デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.09.17 広島対阪神 公式戦第21戦 石原サヨナラ弾で7連勝
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.09.17 広島対阪神 公式戦第21戦 石原サヨナラ弾で7連勝

2013年9月17日に行われた、広島対阪神の公式戦第21戦の試合結果

阪神 000 001 000|1
広島 000 100 001|2

勝 大竹 9勝9敗
負 久保 3勝4敗6S
S -

【本塁打】石原7号

カープ先発の大竹は、初回にヒットを許すもののマートンを併殺打に打ち取り、すんなりと立ち上がった。
一時期の球数の多さに比べると、随分スムーズに試合に入って行けるようになってきた。

その大竹のリズムの良い投球に負けないほど、メッセンジャーの投球も抜群。
初回のチャンスで点が取れなかったのは痛かったが、両投手とも調子がよく、投手戦となりそうな展開。

4回にカープが先制したのはチームの勢いが為せる業と言えるが、さすがに1点のみで勝てるほど甘くはない。
6回には1アウト2、3塁のピンチで内野ゴロの間に1点を返され同点に追いつかれるが、まだどちらのチームに流れが傾くか掴みきれない。

ただ、同点に追い付かれはしたものの、しっかり守りミスで相手に流れを手渡すということはしていない。
大竹にしても、オールスター前から球速が140キロそこそこしか行っていなかった状態が、ここにきて150キロのストレートが復活しており、本人としても自信取り戻しているのではないかと思う。
9回を投げ抜き、後はサヨナラ勝ちすれば大竹に勝ちが付くという場面で、初球をサヨナラホームランにしてしまう石原には称賛の声しかない。

これで大竹はバリントンに続き9勝9敗で星を五分に戻した。
4本柱の中で借金を背負った投手がいなくなったことで、次の目標に向けてもいい状態がキープできつつある。

本来であれば、この時期の大型連勝の後の反動も怖いところではあるが、残り13試合で4位中日とのゲーム差は5.5と開いている。
CSという目標に加え、今後はバリントンと大竹は二桁勝利、前田健はタイトル争い、野村も自己最多勝利数の更新など個人の記録もいい緊張感を与えてくることになるだろう。

あとひと踏ん張りというところまできた。









関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター