デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013 CS > 【カープ情報】2013.10.16 広島対巨人 CSファイナルステージ第1戦 惜敗
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.10.16 広島対巨人 CSファイナルステージ第1戦 惜敗

2013年10月16日に行われた、広島対巨人のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦の試合結果

広島 020 000 000|2
巨人 000 101 10×|3

勝 山口 1勝0敗
負 横山 0勝1敗
S 西村 0勝0敗1S

【本塁打】坂本1号

カープはいきなり先頭の丸がヒットを放つが、ここでいつも通りの送りバントではなく、強行策を選択。
ただ、この策は実らなかったがワイルドピッチなども絡み、ランナーをサードまで進めることができた。
点こそ入らなかったが、しょかいからプレッシャーを与えられたのは良い傾向。

2回にも先頭の梵のツーベースの後、小窪の死球でチャンスが続き、今度は廣瀬が送りバントを決める。
これで2回連続でランナーをサードまで進め、石原のサードゴロで村田が本塁悪送球をしてしまう。
これで一気に二者が生還し、カープが2点を先行。

初回のワイルドピッチと2回の悪送球は、やはり攻める姿勢を強く感じさせ、スコアリングポジションにランナーを進めているからこそ、相手にプレッシャーがかかりエラーを誘ってのもの。

ここまではチャレンジャーという立場のカープの積極的な攻めが効果を挙げている。

しかし、受けて立つ立場の巨人は勝負手を打ってきた。
先発の内海を4回で交代させ、5回から澤村を投入してきた。
澤村、山口、マシソン、西村というリリーフ陣からは、シリーズ通して1点取れるかどうかという顔ぶれ。
特に4回に1点を返し1点差とし、5回以降のカープの得点を封じて巨人ペースに持ち込もうという、初戦から全力で、出し惜しみすることなく選手起用してくる巨人の作戦に、カープは呑まれてしまった。

巨人に油断はなかったというのが正直な感想。
事前に伝え聞いていた、カープの勢いに警戒心を持っていたというのも、単なる社交辞令ではなかったのだろう。

ただ、個々のプレーに注目して見ると、小窪にエラーがあった以外は集中してプレーできており、村田の勝ち越しタイムリーの後、セカンド走者は廣瀬が刺して追加点は許さなかった。
大竹のピッチングも長打だけは打たれまいとして、徹底して低めを突いていた。
坂本にはホームランを打たれてしまうが、結果的に大量失点は防いでおり、先発の役目は果たしているのは間違いない。

7回の攻撃で山口からチャンスを作り、打ち取られはしたが、キラのライトフライも悪い当たりではなかった。
また9回の攻撃も、西村から代打の切り札岩本がレフト前にヒットを放ち、今後はランナーのいる場面での代打での期待は高まった。
最後は坂本の守備に同点のチャンスを阻まれゲームセットとなってしまったが、良い粘りを見せ、西村といえども絶対はないと、ある意味で自信を持って臨めるのではないかと思う。

その中で気になる点と言えば、横山の投球が、シーズン終盤のような抜け球が高目に入るケースが目立ったこと。
それに伴い、カープの勝ちパターンの継投の一角の横山が失点してしまったことだろう。
この1敗で横山の信頼が揺るぐことはないが、もし次回リードしている展開で登板し、同点あるいは逆転をされてしまうと、シリーズ敗退にかなり近付いてしまう。
慎重に見極める必要が出てきた。

もう一つは、シーズンの成績から巨人キラーと期待されていた菊池が、期待通り5打数4安打という活躍を見せたにもかかわらず敗戦し、記録は内野安打だったものの最後の打者になってしまったことでラッキーボーイ的な効力を失ってしまわないかという点。

この試合はシーズン序盤の巨人戦のような、良いところまで行くが、最後はどうやっても敗戦してしまうという感じの敗戦。
ただ、それでもシーズン終盤は、その悪い流れの敗戦を断ち切ってきた。
そのきっかけとなったのは、エース前田健太。
明日の先発が予想されるエースが、シーズン同様の巻き返しのきっかけを与えてくれることを期待したい。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター