デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.07.03 広島対中日 公式戦第11戦 日替わりセットアッパー菊地原
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.07.03 広島対中日 公式戦第11戦 日替わりセットアッパー菊地原

2013年7月3日に行われた、広島対中日の公式戦第11戦の試合結果

広島 000 001 020|3
中日 000 200 000|2

勝 上野 2勝0敗
負 高橋聡 0勝1敗
S ミコライオ 2勝3敗14S

【本塁打】丸6号

カープ先発の中崎は先週の巨人戦でKOされているが、どれだけ立て直せているかが注目。
この日は課題のコントロールの乱れもなく、ストライク先行で四球を出さないピッチングは出来た。
その要因となるのは、フォームの微調整だろうと思う。
巨人戦ではセットポジションで制止した際、制止時間が長過ぎたのか、投球を再開するまでのバランスが悪かった。

しかし今日の投球フォームは、セットでの制止と投球開始までの間隔が短くなっていた。
さらに始動時には上体の力を抜いているのが見て取れた。
前回は始動時は力が入っていて、上体が固かった印象が強かっただけに、中崎の投げ方には合っているのかもしれない。

コントロールに不安がなく、リズム良く投球できて3回まではパーフェクトピッチングだったが、2回り目の4回にストライクが集まっていることを逆手に取られて、狙い球を絞られて連打を浴びてしまう。
この辺りは、中日の作戦が巧く機能した格好だ。

結局、5回にエラー絡みでピンチを背負って交代してしまうが、慎重な投球に加え、ピンチで球数が嵩んだとは言え、今日の中崎の投球内容であれば、もう少し引っ張って見てもよかったのではという思いもある。
しかし、この投球がたまたまなのか、次回登板時も継続できているのか見所が出来た。

一方カープ打線は、西川の130キロ後半のストレートに振り遅れたり、差し込まれるケースが目立つ。
球速以上に手元で伸びている印象ではあったが、少し受け身すぎるように思えた。

ようやく6回に丸の本塁打で1点を返し、エルドレッドの盗塁でチャンスを作るも後が続かず、重苦しい雰囲気が漂い始める。

この閉塞状態を打破したのは、中日のミスだった。
ルイスの四球もそうだが、続く菊池の当たりはサードルナの正面。
ただ、あまりに正面過ぎて反射的にグラブを出すだけで、腰も高く脚も動かせないプレーはエアポケットに嵌ったかのようなトンネルエラーとなる。

そして勢いに乗って丸の逆転2点タイムリーで勝ち越しに成功。
セカンドランナー菊池は、レフト前の当たりに飛び込んだショート堂上直をジャンプして飛び越して、そこから再加速して本塁に生還してくるスピードを見せる。

思いがけず逆転したカープは、8回裏のマウンドに連投の菊地原を送る。
いわゆるセットアッパーとしての起用となったが、しっかりと3人で抑え切り、これまで今井、河内、久本、上野が苦しんでいた8回の任務を完遂したことは、非常に大きい。
もちろん、今後は菊地原がセットアッパー固定という状況ではないが、誰か一人でも出てきて欲しいチーム状態だけに、選択肢が増えるのはありがたいはず。

9回もミコライオがあっさり抑え、中日はミスによる逆転という状況から立ち直る前に試合が終わってしまったような、静かなゲームセットだった。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月17日・・・30%
9月16日・・・20%
9月18日・・・20%
9月14日・・・10%
9月21日・・・10%
9月13日・・・3%
9月22日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月22日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター