こうなるとピンチが続き始めている九里が、再びピンチになったときには踏ん張りきれないのではないかという不安が頭をもたげる。

そして6回裏、先頭の亀澤に粘られた末に、真ん中へのストレートを捉えられてレフト前ヒット。
4回裏と同じ様な形となり、亀澤の脚を警戒しながらのピッチングの中、今度はフォークが甘く入ってライト前ヒット。
ノーアウト1、3塁となってビシエドが打席に向かうが、この打席ではアウトコース低めのフォークでショートゴロ併殺打に打ち取る。
その間に三塁ランナーは生還し、1点勝ち越されるが、序盤でも言ったように、九里に求められるのは6回3失点ピッチングであり、十分責任は果たしている。
あとは打線の奮起に期待する展開。

7回表の攻撃では、先頭の安部がストレートの四球で出塁。
ただ、松山は真ん中付近のストレートを逆方向へ打ち返したが、レフトフライで1アウト。
會澤は追い込まれてから、アウトコースのスライダーに良く付いていったが、セカンド頭上のハーフライナー。
スタートを切っていた安部は戻れず、ライナーゲッツーで無得点に終わる。

次のイニングで打順が回ることで、7回裏のマウンドにも九里が上がる。
試合の結果はどうなるかは別として、ここで無失点に抑えると、今後勝てる投手になっていける。

7回裏のピッチングは、先頭のゲレーロに、ツーシーム、カーブ、ストレートを投げ込んでいくが、完全にインコースだけという訳ではない。
最後は真ん中低めのフォークでセンターフライに打ち取り、2打席ツーシームを捉えられていた藤井をストレートでファーストゴロ。
松井雅にはアウトコースへのツーシームが高めに抜け、センター前ヒットでランナーを許す。
又吉の代打井領は、ツーシームとフォークで追い込み、最後は高めに抜けたツーシームでショートゴロ。 正直、6回7回はコントロールミスが多くなっていたが、ストライク先行のピッチングだったことで、大きなピンチには広がらなかった。

8回表からは継投策で、三ツ間がマウンドに上がる。
先頭の野間は、高めのストレートを逆方向へ打ち返したが、やや力負けしてレフトフライ。
九里に代打を送り、エルドレッドが打席に向かうが、ショートゴロで2アウト。
田中の打順で、ワンポイントで岩瀬に交代。
田中はスライダーを捉えてレフト前ヒットを放つが、代打新井は低めのスライダーでセンターフライに倒れ、8回表を終えても1点ビハインドのままとなった。

8回裏のマウンドには、薮田が上がる。
もちろん薮田に期待するのは、三者凡退で9回表の攻撃に繋げるピッチング。
しかし、先頭の京田にはコントロールが定まらない感じで、抜け球の後、真ん中のフォークを捉えられライト前ヒット。
亀澤が送りバントを決め、大島は敬遠気味の四球で1アウト1、2塁。
ここでビシエドはフォークの連投で空振り三振を奪うが、平田にはフォークを見極められて四球を与え、2アウト満塁。
フォークが決まりにくくなっていても、同じ球種の連投の後に違うボール、特にストレートを投げてもいつもの威力が出にくい。
それでもストレートで勝負に行き、芯で捉えた打球が、速い球脚でショートゴロとなり、何とか無失点で切り抜けた。
しかし、反撃に向かっていきやすい守備、リズムではなかった。

9回表の攻撃は、昨日同様田島との対戦となるが、2試合連続で得点を奪えるほど甘い投手ではない。
昨日は、左打者が低めの変化球に手を出して三振というのが3回あり、当然低めの見極めが重要になる。
先頭の丸は、2球で追い込まれてから、低めのボールを4つ見極めて四球を選ぶ。
鈴木はアウトコース高目のストレートを捉えたが、もう一つ伸びを欠きライトフライで1アウト。
安部は真ん中低めのストレートで空振り三振。
松山は2球で追い込まれたが、勝負球のシンカーが落ちず真ん中に来たところを捉えて、ライト前ヒット。
會澤の打席でワイルドピッチがあり、二塁ランナーの丸だけ三塁に進み、2アウト1、3塁。
ただ、高目のストレートを打ち上げてセカンドフライでゲームセット。
2試合続けて僅差の試合を落とした。

今日の試合は、若手中心の打線がどこまでレギュラー陣不在の打線で機能するかを見たかったが、最後までランナーを出すものの、中日投手陣を打ち崩せなかったということになる。

九里は、こういったピッチングを続けられれば、また勝利投手になれるだろう。

【カープ情報】2017.05.19 広島対中日 公式戦7回戦 9回土壇場で同点に追い付くも、ジャクソン今季初失点でサヨナラ負け

2017年5月19日に行われた、広島対中日の公式戦7回戦の試合結果

広島 000 011 001 0|3
中日 010 101 000 2|5

勝 佐藤優 2勝0敗
負 ジャクソン 0勝1敗1S
S -

【本塁打】ゲレーロ8号、ビシエド7号

前回のGW中の中日戦では、大島の前にランナーを出し、ランナーを警戒するあまり、大島に繋がれてピンチ拡大というシーンがあった。
また、開幕直後にはストレートにタイミングの合っていなかったゲレーロに、ストレートを投げて2試合連続本塁打を献上しており、岡田のストレートで押し込むか、攻め方を変えるかという点には注目しておきたい。

ナゴヤドームでは、簡単に得点が奪えないことを頭に入れて試合を進める必要があり、そうなると岡田のピッチングが如何に試合の行方を左右するか、ということになる。

岡田の立ち上がりは、前回同様抑え気味に投球している。
球速は140キロ前半で、先頭の京田からは空振りが奪えないが、コース間違いはない。
それでもインコースのカットボールを、腕をたたんで打ち返され、ライト前ヒット。
荒木に繋がれると、大島の前にランナーを出すことになり、初回から神経を使う展開になる。
しかし、真ん中高目のストレートを右打ちしようとしていたが、やや内に食い込んだことで投手正面の打球となり、投ゴロ併殺打で、大島の前にランナーがいなくなった。
そして、大島を平凡なセカンドゴロに打ち取って、無失点で立ち上がった。

そして2回の投球では、1アウトから平田に四球を与え、ゲレーロを迎える。
どう攻めていくか、というところでストレート2球でファールを打たせ、追い込んでからは、ボールになるカーブで空振り三振を奪う。
亀澤の打席で、平田に二盗を決められ、得点圏にランナーを背負う。
ランナーが二塁に進んだところで、ギアを入れ140キロ後半まで球速が上がる。
カーブで、当たり損ないの打球を打たせるが、投手と捕手のちょうど真ん中に打球が転がり、内野安打となる。
不運な当たりでランナーが貯まり、2アウト1、3塁の場面となったが、松井雅の後は、投手の小笠原。
流れが悪い中でのピッチングで、塁が一つあいているのであれば、無理に松井雅と勝負せずに、四球を与える間に冷静さを取り戻す、ということも出来たはず。
しかし、冷静さを取り戻す間もなく、松井雅と勝負し、ライト前タイムリーヒットで先制点を与えてしまう。
小笠原にも、高いバウンドで投手の頭上を越える打球を打たれ、岡田が弾いて内野安打で満塁となり、流れは良くない。
しかも、京田には3-0とボール先行し、押し出しの恐れも出てきた中で、ストライクを集めてショートゴロに打ち取り、何とか1点で収まったが、この球場では先制されるのは避けたかった。

岡田も球数を要しているが、中日先発の小笠原も、完全にストライク先行のピッチングが出来ているわけではない。
2回には新井が10球近く粘った末に、スライダーを引っ掛けてサードゴロに倒れるが、昨年の対戦で低めでも伸びるストレートに手を焼いた時よりは、各打者が付いていけている。

1点先制された直後の、3回表の攻撃では、2アウトから田中が、真ん中のストレートを捉え、右中間突破の二塁打を放つと、菊池はストレートの四球を選ぶ。
2アウト1、2塁となって打席には丸。
変化球が大きく外れ、ストレートの割合が多くなってきたが、130キロ後半ということでコントロール重視。
コントロールミスで甘く入ってくれば、捉えられる可能性が高い。
3-1から投げたカーブは大きく外れ、四球で満塁となる。
変化球はストライクが入らないということを、ネクストバッターズサークルで見ている鈴木は、当然初球のストレートを狙っていってもおかしくない。
しかし、鈴木は初球のストレートを見逃した。
一人で決めようというより、繋ごうという意識なのだろう。
小笠原としても、開き直って思い切り腕を振ってストレートを投げ込んでくる。
真ん中の146キロのストレートを打ち上げ、一邪飛に倒れて無得点に終わった。

このイニングの無得点は、小笠原が立ち直るきっかけになったように思う。

3回裏は、先頭の荒木にインコースのストレートを、上手くレフト線に運ばれ、どうも今日の岡田のストレートはいつもの威力がない。
ただ、二塁打コースの打球を処理したエルドレッドの二塁送球は大暴投。
これをバックアップの新井が捕球して事なきを得たように、まだツキは残っている。
続く大島のライトフライで、タッチアップで三塁を狙った荒木を、鈴木がノーバウンド送球で刺した。
さらには、ビシエドが3-1からの高目に大きく外れるカーブを空振りし、四球を逃れると、最後はストレートで詰まらせてセカンドゴロに打ち取り、試合の流れを完全には渡してはいない。

4回裏の岡田のピッチングは、先頭の平田にファールで粘られた末に四球を与える。
続くゲレーロは、ストレート2球で追い込むが、平田にまたも二盗を決められ、ピンチを背負う。
ここは、ゲレーロを、再びカーブで空振り三振を奪い、1アウト2塁。
亀澤を高目のボールゾーンのストレートで空振り三振を奪い、先制タイムリーの松井雅を迎える。
先程と同じで、塁が空いているにもかかわらず、今度も松井雅とまともに勝負に行って、レフト前タイムリーヒットを打たれてしまう。
小笠原をストレートで空振り三振を奪い、1失点に留めたが、今日の岡田の調子であれば、ランナーを溜めることを無意識に避けるのも無理はないかもしれない。
もちろん、岡田の今季のピッチングを見れば、ピンチでもインコースに投げ切って、凌いでいくことも期待したくなるところではあるが、今日はあまりに内容が良くない。

ただ、5回表の攻撃は、石原、岡田が倒れて2アウトとなってから、1番の田中に戻っていくのがこの試合2度目となるように、巡りも良くないかと思われた。
しかし田中は、ストレートを捉えると、今度は逆方向に打球が伸び、レフトオーバーの二塁打で出塁。
菊池の打席でワイルドピッチがあり、田中は3塁へ進む。
そして菊池は、2-0から甘く入ってきた真ん中高目のストレートを捉えて、左中間突破のタイムリー二塁打で1点を返す。
丸もインコースのストレートを捉えた打球を放つが、やや詰まり気味でライトフライに倒れ、1点どまり。

先程、得点を奪えなかったのと同じ形を作り、今度は1点を奪ったことで、次の1点をどちらが奪うかで、勝負の行方が決まる流れとなった。

5回裏は、岡田が2アウトから大島に二塁打を打たれてピンチを迎えるが、ビシエドをサードゴロに打ち取って、得点を奪った直後のイニングを無失点に抑えた。

すると6回表、小笠原のストレートに2打席連続で差し込まれて打ち取られていた鈴木が、今度はストレートを捉えてレフト線への二塁打で出塁。
エルドレッドは、明らかなボールが増え、じっくりと見極めて四球を選び、ノーアウト1、2塁。
ここで小笠原は交代、右腕の伊藤準がマウンドに上がる。

凡打が続いてはいるが、右方向へのバッティングが増えてきているだけに、期待を背負った打席となる新井は、2球で追い込まれてから、決め球のアウトコースのスライダーをおっつけて、セカンドゴロで進塁打。

1アウト2、3塁となって、今季まだ打点のないペーニャが打席に向かう。
3-0からストレートとチェンジアップでフルカウントとなり、最後もボールになるチェンジアップで空振り三振。
打席には石原が向かい、捕手に打たれた2点を、石原も打って得点を奪い返すとなると、流れを呼び込むことになる。

その石原は、追い込まれてからのストレートを逆方向へ打ち返し、打球はライト前へ抜けていく。
前進守備を敷いていたライト平田から、ライトゴロを狙った一塁送球は際どいタイミングとなったが、一塁セーフで正真正銘のタイムリーヒットで同点に追い付いた。

2アウト1、3塁で、岡田の打順で代打松山。
ストレートを逆方向に打ち返し、ショート頭上を襲う打球となったが、ショート京田が背走からジャンピングキャッチでつかみ取り、これは相手ながら見事なプレー。
残念ながら、同点どまりとなった。

岡田の調子が良くなかったのはもちろん、代打が出されたことで、カープは6回から継投策。
6回裏は中田がマウンドに上がる。
先頭の平田にストレートを捉えられ、二遊間への鋭い打球を飛ばされるが、田中が追い付いてショートゴロ。
両チームの守備が乗ってくると、守備が関係ない点の取り方が出てくるもの。
ゲレーロがアウトコースの落ちきらなかったフォークをすくい上げ、レフトスタンドへの本塁打で、あっと言う間に勝ち越された。
バッテリーの狙いは、ボールになるフォークで、悪くても長打にはならない攻めをしようとして、結果甘くなったという、要するに失投を捉えられたということになる。

展開として良くあるのは、ではこちらも長打攻勢で、という流れには乗れずに、相手の守備に阻まれながらイニングが進むというもの。

7回表は、中日は勝ちパターンの継投策に移ってくる。
その7回表は、岩瀬がマウンドに上がり、今日の攻撃の起点となっている田中を封じに掛かる。
田中は、3球連続インコースというのは頭になかったのだろう、自分のスイングが出来ないまま追い込まれ、最後はボール球に手が出て空振り三振。
菊池もインコースのストレートで詰まらされ、捕邪飛で2アウト。
丸はストレートを捉えてレフトライナーとなるが、低めに制球されているので打球が上がっていかない。

7回裏のマウンドには一岡が上がるが、今日は先頭打者に対し、どんどんストレートで押し込んでいける。
これくらいは出来るピッチャーなのは分かっているだけに、前回登板は口惜しい。
2アウトから荒木に対しては慎重になり、ボールを長く持って、そこからクイックで投げたりと、工夫は見られたが、相手も百戦錬磨のベテラン。
技と技の勝負では、荒木に軍配が上がり、センター前ヒットで、大島の前にランナーを出してしまう。
荒木にかき回され、ボールが先行し3-0というカウント。
大島はあえて、自動的に一塁ランナーがスタートが切れるフルカウントまで手を出さず、四球を出したくない一岡はストレートを狙い打たれる。
ライト頭上へのライナー性の打球だったが、鈴木が追い付いて3アウト。
無得点には抑えたが、非常に嫌らしい、すんなりカープの攻撃に移ることが出来ない、中日の攻撃だった。

そして8回表は、鈴木、エルドレッド、新井と続く打順。
長打での得点を期待してしまうと、中日に傾いている流れを変えることができない。

マウンドに上がった三ツ間に対し、鈴木はアウトコース一杯のストレート2球で追い込まれ、あとは粘りながら失投を待つ流れ。
しかし、ボールになっても際どいコースで失投はなく、アウトコースのストレートでライトフライ。
エルドレッドは、初球のインコースへのシュートで、詰まらされてサードゴロ。
新井も2球で追い込まれ、最後はアウトコースのボールになるスライダーで空振り三振。

気は早いが、9回は田島に対し、ペーニャ、代打安部、西川という攻撃になるだろう。
先頭のペーニャの出塁にかかっているといっても良い状況。

まず、8回裏のマウンドには回跨ぎの一岡が上がっている。
先頭のビシエドを、緩い縦のカーブでショートゴロ、平田をストレートで空振り三振、ゲレーロを初球のアウトコースのストレートでファーストゴロに抑え、先程のイニングとは違い、今度は反撃も期待できるリズムのピッチング。

9回表は田島がマウンドに上がり、打席にはペーニャ。
2球で追い込まれ、あとはストライクからボールになる際どいコースに投げ続けられ空振り三振。
そして代打安部が告げられる。
ここでもストライク先行のピッチングをされ、低めのフォークで空振り三振。

そして代打西川が告げられるが、前の打者2人が低めの変化球で三振を奪われているのは目の前で見ている。
低めのボール球はしっかり見極めて四球を選んだ。
一塁ランナーの西川に代走野間を送り、正直なところ同点になったとしても延長を戦える戦力は残っていない。
田中の狙いは、前の打者同様低めのボールになる変化球を見逃し、ストライクコースを捉えること。
ただ、田島がボールを叩き付けて、ワンバウンドで田中の足元に当たる死球となる。
2アウト1、2塁で打席には菊池。

2-0からのアウトコースのストレートを捉えると、ショート右横を襲う打球となり、センター前にしぶとく抜けていくタイムリーヒットで同点に追い付く。 ただ、控え野手は小窪、堂林、會澤、磯村と非常に少なくなっており、次のイニングの守備からは會澤も出場し、代打も投手以外には出せず、作戦としては嵌りにくい。
このイニングに勝ち越したいところで、丸はフルカウントから、最初の2人が打ち取られたのと同じ、低めの変化球で空振り三振に打ち取られた。

同点となった9回裏のマウンドには今村が上がる。
今シーズンの今村はナゴヤドームでは特にフォークの精度が良くなかったが、先頭の亀澤を、インコース低めのフォークで空振り三振を奪う。
続く松井雅は今日の試合のポイントゲッターで、とにかく気を使わないといけない打者。
フォークの連投になるのは仕方がないところだが、投げ続けると他の球種を選択すると失投も誘発しやすい。
ただ、最後までフォークを投げ、ストライクからストライクに落ちるフォークで見逃し三振を奪った。
2アウトとなり打席には代打の福田が向かい、一発警戒の場面。
ここもフォークの連投で、ライトフライに打ち取って延長戦突入となった。

延長の10回表は、佐藤優に対し、鈴木は変化球の抜け球がストライクにきて見逃し三振。
エルドレッドはストレートに差し込まれてセンターフライ、會澤がスライダーをこすってサードゴロで無得点。

10回裏はジャクソンがマウンドに上がり、先頭の京田を詰まらせたもののセカンド内野安打となって、先頭打者の出塁を許す。
この場面で、送りバントならばほぼ決めてくる荒木との対決を迎えるが、荒木は2球連続でフライを打ち上げ、1つ目はファールとなるが、2つ目はサードフライで送りバント失敗。
1アウト1塁で、大島は普通の内野ゴロではゲッツーが取れない。
作戦としては、ヒッティングに絞って、引っ張らせないようにしたい。
一塁ランナーの京田の足も警戒する中、アウトコースへのスライダーが抜け、大島は流し打ち。
サードゴロとなって、二塁転送しアウトを取ったものの、やはり一塁はセーフでランナーが残った。

これが勝負のアヤとなり、そしてビシエドにはジャクソンのスライダーを捉えられ、左中間スタンドへの本塁打でサヨナラ負け。
やや真ん中には来たものの、コースは低め。
狙っていないと打てないコースで、相手が上回ったと受け止めるべきだろう。

同点に追い付くまでに最大限手は打っており、延長に入ってしまうと打てる手が限られる。
展開のアヤでの敗戦で、何度も相手に流れが行きかけても引き戻した。
ジャクソンも打たれることもあるだろう。
仕切り直しの一戦と捉えよう。





Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター