デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013 CS > 【カープ情報】2013.10.17 広島対巨人 CSファイナルステージ第2戦 前田健一発に沈む
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.10.17 広島対巨人 CSファイナルステージ第2戦 前田健一発に沈む

2013年10月17日に行われた、広島対巨人のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦の試合結果

広島 000 000 000|0
巨人 003 000 00×|3

勝 菅野 1勝0敗
負 前田健 0勝1敗
S -

【本塁打】寺内1号

昨日の試合の序盤とうって変わって、四球もエラーもない緊迫した展開となった。
中4日での登板や、右手のマメの影響を感じさせないくらい、前田健太からは気合がみなぎっているのが分かる。

自分が負ければファイナルステージ敗退にリーチが掛かってしまうだけに、絶対に自分は負けないという投球をしているようにも思えた。

対する菅野も3回までパーフェクトピッチングを見せ、点が入らないまま終盤に向かえば、いつでも巨人のリリーフ陣が出てきてしまう。
中盤から終盤にかけて先制点の重みが増してくるだけに、前田健の投球からも菅野にプレッシャーをかけていきたいところ。

しかし、その思いとは相反し、菅野に先制点がプレゼントされる。
長打という点では伏兵の寺内に先制スリーランを浴び、一気に形勢が不利に傾く。
勝負所でのギアチェンジをする前に、若干甘く見ていたかのような追い込んでからの本塁打で、短期決戦の勝負勘の差が出てしまったのだろうか。

打線も菅野の前に、終盤まで天谷の内野安打の1本に抑えられ、ランナーを塁に出すことすら出来ず、全くチャンスが作れない。

最終回に満塁のチャンスを作ったものの、時すでに遅し。
リリーフ陣が出てくる心配すら杞憂に終わってしまった。

カープ側が理想とする展開を、逆に巨人にやられてしまった。
しっかりとした守りの野球は出来ていたし、結局失点は本塁打の一発に泣いた格好で、正直短期決戦における底力の差を感じてしまった。

この敗戦で、あと一敗でシリーズ敗退が決まってしまう。
カープが日本シリーズに進出するためには、4連勝しかなくなった。

明日の先発が予想されるバリントンは、ここまでCS進出決定の試合と1st突破の試合での先発を任されて、期待に応えている。
ツキを持っている投手が今後に期待を繋げるか、最後の勝負の時を迎える。

それにしても、リリーフの中田、今井はしびれる展開で無失点で抑えた。
この経験は大きいと思う。
ただ、明日で敗退が決まってしまうと、野村がCSで無登板に終わってしまう。
それを避けるためというのは意味を取り違えているかもしれないが、やはりここまで全員野球でAクラスを勝ち取ってきたチームなので、多くの機会があることを期待している。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター