デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.08.20 広島対中日 公式戦第16戦 完封リレーで3連戦初戦勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.08.20 広島対中日 公式戦第16戦 完封リレーで3連戦初戦勝利

2013年8月20日に行われた、広島対中日の公式戦第16戦の試合結果

広島 010 041 000|6
中日 000 000 000|0

勝 前田健 11勝5敗
負 中田賢 4勝5敗
S -

【本塁打】石原4号

スタメン発表を見てまず驚いたのが、キラの名前がないこと。
休養という事のようだが、前田健が先発という事なので、大量点が必要なゲームプランでもない。

ただ、序盤で先制を許し、追いかける展開となると脆い打線とも言える。
それだけに何としても先制は避けたいところ。

早速初回からツーベースの後、牽制悪送球でピンチを背負う。
ここは何とか無失点で切り抜けたが、決して先制させないという前田健の気合全開の初回となった。

また中田賢のまえに初回は簡単に3人で攻撃を終えたカープだが、2回に四球、死球でノーヒットでチャンスをもらうと、石原のチーム初安打がタイムリーとなり1点を先制する。

前田健は、狭い球場という事もあり本塁打を警戒して慎重な投球に終始している。
1球たりとも気を抜いたボールを投げない姿勢は、かなり神経を細やかにしての投球には違いなく、終盤にはリリーフ陣の力が必要となりそうな序盤の展開となっていた。

とは言え、初回のピンチの後は、味方の援護もあってピンチらしいピンチも迎えることなく、それでいて慎重さは変わらず、7回を無失点で抑え切った。

キラに代わって4番に入った松山のタイムリーなども効果的で、終盤に6点差を付けてリリーフに後を託すと、ソコロビッチ、今井で完封リレーを達成。
ソコロビッチは制止が甘い気もしたが、この点差では特に指摘される状況でもなかったのだろうが、ボークは常に気にしておかないと怖い面がある。
今井は、ファーム降格前のストレートを叩きつける球筋からは良化しているようで、ボールの角度は良くなっているように見えた。

7回8回には併殺でチャンスを潰しており、詰めは甘い感じは否めないが、ケガ人も出ているし、休養が必要な選手もいる。
そう考えると、良い勝ち方が出来たのではないだろか。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター