デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.07.15 広島対中日 公式戦第13戦 1番2番が猛打賞それも全て連打【ハイライト】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.07.15 広島対中日 公式戦第13戦 1番2番が猛打賞それも全て連打【ハイライト】

2013年7月15日に行われた、広島対中日の公式戦第13戦の試合結果

中日 000 000 000|0
広島 101 000 10×|3

勝 野村 5勝3敗
負 岡田 3勝4敗1S
S ミコライオ 2勝3敗15S

【本塁打】なし

この日のカープ打線は巡りが良く、トップバッターからの攻撃が初回、3回、7回の三度あり、この三度とも1番菊池、2番丸の連打でチャンスを作った。

結果、その三度の攻撃全てが得点に結びつき、ほぼ主導権を握ったまま試合を進めることができた。

その主導権を握れた他の要因としては、廣瀬が復調しつつあり、犠牲フライ2本を打ち上げたことと、野村の投球が挙げられる。
その野村の投球も見事だったが、會澤のリードもこの日の野村には合っていたということだろう。
野村もコントロールに関しての不安が減ってきており、球数が嵩んでもボール球を使って打たせて取る投球に終始したように思える。
調子の良さから強気に攻めても良さそうなものだったが、とにかく慎重に攻めたという印象が強い。

ただ、打線があとひと押しできればもっと楽な試合展開になりそうだったのだが、キラがスタメン落ち、梵も早いイニングで交代する試合が増えてきているし、万全ではない状況で先制しリードを保ったまま試合を進められたので贅沢は言うべきではないか。

あえて言うなら、相変わらず代打で登場する選手は結果が出ない。
昨日の岩本も、代打で出た打席では結果が出ず、そのまま守備に就き次の打席を迎えてホームランが出ていた。
春先不調だった選手にもようやく当たりが出始め、徐々にいい形が出来つつあるだけに、もう1人か2人一軍に定着できるようになると攻撃陣の厚みも増してきそう。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター