デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】ファームの投手事情 2014年に向けて期待の投手はいるのか?
スポンサードリンク

【カープ情報】ファームの投手事情 2014年に向けて期待の投手はいるのか?

過去2回このタイトルで記事を作成したことがありましたが、翌年のペナントレースでどの投手が1軍で戦力になりうるかと言う検証をしたものでした。

2011年の推奨投手は、青木高、豊田の2人と、次点で篠田、菊地原でした。
2013年の推奨投手は、福井、武内の2人と、次点で金丸でした。
参考記事:【カープ情報】ファームの投手事情 期待の投手はいるのか?(2011年版 ・ 2013年版

2013年度は、本来の推奨投手は武内のみという寂しい状況だったので、フェニックスリーグでの成績を加味した結果、福井と金丸をピックアップしましたが、2人共期待外れの成績に終わり、金丸は戦力外となってしまったため、今回はフェニックスリーグでの成績は参考程度にしてみようと思います。

今回も3つのファクターには、与四球率、奪三振率、WHIPを選択します。
基準値・・・与四球率は3.5以内、奪三振率は6.0以上、WHIPは1.2以内とします。

この3つを満たす投手は、野村、久本の2人が該当します。
また、人的補償により移籍してくる一岡のイースタンでの成績も3項目を満たすので、計3人となります。

野村については、右肩の故障後の調整登板での成績ということに加え、すでに一軍のローテーション投手なので、来季に向けて出てきて欲しいというレベルの投手ではありません。

久本についても、2013年はほぼ1シーズン通して一軍で過ごしているので、改めて期待したい投手と言う感じだと思います。

一岡については、別記事にて記載している通り、12球団全体としてみても期待の高い若手投手の一人なので、来季に向けて期待したい投手筆頭と言っていいかもしれません。

この時点で、2014年に1軍で頭角を現す期待の高い投手が少ないという、例年通りの結論になってしまいます。
(参考までに、巨人のファームで3項目を満たす投手は、アコスタ、笠原、香月良、高木京の4人)

実は、青木高が3項目を満たしていたのですが、トレードによりチームを去っています。

これでは寂しいので、2項目を満たす投手をピックアップしてみます。
2項目(11名)・・・池ノ内、今井、今村、上野、梅津、武内、中崎、中田、福井、ミコライオ、横山

2013年に2項目を満たしていた投手は、伊東、上野、梅津、江草、大島、大竹、金丸、河内、菊地原、永川勝、中村恭、横山で、この中から一軍である程度の成績を残せたのは、大竹、河内、永川勝、横山。
大竹のファームでの登板は調整だったこともあり、参考外として考えても、河内、永川勝、横山はベテラン投手の部類。

ファームは調整の場という側面もあり、課題をこなしながらの投球で調子を整えていると考えれば、若手投手よりもベテラン投手の方が同じ2項目を満たしているとしても信頼度が高いという事なのだろうか。

そう考えると、上記11名のうち、調整登板のミコライオを除く10名の中では、わずかに数字が及ばなかった今井と福井、そしてベテランの横山が続くのではないかと思います。

参考記録として、フェニックスリーグでの成績も挙げてみます。
とは言え、チーム平均の数字がウエスタンリーグでの数字を上回っているため、チーム平均値(与四球率は2.83以内、奪三振率は7.20以上、WHIPは1.15以内)を基準とします。
そうすると、3項目をクリアした投手はゼロという結果となりました。
首脳陣からアピール不足と言われていた通りの数字が出てしまっています。

検証の結果、2014年のペナントレースでは、一岡に期待してみたいと思います。

また、ウエスタンリーグ、フェニックスリーグともに2項目クリアした投手の中からは、福井が続くと見ます。

後は、春季キャンプでの伸び代に期待と言う意味で、今井、戸田、中田と支配下登録を勝ち取った池ノ内の4人に注目しています。

名前の出ていた久本、横山はベテラン組、今村は復活を期してと言う事で、改めて期待という表現にしたいと思います。

手術明けの中崎、起用方針が固まらない武内、スコアボード故障による中断という不運もあったが、チャンスを掴みきれない感のある上野、奪三振に関してはファームで屈指の存在の岩見は今後の状況次第でしょうか。



投 手登板セーブイニング被安打被本塁打与四球故意四球死球奪三振自責点防御率与四球率奪三振率WHIP
池ノ内 亮介20002 1/310101313.86 3.86 11.57 0.86
一岡 竜司35011532 2/323110014241.10 2.76 11.57 1.01
今井 啓介610029    2807022451.55 2.17 7.45 1.21
今村 猛50117    80200611.29 2.57 7.71 1.43
岩見 優輝2913047    442250533173.26 4.79 6.32 1.47
上野 弘文3302435 2/33304011982.02 1.01 4.79 1.04
梅津 智弘2841439 2/337291226163.63 2.04 5.90 1.16
江草 仁貴11001    40000019.00 0.00 0.00 4.00
大島 崇行1011014 1/329240281710.67 2.51 5.02 2.30
小野 淳平901013 2/31805027106.59 3.29 4.61 1.68
河内 貴哉60012 1/350101327.71 3.86 11.57 2.57
齊藤 悠葵1443051 2/3565210327284.88 3.66 4.70 1.49
篠田 純平1243059    632180228203.05 2.75 4.27 1.37
武内 久士2238096 2/3917330268353.26 3.07 6.33 1.28
辻 空30003    50000139.00 0.00 3.00 1.67
戸田 隆矢21860107    927450567342.86 3.79 5.64 1.28
永川 勝浩1421213 2/3162402853.29 2.63 5.27 1.46
中崎 翔太842054 2/3442140033152.47 2.30 5.43 1.06
中田 廉2660342    431160038163.43 3.43 8.14 1.40
中村 恭平1314065 1/3760210336324.41 2.89 4.96 1.48
野村 祐輔320015    905001131.80 3.00 6.60 0.93
久本 祐一40007    711001022.57 1.29 12.86 1.14
福井 優也1952053 1/3481170455152.53 2.87 9.28 1.22
ミコライオ20012    10000100.00 0.00 4.50 0.50
横山 竜士1921223    28260016124.70 2.35 6.26 1.48

(一岡投手の成績はイースタンリーグでのもの)

名前投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責防御率与四球率奪三振率WHIP
中田5167123000.000.005.400.40
今村151222000.000.0018.002.00
岩見1039164913310.902.7011.701.20
福井16612521113621.133.387.311.06
池ノ内73211779411.295.1411.571.57
小野134918297421.382.774.851.00
中村(恭)16662571313842.254.507.311.31
大島6237464023.000.006.001.00
齊藤1040154105343.602.704.501.30
戸田17672701613473.712.126.881.18
金丸4164532124.502.254.501.00
チーム計1054141598888433252.142.837.201.15
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター