デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.09.25 広島対中日 公式戦第22戦 念願のAクラス入り決定
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.09.25 広島対中日 公式戦第22戦 念願のAクラス入り決定

2013年9月25日に行われた、広島対中日の公式戦第22戦の試合結果

広島 000 000 020|2
中日 000 000 000|0

勝 バリントン 11勝9敗
負 浅尾 2勝3敗1S
S ミコライオ 2勝4敗27S

【本塁打】エルドレッド13号

CS進出に王手をかけて臨んだ試合のスタメンに、1番ライト鈴木誠也の名前がある。
また、明日の先発は中4日で前田健と、攻めているなという印象を強く持った試合前。
もちろん発熱明けとなる前田健の状態は気になるところではあるが、まずはこの試合に集中。

鈴木誠也のスタメンについては、ある程度プレッシャーが緩和された状況だけに、ひょっとすればCS進出が決定するかもしれないこの試合でのスタメンがあるかもという予感はあった。
本職の外野陣の中にあっても廣瀬に迫ろうかという強肩ぶりで、走力、肩に加え、前々日の西村との打席内容を見れば、使ってみたいと思われても不思議ではない。

ただ1打席目の四球以外は出塁出来ず、途中交代になってしまうが、この緊張感の中での3打席という少ない打席ではあるが、今日の試合経験は今後必ず活きてくると思う。

試合の方は、バリントンのいつも通りのピッチングに対し、中日打線はチャンスを作るものの、あと一本が出ない展開。
併殺打や、満塁のチャンスでも得点に至らないのは、バリントンの集中力だけではない部分も大きかったように思う。
逆に、中日先発の岡田は低めに制球され、こちらもあと一本が出ない。
プレッシャーが掛っていたというよりも、岡田の投球に手こずったという印象の方が強い。

両投手とも無得点でイニングが進み、先に動いたのは中日。
3番手に浅尾をマウンドに送るが、浅尾対カープ打線は昨年からまずまず相性がいい。
もっとも、故障などもあり対戦が少なかったが、両年ともセ・リーグのチームの中ではカープ戦の防御率が一番悪い。
少なくとも浅尾に対して、苦手意識はないのではないだろか。

8回のマウンドは、簡単に2アウトを取られた後に、0-2から梵が四球を勝ち取った。
コントロールミスということなのか、明らかなボール球が多く、エルドレッドに対しても空振りを奪った変化球も、緩急は良かったがボールは高かった。
ワンバウンドになるボールを見逃した後、再び甘く入ってきた変化球を狙い打った。
実際に狙ったかどうかはともかく、しっかりとタメが作れ、打った瞬間に分かる特大の先制ツーランとなった。

思えば今季のカープは、4番エルドレッドを打線の中心に考えて、ペナントレースをスタートさせた。
シーズン序盤はサヨナラタイムリーなどもあったが、不振、骨折、再度不振と浮き沈みの激しいシーズンだったように思う。

ただ、再び一軍に戻ってきてからは、アウトコースの変化球にバットが止まるケースも増えて来ていた。
まだ脆さも見えるが、この打撃内容であれば、今後の試合でも十分期待できる。

ともあれ、アメリカ時代からの僚友バリントンの粘投に応えた4番エルドレッドの貴重な一発で挙げた2点を永川、ミコライオが守り切り、ついにAクラス入り、CS初進出が決定した。











関連記事
スポンサーサイト
おめでとうございます!
[ 2013/09/25 22:56 ] [ 編集 ]
これはカープファン全員歓喜!
長かった・・・
おめでとう!
[ 2013/09/25 23:05 ] [ 編集 ]
主様、皆様、
CS進出おめでとうございます。

やっとやっとAクラスへの復帰、待っていました。
CSも期待できますし、来季からの飛躍が感じられるチームになりましたね。
[ 2013/09/25 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター