デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.05.18 広島対DeNA 公式戦9回戦 中村祐、尻上がりに調子を上げる好投で2勝目

2017年5月18日に行われた、広島対DeNAの公式戦9回戦の試合結果

DeNA 200 000 000|2
広 島 420 030 00×|9

勝 中村祐 2勝0敗
負 平良 1勝1敗
S -

【本塁打】丸7号、エルドレッド11号

共に、2013年のドラフト5位で入団した、中村祐と平良が先発する試合となった。
マツダスタジアムで、カープの守備陣をバックに投げる中村祐にとって、自滅しないピッチングをするだけでも大きなアドバンテージがある。
もちろん嫌みでも何でもなく、集中して守れば、簡単に守備から崩れていくチームではない。

そして平良に対する、カープのスタメンは、投手以外は昨日と全く同じ。
今季の巨人戦で、菅野、大竹という投手に対し、捕手以外は同じメンバーを組み、菅野には抑えられても、翌日の大竹攻略に繋げたという実績もある。

一方のDeNA打線は、筒香が体調不良で欠場となっている。
存在自体にプレッシャーを感じていた投手陣にとって、一般的に考えれば欠場というのはプラスに作用しそうなものだが、こういう時こそ逆に作用するもの。
左打者を多く並べ、しぶとく食らいついてくる打者は多く、経験の浅い中村祐にとって、決して楽に投げられる打線ではない。

中村祐の立ち上がりは、ストレートが1球決まった以外は、大きく外れるボールが4つで、バットを一度も振らせないまま四球を与えてしまう。
送りバントをしてくる打線ならば、一つアウトを取って落ち着くこともできるが、梶谷ではそうはいかない。
もう、この時点で4番に筒香がいないことなど、頭の片隅に追いやられているだろう。
真ん中付近のストレートを捉えられ、ライト前ヒットでノーアウト1、2塁。
1戦目、2戦目ともにしぶとい打撃を見せている宮崎との対戦となり、ようやくストレートで空振りが取れた。
見え見えの全球ストレートでも、バットの先に当たる、弱い当たりのキャッチャーゴロとなり、ランナーはそれぞれ進塁。
1アウト2、3塁でロペスを迎え、内野は中間守備。
内野ゴロでも1点という場面で、ロペスをストレートで追い込んで、最後はカーブで高いバウンドのショートゴロ。
1点は失ったが、前回の中日戦とまったく同じ点の取られ方となり、重要なのは次の1点をやらないことだったが、戸柱に一二塁間を破られるタイムリーを打たれ、もう1点失ってしまった。
エリアンはインコースのストレートでバットを折ったが、センター前ヒットとされるが、三塁を狙った戸柱を、丸が刺して中村祐を助けた。

そしてカープの初回の攻撃は、先頭の田中はセカンドゴロに倒れるが、菊池はストレートを捉えてレフト前ヒット。
セットポジションになった途端、急にコントロールが乱れ始めた。
丸は四球を選び、1アウト1、2塁となり、鈴木はアウトコースのストレートが、シュート回転で内に入ってきたところ捉えた。
無理に引っ張らずに、右中間へ打球を飛ばし、タイムリー二塁打で1点を返すと、安部はインローへのカットボールを逆方向へ打ち返す。
上手い打ち方で、ショートの頭上を越えていく、レフト前2点タイムリーヒットで逆転に成功。
エルドレッドもストレートを捉えて、強い当たりのレフト前ヒットを放ち、チャンスが続く。
平良はストレートではストライクが入るが、スライダーが抜け気味で長打のある打者には、ホームランボールになる可能性が高いと判断したのだろう。
松山は低めのボール気味のスライダーで空振り三振に倒れるが、會澤は高目の抜けてきたスライダーを捉えると、センターオーバーのタイムリー二塁打。
二塁ランナーの安部に続き、一塁ランナーのエルドレッドも本塁を狙うが、アウトのタイミングで戸柱と衝突したが、脚が先にベースに触れているとして本塁セーフの判定。
ただ、リプレー検証ではしっかりとアウトとなっており、5点目は消えて、4点奪った初回だった。

2回の中村祐のピッチングは、どうも左打者にはストレートを捉えられる。
ストレートは、右打者の宮崎、ロペスから空振りを奪えているので、左打者から空振りは奪えないまでも、ファールが打たせられれば、投球が楽になる。
先頭の荒波にはライト前ヒットを打たれるが、平良は送りバントを狙うもスリーバント失敗。
これで気持ちは楽になった。
倉本をレフトフライ、桑原は低めのスライダーで空振り三振に打ち取り、ストレート以外でも勝負できる球種が出てきた。
あとは、抜けることが多いカーブが決まれば、もっと楽になってくる。

そして2回裏の攻撃では、中村祐、田中が倒れ2アウトとなった後、菊池は高いバウンドのショート前方へのゴロ。
前進して処理しようとした倉本がショートバウンドを弾き、エラーで出塁する。
丸はインコースへのカットボールを、払うようなバッティングを見せると、ライトスタンド最前列へ飛び込むツーランで追加点を奪う。
2アウトからの、しかもエラーで出たランナーを得点に繋げるのは、間違いなく得点の形としては良い。

点差が5点に広がり、3回表のマウンドに上がる中村祐は、先頭打者の出塁を許しても、動じなくなった。
点差もそうだが、思ったとおりにボールを操れるようになったことで、自信を持って投げ込めている。
際どいコースでストライクが取れれば、そう簡単には連打にはならない。

徐々に調子を上げてきた中村祐は、5回表の先頭、尾仲から簡単に見逃し三振を奪う。
DeNAにとってビハインドの展開で、ロングリリーフを任されている投手なので、自分の責任ではないという割り切りはあるのかもしれないが、反撃しようとしてくるところで、簡単に1つアウトをもらえるというのは、昨日のウィーランドのバッティングを見ているだけに、非常に助かる。
そして、倉本の当たり損ないの投ゴロが内野安打にはなってしまうが、打球を処理した動きは軽快そのもの。
3アウト目は、梶谷から見逃し三振を奪って、これで乗った。

5回裏の攻撃では、安部が粘ってフルカウントから四球を選ぶと、エルドレッドはアウトコースのストレートを、ややバットの先で捉えた。
それでもライナー性で、左中間スタンドへ飛び込むツーランとなり、6点差に広がる。

2アウトからは、會澤がストレートをレフト前ヒット、そして中村祐もストレートを逆方向へ打ち返し、プロ入り初安打となるライト前ヒットを放つ。
下位打線で作ったチャンスで、田中は逆球のスライダーを捉えてセンター前タイムリーヒット、これで9点目。

中村祐は、5回で86球と理想的な球数で、しかも調子はまだ上がっている感じがある。
どこまで投げられるかと楽しみもあったが、宮崎、ロペスにはストレートを芯で捉えられた。
宮崎はレフトライナー、ロペスはセンター前ヒットと、序盤は空振りを取れていたストレートを打たれているということは、打順が3回り目となり、慣れてきたのと、疲れも出てきているということになる。

戸柱には、抜けた高目のスライダーを、右中間深くまで飛ばされており、ライトフライに打ち取ったものの、続くエリアンには今トールを乱して四球を与えてしまう。
この四球のタイミングで交代でも良かったと思うが、点差が開いていることで、経験を積ませ、しかも成功する方を信じた。
荒波にもボール先行となり、最後は甘いスライダーで、捉えられて良い当たりだったがセンターライナーで、無失点で切り抜けた。
気分良くマウンドを降りられたことだろう。

7回裏のマウンドには、ヤクルト戦で大松にサヨナラ本塁打を浴びて以来の中田が上がる。
こちらもリベンジの機会を伺っていたことだろう。
先頭打者の石川には、2球連続でストレートが高めに浮いてボールとなるが、少し気持ちが高ぶりすぎていたのだろうか。
ボールを受け取って、少し時間を空けて、心を落ち着かせてから投球再開すると、そこからは立ち直った。
三者凡退で抑えて、バトンを繋ぐ。

8回表のマウンドには、こちらも久々となる薮田が上がる。
梶谷は簡単に空振り三振となり、宮崎はセカンドゴロがイレギュラーとなるも、菊池が落ち着いて処理して2アウト。
ロペスの代走から守備に就いていた柴田をストレートで追い込んで、フォークで空振り三振。
球速も出ており、危なげないピッチングだった。

8回裏の攻撃では、この展開で三上がマウンドに上がり、先頭の田中はストレートの四球で出塁。
菊池はピッチャー前への緩い打球となり、進塁打にはなったが、菊池は一塁ヘッドスライディングでアウト。
どんなに体を痛めようと、全力プレーをやめない姿勢は、単純な言葉では言い表せない。
丸はセカンドライナーで2アウトとなり、鈴木は真ん中に入ってきたスライダーをミスショットのようなバッティングでセカンドフライ。

9回表のマウンドには、ブレイシアが上がる。
150キロ超のストレートを低めに集め、内野ゴロ2つで2アウト。
ただ、スライダーがわずかに外れていることで、各打者はストレート狙い。
荒波、石川に連打を浴びて、2アウト1、3塁となる。
倉本にもストレートを続け、ファールで粘られ、最後の最後でインコースへのスライダーが良いコースに決まり、ファーストゴロに打ち取ってゲームセット。

中村祐は、初回いきなり四球を与える立ち上がりとなったが、結局四球を与えたのは、その先頭打者と、最後のイニングとなった6回の2つだけ。
前回登板が、5回で被安打5、自責点3、与四球2、奪三振4
今回登板が、6回で被安打7、自責点2、与四球2、奪三振7

マウンド上でも回りを見る余裕が出てきたかなという印象もあり、1イニング多く投げ、立ち直る投球が出来たということもあり、内容的にも良くなったと言える。
当然次回登板のチャンスはあるところだと思うが、ようやく来週は6連戦が途切れる。
そして交流戦に突入となると、6連戦が3回続く。
1回登板を飛ばして、交流戦に備えるのかどうかは分からないが、ジョンソンも交流戦での復帰を目指している。
野村、大瀬良、中村祐、岡田、九里、福井、そしてジョンソンが加われば、先発の層が厚くなる。

もちろん、これからプロの厳しさも味わうことになると思うが、今後の楽しみは大きい。

ヒーローインタビューでは、安部が昨日の悔しい思いを隠しきれなかった。
それでも前を向いて、今日の試合に臨んで結果を出した。
それで十分ではないかと思える。





【カープ情報】2017.05.17 広島対DeNA 公式戦8回戦 終盤の拙守で逆転負けを喫する

2017年5月17日に行われた、広島対DeNAの公式戦8回戦の試合結果

DeNA 000 001 003 1|5
広 島 000 000 400 0|4

勝 山崎康 1勝1敗2S
負 一岡 1勝2敗
S パットン 2勝2敗7S

【本塁打】ウィーランド1号、田中1号

2試合連続で、6回を投げ切れていない大瀬良が先発。
その2試合は、ランナーを貯めて、ゲレーロに3ラン、バレンティンに3ランと、同じようなやられ方をしている。
今日の試合においても、梶谷、ロペス、筒香など長打力のある打者が並んでおり、打たれてもソロに留めるなど、とにかく大量失点を避ける投球が求められる。

対するウィーランドとは2度目の対戦となるが、捉えたのが6回に入ってからで、やはり先制されると難しい戦いになる。
その前回は、6回に3点を奪って、なおノーアウト満塁で登板した須田に13球で抑えられ、勢いを止められた。
その同じようなシチュエーションが訪れた昨日、須田から1点を奪ったことで、まずは打線の心配よりも、守備に集中して試合に臨みたい。

まず大瀬良の立ち上がりは、先頭の桑原に対し、アウトコースのカットボール、スライダーで追い込んで、ストレートで見逃し三振。
梶谷にはインコースのストレートを投げ切れており、高いバウンドのサードゴロ。
ロペスにはアウトコースのストレートで、バットの先に当たるショートゴロで、わずか3分で三者凡退に打ち取った。
どの球種でもストライクが取れており、ここ最近のコントロールの乱れが信じられないようなストライク先行のピッチングだった。

そして、カープの初回の攻撃は、先頭の田中が真ん中低めのストレートを、しっかり打ち返したが、センター後方へのフライに倒れ1アウト。
菊池はカーブを右方向へ打ち返したが、セカンドゴロで2アウト。
丸はインコース低めのストレートを引っ張って、ファーストゴロに倒れる。
前回よりもストレートの伸びを感じ、チェンジアップもまずまず決まっており、簡単には行かない雰囲気を感じさせる。

2回の大瀬良は、先頭の筒香には、高めのアウトコースのストレートで押し込んでレフトフライ。
宮崎はアウトコースのカットボールでタイミングを外してレフトフライ、戸柱もアウトコースのストレートで当てただけのショートゴロで、このイニングもすんなり三者凡退に抑えている。

2回のカープの攻撃は、鈴木がアウトコースのストレートでセカンドゴロに打ち取られるが、今日のウィーランドはストレートの割合が多い。
ただ、安部はアウトコースの高めに来たカーブを、上手く逆方向へ打ち返してレフト前ヒット。

高めに浮いたことで、コントロールに気を使ったのか、エルドレッドには低めに外れる変化球が多くなり、逆にストレートは高めに浮き気味。
安部が不用意にリードを取ったところを、逆を突かれる牽制を投げられたが、何とかセーフになる場面もあったように、何度も一塁けん制を行っており、これは安部の脚を警戒して乱れたという面もありそう。
エルドレッドは四球を選び、1アウト1、2塁で松山の打席となるが、インコース低めのボール球を打ち上げてしまってセカンドフライ。 松山の好きなコースだったことで手を出したが、安部が二塁に進んでも警戒し続けていただけに、見逃してボール先行にしていれば、甘いコースを待つ余裕も出た気もする。 會澤は、2-0まで待って、3球目のストレートを三遊間の深い位置に転がして内野安打となり、2アウト満塁で、打席には大瀬良。
アウトコース高めのストレートを上から叩いて、逆方向へ大飛球を飛ばすものの、ライトの頭は越えずライトフライで得点ならず。

3回の大瀬良は、先頭の石川にやや甘く入ったカットボールをレフト前に運ばれ、続くウィーランドは送りバントを狙う。
2球ファールさせて、スリーバントにするかヒッティングに切り替えるか、というタイミングで3球連続ボール。
最後は低めに沈むフォークで、バントを空振りさせたが、そこまで慎重にならなくても、というピッチングではあった。
9番の倉本の打席では、エンドランを仕掛けられるも、ストレートで空振りを奪って、會澤が盗塁を刺す。
そして倉本を低めのカットボールでセンターフライに打ち取り、ウィーランドに対しての投球が最も苦しんだ、というイニングとなった。

3回裏の攻撃では、先頭の田中が内野安打を放ち、やはり足で揺さぶると、嫌がる様子も見られる。
田中は二盗を決め、菊池にはコントロールを乱して四球。
さらに足を絡めて攻撃するにはもってこいの丸が打席に向かうが、低めのストレートを打ち返したもののショートライナー。
田中は戻れず、ライナーゲッツーとなってしまった。
鈴木も、捉えた感じのピッチャー返しの打球を放つが、ウィーランドの足で跳ね返り、投ゴロに倒れて無得点。

ランナーを出さない状態でのウィーランドは、コントロールもボールのキレも申し分ない。
一方の大瀬良は、時折甘いボールがいってしまうものの、野手の正面を突いたり、球威で詰まらせたことで抑えている。

5回裏の攻撃では、2アウトから、田中がインコース要求のストレートが、逆球となり真ん中に来たところを捉えて、一塁線を破る三塁打でチャンスを作る。
菊池も高めに浮いたストレートを打ち返したものの、レフトフライで得点ならず。

あと一本が出ない状態で凌がれ続けると、あっさり点が入ってしまうのもよくある光景。
6回表、先頭のウィーランドに対し、ストライクを取りに行ったようなど真ん中のストレートを捉えられると、ライナーで左中間スタンドへ飛び込む本塁打を打たれて先制される。
前回対戦でも、加藤からタイムリーを打っており、今日の1打席目でも大瀬良が投げにくそうにしていた。
それだけに、油断してはいないにしても、そこまで飛ばされるとは思っていなかっただろう。

ただ、打たれるにしてもソロならば、というのは冒頭の通り。
極端に言えば、投手に打たれたとしても、1点で凌ぎ、ズルズルと失点しなければ気にする必要はない。

ウィーランドの本塁打後は、ランナーを出しても追加点は許さず、7回も筒香からの打順を三者凡退に抑えた。

7回を投げ終えて、被安打3で1失点、しかも無四球ピッチングということで、球数も77球と少ない。

そして、球数といえば、ウィーランドは6回で100球を超えたことで、DeNAは7回から継投策。
順番からすれば、7回山崎康、8回三上、9回パットンというのが、本来の勝ちパターンと思うが、7回のマウンドには三上が上がる。
最近の調子を考えて、山崎康を1つ後ろに回すつもりだったのかもしれない。

7回裏の攻撃では、先頭の松山がライト前ヒットを放つと、代走野間を起用。
そして、ここのところ送りバントの成功率が高い會澤が、きっちりと送りバントを決める。
好投の大瀬良に、代打西川を送ると、2球で追い込まれてからの3球目、逆球を捉えてライト前タイムリーヒットで同点に追い付く。
さらには、田中が真ん中付近に浮いてきたスライダーを捉え、ようやくといっていいと思うが、今季第1号となるツーランで勝ち越し。
菊池もレフトフェンス直撃の二塁打を放ったところで、ピッチャーは砂田に交代。

丸はスライダーで見逃し三振に倒れてしまうが、昨日今日とタイミングの合っていなかった鈴木が、スライダーを巻き込むように打って、レフト前ヒット。
菊池は本塁を狙おうと、三塁ベースを回ったところでバランスを崩したが、そのまま本塁に向かう。
タイミングはアウトに近かったが、スライディングでプロの技術を見せ、生還を果たす。
右足を伸ばすスライディングではなく、左足を伸ばしてスライディング。
キャッチャーの戸柱としては、タッチに行った場所に足がなく、空タッチになったのは戸惑ったことだろう。

さて、3点リードを奪い、8回表のマウンドにはジャクソンが上がる。
内野安打は一本あったものの、危なげなく無失点で抑え、9回を今村に託す。

梶谷をフォークで空振り三振に打ち取り1アウト。
ロペスをサードゴロに打ち取るが、イレギュラーで高く弾んだ打球を処理した安部は、やや体勢を立て直して一塁送球するが、スムーズな流れで投げることが出来ていなかったのだろう。
ショートバウンドをエルドレッドが捕ることができず、悪送球となる間に、ロペスは二塁へ進む。
筒香には、やや勝負を避けた感のある四球を与え、宮崎にはフォークが抜け気味に、内へ入ってきた。
食い込んできたボールを、払ったように右方向へ打球を飛ばしたことで、スライス回転の打球となり、ライト前へのライナー性の打球はライン方向へ切れていく。
鈴木が突っ込んで捕球しようとしたが、突っ込みすぎて手首に当たって後逸してしまい、2点タイムリー三塁打となる。

そして戸柱には真ん中のストレートを捉えられ、センター前タイムリーヒットで同点に追い付かれる。
ただ、何とか気持ちを立て直し、石川をセカンドゴロ併殺打に打ち取って、9回裏の攻撃に向かう。

しかし、山崎康との対戦では、代打ペーニャ、田中、菊池は自分のスイングをさせてもらえず、三者凡退で延長戦に突入。

カープとしては、代打策で7回裏の得点に結び付けているように、野手の控えは少なくなっているし、守備固めで野間も起用しており、代打を起用するのは投手のところだけになってしまう。

10回表のマウンドに上がった一岡は、先頭の山崎康のところで登場の代打エリアンに四球を与えてしまう。
倉本には送りバントを決められ、1アウト2塁で上位打線に戻っていく。
そして桑原を詰まらせて投ゴロを打たせるが、マウンド前で中途半端なバウンドとなったことで、一岡がトンネルしてしまい、1アウト1、3塁とピンチが広がってしまう。
前進守備を敷いたところで、一塁ランナーの桑原が盗塁を決めると、梶谷を敬遠して満塁策。
狙いは、当然内野ゴロでゲッツーというものに違いないが、初球からアウトコース高目のストレート。
簡単にライトへ犠牲フライを打ち上げられてしまい、1点勝ち越された。

それでも一岡は、残るピンチで打席に向かえた筒香から、インコースのストレートで空振り三振を奪って、1失点で留めた。

10回裏は、パットンに対し、先頭の丸は高目の釣り球で空振り三振。
ストレートが走っているのは分かるし、前回と同じ失敗はしないという気持ちが伝わってくる。
鈴木も3-0からのストレートを狙ったが、バットが2球連続で空を切り、最後は低めのストレートで見逃し三振。
安部はショートへのライナー性の打球を放つが、ショートゴロで試合終了。

9回表の、安部の送球ミスと、鈴木の捕球ミス、試合の流れというものは、こういうプレーをしているチームには味方してくれない。
一岡にしても、1点も与えずに味方の攻撃に繋げる、というマウンドで1球もストライクが入らずに、先頭打者に四球を与えるというのは、流れに飲まれてしまった、という同情の余地はある。
が、粘られて四球というのなら、まだ理解できる部分はあるが、次の打者からはストライクは入る訳だから、9回に同点に追い付かれる展開は、自身の中で予想していなかった、気持ちが一旦切れてしまっていたのではないだろうか。
四球、自分のエラー、満塁策後の初球を高めに放る、この一連の流れは準備不足と思われても仕方がない。

ともあれ、もう試合結果はひっくり返せない。
反省は今日中に終わらせ、明日は同じ様なプレーがないようにしてもらいたい。

大瀬良は、投手のウィーランドに本塁打を打たれてしまったが、7回1失点、無四球という投球内容で、前回の課題をクリアしてきているし、勝ち投手にふさわしい投球だった。
悪い内容の投球をしていては勝ち投手にはなれないが、いい投球をしても勝ち投手になれるとは限らない。
今日のような投球を続けて、それでも今後勝てなかったとしても、自分は評価する。





【カープ情報】2017.05.16 広島対DeNA 公式戦7回戦 野村修正を続け、7回1失点ピッチングで3勝目

2017年5月16日に行われた、広島対DeNAの公式戦7回戦の試合結果

DeNA 000 010 000| 1
広 島 000 050 05×|10

勝 野村 3勝1敗
負 濱口 2勝3敗
S -

【本塁打】

先週は、6連戦の初戦で延長戦となり、リリーフ陣をいきなり多く継ぎ込む展開となったが、雨天中止もあり、投手起用については落ち着いた一週間となった。
立て直しが図れたと考えれば、大きな意味を持つ一週間だったように思う。

この流れを継続していくためにも、初戦先発の野村には、しっかり試合を作って、それも長いイニングを投げてもらうことを期待したい。

また、DeNA先発の濱口には、前回対戦時に抑えられはしたものの、球数を投げさせ、決して楽な投球はさせていなかった。
当然、同じように攻めつつ、今度は早い回から攻略していければ、カープのペースに持ち込める。
ただ、気になるのは6番スタメンの新井の状態。
スタメン起用された3試合でノーヒットが続いており、特に5/14の巨人戦では、ボール球に手を出すシーンも多く見られた。
守備面もそうだが、特に精神面で支柱になる存在だけに、6番が繋がれば、濱口攻略に一歩近付く。

尾道しまなみ球場のマウンドに上がる野村は、先頭の桑原に対し、1球も甘いコースがなく、2-1からのアウトコース低めのスライダーを打ち上げる。
センターのすぐ前のフライを菊池が追い掛けてセカンドフライで1アウトを取るが、梶谷にはインコースへのカットボールを、詰まりながらセンター前ヒットとされてしまう。
ロペスには、インコースを狙ったツーシームが、それも沈むことなく真ん中へ行ってしまい、レフト線への二塁打を放たれて、1アウト2、3塁となってしまう。
わずかにタイミングがずれたおかげで打球が上がらなかったが、ホームランボールと言える失投だった。
続く筒香は、強振を上手くかわし、インコースへのカットボールで打ち上げさせ、サードフライに打ち取り2アウト。
ここまで来て、最後に打たれたのでは相手に流れが行ってしまうところ。
宮崎には内外を使い分け、インコースにはツーシームを投げ込むが、簡単には打ち取らせてくれない。
ロペスの打席でもそうだったように、地方球場ということでツーシームの軌道が、わずかにいつもとは違うのかもしれない。
ファールで粘られ、3-2からはシュートを投げ込んだが、インコースに外れて四球となるが、これも高めだった。
2アウト満塁となり、打席には石川。
シュート、ツーシームが高くなってしまうということは、ストレート、カットボール、チェンジアップで勝負に行くことが考えられるが、ストレートは低めに外れる。
3-1から投じたインコースへのカットボールは良い高さに決まり空振りを奪い、最後は同じくカットボールで空振り三振。
何を軸にするか、どうやって打ち取るか、じっくり考えて実行するピッチングは見応えがあった。

そして、カープの初回の攻撃は、先頭の田中が四球を選び、菊池の打席でボークにより進塁。
菊池は、とにかく粘り右方向を狙っている。
最後は、アウトコースのチェンジアップに、バットを投げ出すように当てて、狙い通りセカンドゴロを打った。
1アウト3塁となり丸が打席に向かうが、スライダーをこすったような当たりで、浅いレフトフライで、タッチアップ出来ず。
鈴木は、高めのボール気味のストレートに手を出してしまい、空振り三振となり、先制のチャンスを逃してしまった。

2回の野村は、先頭の高城を高めのシュートでセンターフライに打ち取る。
三者凡退には抑えたが、まだ全般的に高い。

3回は、2アウトランナーなしから、ロペスにセンター後方への大飛球を打たれるが、これがこのイニング唯一の失投で、4回はほぼ低めに決まり始めた。
1アウト1塁で、石川には足元を抜けるゴロを打たれるが、低めのボール球を打たせており、勢いはなく、4-6-3のゲッツーに打ち取った。

しかし、調子が上がってきたと思った矢先、5回表には先頭の高城のサードゴロをペーニャが回り込んで捕球し、一塁へ送球したもののハーフバウンドとなって、新井がベースを踏み直す間にランナーが一塁を駆け抜け、エラーでランナーの出塁を許すと、8番濱口が送りバントを決め、9番に入っていた倉本にインコースのストレートを捉えられ、ライト前タイムリーヒットで先制点を与えてしまう。
後続は苦労しながらでも抑えているだけに、もったいない失点だった。

5回裏のカープの攻撃は、エルドエッドからの打順。
それまでは右打者が、外側の、ストライクコースからシュート回転で外に沈んでいくチェンジアップにことごとくバットを出してしまい、空振り三振の山を築いていた。
ただ、エルドレッドにはまったくストライクが入らずに四球となる。
新井は、チェンジアップに手を出して空振りする場面もあったが、見極めて四球を選ぶ。
この6番の打順で繋げたことで、やはり得点の雰囲気が出てくる。
ペーニャは2球で追い込まれたが、このイニングではチェンジアップが高めに浮き始めたこともあり、粘ったことで勝負球はストレートに変更。
そのストレートを、素直にセンター返し。
センター前ヒットでノーアウト満塁となり、8番石原もアウトコース高目のチェンジアップを捉え、レフトへ犠牲フライを打ち上げて同点に追い付いた。

1アウト1、2塁の場面で、野村は送りバントを狙うが、濱口は完全に制球を乱しており立て直しが効かない。
バントの構えの野村は、1球もバントすることなく、ストレートの四球で、再び満塁となる。
田中に対してもストライクが入らず、仕方なく投じたチェンジアップはやはり高目。
インコース高目の、肩口から入ってくる甘めのチェンジアップを捉え、ライト前タイムリーヒットで勝ち越し。
菊池は、初球のアウトコースのチェンジアップ、これもベルト付近の高さということで付いて行ける。
レフト前タイムリーヒットで3点目を奪い、丸が押し出し四球を選んで4点目となったところで、濱口は交代となる。

前回の対戦でも、4回まで抑えられていても、5回に四球がらみで突然乱れており、攻略法としてはランナーを出して、じっくり攻めるというのは間違っていなかった。

ピッチャーは須田に代わり、DeNAの継投は、ここを4点で凌いで試合を作り直す、という点では最も適任の投手を送り出してきている。
1アウト満塁で、バッターは鈴木。
そして3球連続ボールとなるが、須田はそこから押し出し四球を出すような投手ではない。
下手に受身に回って、抑えられると相手に再び試合の流れが行きかねない。
1点でも追加点を奪うことで、勝ちパターンの継投を出させない展開に繋がり、有利に試合が運べることになる。

3-0から打っていき、センターへの犠牲フライを放った鈴木は、もっとしっかり捉えたかったという思いもあるかもしれないが、試合の流れを考えればこの1点が持つ意味は大きい。

6回表の野村のピッチングは、1アウトから筒香にフルカウントの末に四球を与える。
4点リードに変わった直後にイニングで、どうあっても無失点で抑える必要を感じている。
それ故に、筒香に続き宮崎にもフルカウントとなる。
点差があるからこそ、どんどんストライク先行で、というレベルのピッチングではなく、1点も与えないつもりなのは伝わってくる。
もちろん、宮崎がどんなコース、球種にも付いてくるためになかなか打ち取れないというのが正解とは思うが、どんどん攻めて、ヒットで繋がれて、相手の反撃意欲が高まることすら防ごうとしている。
そして宮崎をスライダーで空振り三振、石川もレフトフライに打ち取って、無失点で切り抜けた。

6回裏は、須田に代わって加賀がマウンドに上がる。
先頭の新井は、アウトコースのスライダーにようやくバットが当たるようになっており、この打席は一邪飛に倒れたものの、右方向への凡打は少し明るい材料かなと思える。

7回表の野村は、1アウトから代打の戸柱に、ストレートをライト前ヒットとされ、倉本に対しても、桑原に対しても、球数を多く使ってじっくり攻める。
100球を超えていることで、このイニングまでというのを理解しており、7回でマウンドを降りるのなら、無失点で切り抜けようと自らに課し、その通りのピッチングをやり遂げた。
倉本をファーストゴロ、桑原をフルカウントからのカットボールで空振り三振、見事7回1失点投球を見せてくれた。

7回裏の攻撃では、菊池が右中間突破の二塁打を放つが、やはり下半身の状態は、試合には出れるレベルだが、良くはないのだろう。
打った瞬間に右中間を破る打球だったが、一塁まで加速しながら走れておらず、続く丸のライトフライで三塁へタッチアップしても、スライディングをしていない。
もちろん、スライディングするほどのタイミングではなかったが、最近の内野ゴロでの一塁への走塁スピードを見ても、無理をしないようにしているのではないだろうか。

さて、7回裏が無失点に終わり、4点差で8回表のマウンドにはジャクソンが上がる。
先頭の梶谷を2球でショートゴロに打ち取り、ロペスは初球のスライダーでセンターフライ。
正直、どちらのボールもコースは甘かったが、点差と展開、そしてジャクソンのボールのキレがヒットゾーンに打球を飛ばさせない。
筒香をストレート2球で追い込み、3球目のスライダーで捕邪飛に打ち取るパーフェクトリリーフ。

8回裏は、先頭のエルドレッドが空振り三振となるが、スライダーがワンバウンドしており、戸柱が後逸したボールを見失う。
三振振り逃げで出塁すると、野間は送りバントを狙うもファールとなり、バスターエンドランに切り替えると、レフト前ヒットでランナーが貯まる。
ペーニャは粘ったもののセンターフライに倒れるが、石原が真ん中のスライダーを捉えてレフト前ヒットで、1アウト満塁。
ここで代打起用の松山は、追い込まれてから、詰まりながらもライト前に2点タイムリーヒットを放ち、試合を決定付ける。
さらに田中がストレートを捉え、レフトオーバーの2点タイムリー二塁打を放って突き放す。

丸は0-2から粘って四球を選び、1アウト満塁となるが、鈴木は真ん中のスライダーを捉え損なって、ショートフライに倒れる。
ただ、エルドレッドの代走に出ていた安部に打席が回り、押し出し四球を選んで10点目。

野間は、セカンドゴロに倒れたが、最終回を前に30分近く攻撃し続け、得点も奪うのだから、この上ない援護が出来た。

9回表のマウンドには、阪神戦以来の登板となるブレイシアが上がる。
いきなり先頭の代打柴田に四球を与えてしまう。
続く石川をインコースのストレートでファーストゴロに打ち取るが、二塁はフォースアウトとなったものの、一塁転送は逸れてしまい、石川は2塁へ進塁。
ただ、ここからブレイシアのコントロールが定まり始めた。
やはり10日間ほど登板間隔が開いたことで、すこし感覚を取り戻すのに時間が掛かったのだろうか。
代打乙坂をサードフライ、戸柱を遊邪飛に打ち取ってゲームセット。

終盤の大量援護はあったが、今日は序盤コントロールがやや甘かった野村が、我慢の投球を続けていく中で修正し、自責点は0というピッチングをしたことで、決してDeNAのペースで試合を運ばせなかったというのがポイントとなるだろう。

打線としては、鈴木がノーヒットに終わったものの、5回の5点目となる犠牲フライを打ち上げたのは、試合の流れを掴むためには必要な1点だった。





【カープ情報】2017.05.14 広島対巨人 公式戦8回戦 九里1失点ピッチングで久々の3勝目

2017年5月14日に行われた、広島対巨人の公式戦8回戦の試合結果

巨人 100 000 000|1
広島 001 002 23×|8

勝 九里 3勝3敗
負 田口 3勝1敗
S -

【本塁打】鈴木8号

3試合連続で6イニング持たず、という投球が続いている九里。
求められるのは6回3失点というところが目安になってくるが、では6回4失点ではダメかというとそういうことではない。
初回に4失点したとして、そこから5イニング連続無失点というピッチングが出来れば、試合を立て直したことにもなり、攻撃のリズムも作りやすい。
要は、1失点後の2失点目をどう防ぐか、2失点後の3失点目をどう防ぐか、気持ちを切らさず、粘り強いピッチングが必要ということ。

さて、田口に対するカープ打線は、デビュー直後は分かっていても打てないスライダーの切れに手を焼き、それならばとスライダー狙いで攻略したこともある。
もちろん相手からすれば、何度も対戦していくうちに手の内が分かってきて、今日は同じ様な配球で来るのか、探り合いになるもの。

まず、九里の立ち上がりは、先頭の橋本到に対し、フルカウントから四球を与えてしまう。
球場のため息が大きく響き、この先頭打者への四球をどう捉えているのか、よく分かる。

コントロールが定まらないというよりは、変化球が抜けたという四球であり、巨人ベンチがどういう捉え方をしているかで作戦が決まる。
単純に重信が送りバントをして、1アウトを挙げるのは勿体ないと感じたのか、クリーンアップの前に、ランナーを得点圏に送る策は採らなかった。
すると、ストライク先行で追い込んで、最後はインコースへのストレートで詰まらせて三邪飛。
坂本にはインコースを攻めるシーンも多かったが、それでもアウトコースのチェンジアップをセンター前に運ぶ技術は流石。
1アウト1、3塁で阿部を迎え、アウトコースへのツーシームを続ける。
最後はボール気味の低めのチェンジアップで、上手く打たれはしたが、セカンドへのハーフライナーで2アウト。
ここまで来たら、無失点で切り抜けたいところだったが、マギーにはインコースを狙ったツーシームが甘く、真ん中に入ったところを捉えられ、レフト前タイムリーヒットで先制を許してしまった。
ただ、1失点後の、次の失点を防ぐことが重要。
続く石川をカーブでバットの芯を外し、ショートゴロに打ち取って、1失点で留めた。

そして初回のカープの攻撃は、先頭の田中が、ストレートとアウトコースギリギリのスライダーで追い込まれる。
スライダーのコントロールを見る限り、分かっていても打てるようなコース、切れではない。
ただ、3球目のインコースのストレートを、逆方向へ打ち返すと、レフト前にポトリと落ちるヒットで出塁する。
巨人の攻撃と同様の場面で、田口のスライダーの切れでは、簡単に打ち崩すのは難しそうではあったが、菊池に送りバントの気配はなく、アウトコース低めのスライダーにはバットを当てるのが精一杯というショートゴロに倒れる。
完全に併殺コースの打球ではあったが、セカンド中井の一塁転送が暴投となり、菊池は一塁セーフ。
ただ、丸は初球のインコースのストレートを打って行き、セカンド正面のゴロで、4-6-3のゲッツー。
攻略には骨が折れそうな、初回の田口のピッチングだった。

2回の九里のピッチングは、打者の右左関係なく、インコースを攻めきることが出来ている。
インコースを意識させつつ、緩いカーブも有効に使えており、初回の1失点は気にし過ぎないように気持ちのコントロールが出来ているように思える。
3回には、先頭の橋本到にインコースのストレートを捉えられ、ライト前ヒットを打たれると、今度は重信が送りバントを決めてきた。
九里は厳しいコース、それも低めに決め切れており、大量点を狙うよりは、まずは坂本、阿部のバッティングで1点ずつでも取っていこうという狙いかと思う。
しかし、坂本にはインコースのツーシームがやや甘く入ったが、ライトフェンス手前まで飛ばされるライトフライに打ち取り、阿部はインコース高目のややボール気味のストレートで、高く上がったライトフライに打ち取る。

そして3回裏のカープの攻撃は、1アウト後、田中がインコースへの逆球のストレートを、再び逆方向へ弾き返し、レフト線への二塁打で出塁する。
菊池はフルカウントからの、アウトコースへのスライダーを右方向へ打ち返すと、セカンドの手前でショートバウンドする打球となり、中井がボールをこぼす間に、田中は二塁から一気に本塁を陥れた。
追いタッチ気味のクロスプレーとなり、リプレー検証が行われるが、判定は変わらず同点に追い付いた。
正直、明らかにセーフとも、明らかにアウトとも言い難いプレーではあった。

続く丸は田口の真ん中に入ってきたスライダーを、センター前に弾き返し、1アウト1、3塁とチャンスが広がり、鈴木が打席に向かう。
スライダーを叩き付け、高いバウンドのサードゴロになり、サードランナーの菊池は途中で本塁突入を諦める。
一塁ランナーの丸は二塁を回って、三塁を伺うタイミングを計っているが、三本間に挟まれた菊池のランダンプレーをかいくぐる動きがいつもとは違った。
菊池ならば、小林からマギーにボールが送られたタイミングで、もう一度切り替えして本塁を狙うだろうと思い込んでいたのだろう。
菊池がマギーを交わそうとして、三塁に戻ろうとしたところでタッチアウトとなり、丸も三塁を狙おうと二三塁間で挟まれて変則的なダブルプレーで、同点どまり。

ミスにより同点に追い付き、リプレー検証もあり、走塁死があり、少し慌しいイニングとなった。

直後の4回表の九里のピッチングは、先頭のマギーに四球を与えてしまうが、続く石川をツーシームで詰まらせて投ゴロ併殺打。
これで同点に追い付いたという勢いが出てきた感があった。

ただ、田口のピッチングは初回から変わらず、あえて言えばスライダーが時折高めに甘く入ってくるくらいで、キレは落ちていない。

5回は両チームともに三者凡退となり、試合の流れが落ち着きかけたと思った矢先の6回表。
九里にとって、中盤の最大のピンチが訪れる。
先頭の重信は、アウトコースのチェンジアップにバットを当てただけ、それがセカンド前への緩いゴロとなり、前進してきた菊池が一塁送球の体勢に入りながら捕球しようとして、ボールをこぼしてエラーによる出塁を許す。
ただ、捕って投げていたとしても、ギリギリのタイミングに見え、九里としてはエラーというランプは付いたが、内野安打くらいの捉え方を出来たのではないだろうか。
坂本の打席では、エンドランを仕掛けられるが、アウトコースの低めのチェンジアップでショートゴロに打ち取って進塁打となり、阿部はフルカウントからのフォークで当てただけのショートゴロに打ち取る。
ただ、初回のタイムリーの残像があるマギーには、初球のストライクの後は4球連続ボールとなる。
際どいコースは攻めており、気持ちでは負けていなかったとは思うが、2アウト1、3塁となってからの代打亀井には勝負に行くことができなかった。
2アウト満塁となり、今度は代打村田との勝負となる。
この時点で球数は99球で、村田を打ち取ることができれば、6回を投げきったことになる。
アウトコースへのスライダーがやや甘く入り、ライナー性の打球がショートを襲う。
しかし、田中はショートバウンドの打球を体の正面で受け止め、一塁送球でアウトにし、満塁のピンチを凌ぎきった。

ピンチを凌いだ後の、6回裏の攻撃では、1アウトから丸が、今度はストレートを捉えてセンター前ヒットを放つ。
鈴木の打席では、初球がストレート、ならば2球目はスライダーかカーブ。
この配球をある程度読んでいたと思うが、丸が盗塁を決めて1アウト2塁。
鈴木は1打席目にストレートで見逃し三振を喫しており、この打席でも追い込まれるまでストレートには手を出さなかった。
そして3-1からの外から曲がってくるスライダー、そんなに甘いコースとは思えなかったが、踏み込んで振り抜くと、レフトスタンドへライナーで飛び込む勝ち越しのツーランとなる。

6回裏に勝ち越し、7回表からは九里に代わって、連投となる一岡がマウンドに上がる。
今までの継投では、5/10に登板してから中3日の薮田に7回を任せるパターンが考えられたが、薮田は今季8度の連投がある。
今季2度目の連投となる一岡が、どこまで投げられるか、見極めるためも、そして試合展開的にも一岡のピッチングは重要。

先頭の小林には、2球で追い込んでから、3球勝負のストレートが真ん中高目へ入ってしまい、ライト前ヒットで出塁を許す。
ただ、長野は落ちきらないフォークでタイミングが外れたのか、高めでも空振り三振を奪った。
続く橋本到も同じ様なコースへのフォークだったが、こちらは打ち上げてキャッチャーフライ。
そして重信も2球で追い込み、インコースのストレートで詰まらせてセカンドゴロに打ち取って、勝ち越した直後の大事なマウンドを、一岡がしっかり無失点で抑え切った。

7回裏の攻撃では、先頭のペーニャが左打席での今季初ヒットを放ち、代走野間を送り、會澤が送りバントを決める堅い作戦。
最近の試合では、石原が送りバントを失敗する機会が多く、會澤が送りバントを決めたのは、いいアピールになる。
一岡の打席で、代打松山を送ると、前進守備の外野の頭を越える、左中間突破のタイムリー二塁打となり点差を広げていく。

投手が山口鉄に代わり、丸は田口から打ったのと同じように、スライダーを捉えて、センター前タイムリーヒット。
今日の3本のセンター前ヒットは、全て同じ様な打球と方向だった。
鈴木も初球を捉えて、レフトへの鋭い打球を放ったが、レフトライナーで2点どまり、ただ点差は4点に広がる。
点差は広がっても、準備を済ませていたジャクソンがそのまま8回表のマウンドに上がり、坂本、阿部、マギーのクリーンアップを全て内野ゴロに打ち取って三者凡退。
マギーの打球は、セカンドへのイージーゴロだったものの、菊池が弾く場面があり、やはり今後も休養を挟みながらの起用も必要になるのかなという心配は残った。

さて8回裏の攻撃では、1アウトから左の乾に対し、西川、野間が連打で出塁。
石原の打席でワイルドピッチがあり、1アウト2、3塁となったことで、石原はスクイズを狙う。
乾の投球はワンバウンドとなり、石原はバットに当てようとするものの、バットに当てることは出来ず空振りになった。
しかし、小林が止めることは出来ずボールがバックネットまで転がる間に、西川は本塁を陥れてホームスチール成功。
そして、ワイルドピッチとなっている間に、二塁ランナーの野間も三塁を回って本塁生還。
2アウト後、菊池は真ん中低めのストレートを捉えて、三塁線を破るタイムリー二塁打で、この回3点目。
点の取り方、8回裏での追加点のタイミングなど、昨日の試合同様、相手の反撃意欲を削ぐ。

明日は試合がないということも考慮して、最終回は今村が締めて逃げ切った。
その最終回の菊池の守備は、いつものいい動きが見られ、8回に感じた懸念が杞憂に終わることを信じたい。

今日の試合では、九里が初回の1失点後の2失点目を防いだことが、スミ一の試合展開を作り上げた。
インコースを攻める割合は、前回登板から増えてきており、一時的にインコースに投げきれない投球が続いていた時よりも、当然相手打者が甘いボールをミスショットするケースも増えた。
自分を再び信じることができるようになる、いい投球だったように思う。





【カープ情報】2017.05.13 広島対巨人 公式戦7回戦 岡田前回の悔しい思いを払拭する4勝目、エルドレッド2発で援護

2017年5月13日に行われた、広島対巨人の公式戦7回戦の試合結果

巨人 000 200 000| 2
広島 301 001 06×|11

勝 岡田 4勝1敗
負 マイコラス 4勝2敗
S -

【本塁打】エルドレッド9号、10号、阿部7号

前回登板の結果、昨日の雨天中止を受けてスライド登板、少し慎重になってしまうのも仕方がない、今日の岡田の立ち上がり。
先頭の石川にはストレートを粘られ10球近く投げされられたが、全般的にコントロール重視の投げ方に見えてしまう。
高いコースには違いないが、球速は常に150キロ前後。
意地になってストレートを続けて、タイミングを計られるよりは、目先を変えて縦のカーブで空振り三振を奪ったのは、バッテリーとも冷静だった。
橋本到には、三塁線へのゴロを打たれるが、振り遅れさせてのバッティングで打球に速さはなく、安部が回りこんで、ワンバウンド送球で一塁アウト。
そして、2アウトからでも坂本が出て、繋がっていくのは巨人の得点パターンになる。
それだけに、初球の高目のストレートで浅いライトフライに打ち取れたのは、チームとしてもすんなり攻撃に移っていける、初回の無失点だった。

そして、カープの初回の攻撃は、田中が追い込まれてからの、インコースのストレートに何とか喰らい付き、逆方向へ転がす。
緩い当たりがサード前に転がり、マギーが素手で捕ってジャンピングスローを見せるが、内野安打で出塁。
これでマイコラスはリズムの狂った感があり、菊池はアウトコース高目のカーブをライト前ヒット。
丸は逆球の抜けたスライダーにタイミングが合わずに空振り三振となってしまうが、鈴木は追い込まれてから、アウトコースのストレートをセンター右への運び、先制のタイムリーヒットを放つ。
安部はインコースへのスライダーを打ち上げたものの、浅いレフトフライでタッチアップできず。
エルドレッドは、ボール球を見極めてストレートの四球を選び、2アウト満塁。
昨日一軍復帰し、即スタメンとなった松山は、2球で追い込まれたが、3球目のボール要求のアウトコースが、逆球でインコースに入ってきた。
ややバットの根っこで詰まり気味だったが、松山のバットコントロールでセンター前に運び、2点タイムリーヒットで追加点。
石原も投手強襲ヒットで続き、2アウト満塁で岡田まで打順を回せた。
岡田は縦のカーブで見逃し三振に倒れたが、明らかにボールが高い投球が続いており、2回以降、低めに決まるようになってくると、同じ様には打てなくなる。
打者一巡での3得点は、いい試合の入り方が出来た。

2回の岡田のピッチングは、阿部をバットの下っ面に当たるファーストゴロ、マギーはアウトコースへの153キロのストレートで見逃し三振。
長野にはストレートの四球を与えてしまい、今日始めてのセットポジションでの投球。
このセットポジションでの投球こそが、前回登板で突如崩れた要因の一つ。
続く中井にも2球連続ボールとなったが、立て直してセンターフライに打ち取った。
この序盤で、セットポジションで、ボークに気を付けながら打ち取れたのも、今後落ち着いて投球できる要素にもなる。

2回の攻撃は、1アウトから菊池がサードへの内野安打で出塁する。
阪神戦の欠場の直接の原因になったのかは分からないにしても、以前ヘッドスライディング後に一塁ベース付近から暫く動けなかったことがあり、ヘッドスライディングを見ると、少しドキッとする。

3回のマイコラスは、高めに抜ける割合が減っては来たが、まだ完全に低めに決め切れてはいない。
エルドレッドが、高目のカーブを捉え、レフトスタンド上段に本塁打を放って追加点を奪う。

さて、岡田のピッチングは、今日は調子が良いとは言い切れない。
ストレートは150キロ超が出ているし、序盤3回はノーヒットピッチング。
ただ、変化球が決まらずボールが先行し、置きに行くストレートが何度も見られた。
その置きに行ったストレートは、コースに決まり、球速もリプレイを見るように149キロが続く。

当然、腕を振って投げ込んだ150キロ超のストレートと、わずか数キロしか違いはないが威力は大きく違う。
その置きに行ったようなストレートを打たれたのが4回表。
先頭の橋本到には、カウントを悪くして投げたインコースのストレートを捉えられてライト前ヒット。
しかし、坂本には追い込んでから、インコースの強い打者にもかかわらず、インコースの膝元に153キロのストレートを投げ込んで空振り三振を奪う。
ただ、阿部には2-0からのストレートをフルスイングされ、ライトスタンドへのツーランを浴びてしまう。

6回表は、先頭の橋本到に対し、ボールが先行し、打たれてもファールになるボールとして、カウントを整えようと投じたカットボールが高めに入る。
高めに入った分、一塁線への打球が切れずに二塁打となってしまう。
ただ、今日は坂本に対してはいい形で追い込める。
スライダーとカットボールで追い込み、当然インコース攻めも頭にあることを利用して、アウトコースのボールになるスライダーで引っ掛けさせてサードゴロ。
進塁打も許さない、結果としては最高の打ち取り方で1アウト2塁と場面が変わる。
しかし、坂本とは違い、阿部にはしっかり捉えられている。
低目へのカーブを捉えられ、あわやセンターオーバーという大飛球を打たれる。
センター丸がフェンス手前で追いついて捕球したが、坂本にランナーを進められていたら、犠飛での1点というケースだった。
そして、マギーにはストレートで押し込んでセンターフライに打ち取り、おそらく意識の片隅にはあっただろう、6回のマウンドを無失点で凌いだ。

6回裏のカープの攻撃は、先頭の松山が今度は素直なアウトコースのストレートを、逆方向へ弾き返してレフト線への二塁打で出塁。
そして代走野間を送り、石原が送りバントを狙う場面。
しかし、先日から石原の送りバント失敗が目立つ。
今日もファールと、大きなカーブでバントを空振りし、ヒッティングに切り替えると空振り三振。
岡田で送りバントをやり直し、というところで岡田も見逃しとファールで追い込まれヒッティングに切り替え。
すると、正直結果オーライ、ファースト阿部の頭上、飛び上がったグラブを弾くライト前ヒットで1アウト1、3塁となる。
送りバントを決められなかったのは別として、何とか岡田がバットに当てようとした、その意識は評価できる。

田中は、スクイズもあるよという揺さぶりで、初球バントの構えを見せるもストライク、そして2球で追い込まれてしまうが、3球勝負、それもインコース攻めはラッキーだった。
1打席目でもインコースのストレートに喰らい付いていっており、今日に関してはバットが出しやすいコースだった。
インコースを捉えて、ライトへのハーフライナー。
やや浅い打球ではあったが、三塁ランナーが野間ということでスタートを切る。
ところが、一塁側へ大きく逸れる返球で、楽々生還を果たして追加点を奪う。

攻撃のミスを、そのイニングのうちに取り返せたということで、致命的なミスにはならずに済んだ。
これは、昨シーズン良く見られていた光景でもある。

ここで野間の起用に触れてみるが、天谷に代わって松山が一軍登録されてきたということで、終盤の守備固め要員は野間一人になったと捉えていい。
ということは、今後野間のスタメン起用は余程の場合に限られてくる。
そして、守備固めとして起用するとなると、今日は代走起用が上手くいったが、6回裏に代走として出場し、7回表から守備に入るのは、正直なところ、若干早いように思う。

7回表の岡田のピッチングは、逆球の割合が増えた。
6回で90球弱ということで、完投は難しいペース、しかも相当神経を使いながらのマウンドで、疲労感は投球数以上に感じているだろう。
1アウト1塁から、小林には制球を乱したような四球を与え、代打脇谷が告げられたところで、マウンドに野手が集まる。
おそらく、7回でマウンドを降りることになると告げられ、あと2人を全力で抑えるような話が出たのだろう。
脇谷には、逆球であっても腕を振って150キロ前後のストレートを投げ込み、高目のボール球で空振り三振を奪う。
石川にも、最後に150キロ超のインコース膝元へのストレートで見逃し三振を奪い、7回を2四球、2失点で先発の役割を十分果たした。
先発投手が7イニングを投げ、勝ちパターンに直結できる投手リレーは、野村が先発した5月2日の中日戦以来。

まず、ジャクソンが8回表のマウンドに上がり、坂本のセンター前に抜けようかという当たりを、菊池が当然のように追い付いてアウトにするプレーもあり、三者凡退に抑えて、試合の流れを確実に引き寄せる。

8回表を三者凡退に抑えたのに対し、8回裏の攻撃は簡単に終わらない。
巨人からすれば、さあ9回表に4点とって逆転するぞ、という直前に、ずっと守備に付いて置くのは集中力も欠けてくるだろう。
それだけでも試合を有利に運べることになるが、実際に試合を決定付ける6点が入れば勝利は揺るがない。

丸が初球のストレートを決め打ちしてのセンター前タイムリーヒット、安部もしぶとくショートの頭上を越えていく2点タイムリーヒット、そしてエルドレッドがボール先行で、ストライクを取りに来る140キロ前後のストレートを、バックスクリーン左へ放り込むスリーラン。

これで、今村の出番がなくなり、一岡がマウンドに上がる。
マギーには詰まってレフト前に落とされるヒットを打たれるが、長野を投ゴロ併殺打、中井を当てただけのショートゴロに打ちとって試合終了。

岡田は、前回登板の嫌な流れを、一試合で払拭できたのは、今後に繋がる。
悪いながらも、慎重に投球して、本塁打による2点だけに抑えているのだから、いけいけで抑えるだけでなく、慎重に投球して抑えるピッチングが出来たと、前向きに捉えられる。

前回の結果があっても、信頼は変わらない。







Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター