デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2011年全球団新外国人】 > 【阪神】マルコス・ベキオナチ内野手の成績、育成枠での獲得
スポンサードリンク

【阪神】マルコス・ベキオナチ内野手の成績、育成枠での獲得

マルコス・ベキオナチ内野手の今季の成績だが、406打数115安打、打率.283、本塁打13、打点55、盗塁6、OPS.771だった。
2009年シーズンが、打率.213、本塁打10、打点43、盗塁0、OPS.660だったことを考えると、この1年でだいぶ成長したと見ていいかもしれない。

一方守備に関しては、これまで内野の全ポジションを守ったことはあるが、セカンドは7試合、ショートは1試合となっている。
ほとんどが、サードかファーストいうことなのだが、2009年のサードでの守備率が117試合で、.922だったためか、今季はサードは2試合のみで、ほとんどファーストを守っていた。
サードでの通算守備率は.933という数字の通り、こちらはまだまだ発展途上というところなのだろう。

マイナーでの打撃通算成績は、2519打数648安打、打率.257、本塁打37、打点303、盗塁46、OPS.697。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

阪神は28日、マルコス・ベキオナチ内野手(24)と育成選手契約を締結したと発表した。契約金600万円、年俸400万円。背番号は128に決定した。

 ベキオナチはベネズエラ出身のスイッチヒッター。03年から米ヤンキース傘下のマイナーなどでプレーし、今季は2A・トレントンに所属し、114試合で打率・283、11本塁打、55打点の成績を残した。守備では一、三塁を中心に内野全般をこなす万能タイプ。沼沢球団本部長は「スイッチヒッターで中長距離タイプ。パンチ力もあり、肩も強いと聞いている」と特長を語った。

 10月に育成枠で獲得したザラテもベネズエラ出身。ベキオナチの獲得でスペイン語圏の選手は2人となり、日本での生活を送る上で互いがよきパートナーとなる。沼沢本部長も「お互い励まし合ってチャンスをつかんでくれたら」と二人三脚での飛躍に期待を寄せた。

 今季活躍したマートン、ブラゼルはともに来季残留が決まっており、来季も打線の要所に据えられることは必至。投手のスタンリッジ、メッセンジャーも含め、助っ人陣の選手層は厚いが、同本部長は「バルディリスの例もある。厳しいかもしれないが可能性はある」と成長を見込んだ。

 わずか16歳でヤンキースとプロ契約を交わした万能スイッチヒッター。豊富な伸びしろが開花すれば楽天・松井稼頭央タイプへの大化けも期待できる。ヤンキースと同じタテジマに袖を通し、ジャパニーズドリームをつかみ取る。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター