デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.07.31 広島対DeNA 公式戦第14戦 守備優先スタメンで先発全員安打
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.07.31 広島対DeNA 公式戦第14戦 守備優先スタメンで先発全員安打

2013年7月31日に行われた、広島対DeNAの公式戦第14戦の試合結果

DeNA 000 001 101| 3
広 島 000 218 00×|11

勝 前田健 9勝5敗
負 三浦 7勝8敗
S -

【本塁打】岩本3号、山崎3号、丸8号、梵3号、宮崎2号

最近の試合では守備からリズムを崩す場面が目立つことから、三浦が先発でも廣瀬をスタメン起用し、またルイス、松山よりは守備の不安の少ない岩本が先発となった。

実際は今季の対三浦の成績がルイス、松山ともノーヒットで、廣瀬、岩本にヒットが出ているということかもしれないが、DeNAが3位争いで一歩抜け出しかけているだけに、この日は内容よりも結果が求められるところ。

序盤は両投手の投げ合いで始まり、ランナーを出すものの要所を締める投球内容。
しかし4回に今日スタメンの岩本のツーランで先制する。
最近の打撃の調子からすれば、もっとスタメンのチャンスは多くてもいいところだろうが、ヤクルト戦の9回裏のファースト守備の影響で必要以上に出場機会が奪われた感が強い。

5回には四球攻めで調子の維持が難しそうだったキラにもタイムリーが飛び出し追加点を奪う。
このキラのタイムリーは三浦のアウトコースのフォークをレフト方向へ流し打ったもの。
引っ張り専門というイメージの強いキラが流し打つ打撃を見せるとなれば、相手投手からすればもっと厳しいコースを狙わなくてはならなくなる。
これは後に好影響を与えそうな打撃内容だった。

そして6回には一挙8得点とビッグイニングを作るが、起点となったのは昨日ブレーキとなった下位打線。
それに投手の前田健も、昨日の須田に負けじと2安打を放ち、下位打線の奮起が得点能力のアップにつながるのが良く分かる攻撃だった。

勝負の分かれ目となったのは、DeNAの守備の乱れ。
昨日の敗戦の原因ともなったのもカープの守備の乱れだったこともあり、守備の大切さを再認識するとともに、何が何でも勝たないといけない試合で、しっかり勝ち切ったのも意味がある。

また、廣瀬の当たりは昨日からモーガンのファインプレーに阻まれてきたが、ついにモーガンの頭上を越す長打が飛び出した。

昨日のDeNAの攻撃をそっくりそのままお返しし、さらにDeNA以上の得点を奪った。
流行の言葉になってしまうが、
「やられたらやり返す!倍返しだ!」

この見出しが至る所で大量生産されそうな試合だった。

明日の先発は大竹。
今日の試合では巧く前田健がDeNAの攻撃陣を交わしたが、DeNA打線の好調さは変わりない。
大竹の対DeNA戦の成績は3試合で3勝0敗、防御率1.54。
セ・リーグのチームとの対戦ではDeNA戦で挙げた3勝以外は全敗しているだけに、この登板での内容が今後の大竹を占うことになるかもしれない。

また、8点を奪った後のカープの攻撃は大振りが目立っていたこともあり、その点は気掛かり。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター