デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.06.26 広島対巨人 公式戦第11戦 為す術なし
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.06.26 広島対巨人 公式戦第11戦 為す術なし

2013年6月26日に行われた、広島対巨人の公式戦第11戦の試合結果

巨人 030 020 000|5
広島 000 000 000|0

勝 青木高 1勝0敗
負 中崎 2勝4敗
S -

【本塁打】阿部19号

昨日の逆転負けの原因を作った今村が二軍降格となり、日替りセットアッパーが現実味を帯びてきた。
候補は、久本、河内、今井が考えられるが、その中でも今井を先発復帰させるにはリスクのある状況となり、現実的にリリーフ待機が有力視される。

そうなれば先発ローテも気になるところ。
武内、福井、篠田などが候補という感じだろうか。
少なくとも、今後の憂いを少なくするためにも、中崎がローテに定着できる内容を見せてほしい ところ。

その中崎は、2回に大きく崩れる。
ランナーを背負って投げ急いだためか、フォームのバランスが悪いように見え、コースを狙ったボールは外れ、ストライクになるのは真ん中付近だけ。
このコントロールの乱れにつけ込まれ3失点。
さらに5回にも阿部にツーランを浴びて前半で勝負あり。

確かにストレートは140キロ後半と威力はあり、スライダーのキレも良く見せている。
それでも通用しないのは、フォームの不安定からくる再現性の低さとボール先行からくる窮屈なピッチングということになるのではないだろうか。
この状態で勝てる投球ができるかと言われれば、当日の出来しだいとしか言えない。

打線は併殺打だらけで、これで終盤どうにかなるという雰囲気が出るというのは無理というもの。
記録上は3併殺だが、セカンドからの送球が堂林の手に当たってエラーが記録されたプレーも実質併殺打と言っていい。
見せ場は皆無という試合だった。

ハイライト動画



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター