デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.06.23 広島対ヤクルト 公式戦第7戦 堂林逆転サヨナラ本塁打
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.06.23 広島対ヤクルト 公式戦第7戦 堂林逆転サヨナラ本塁打

2013年6月23日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦第7戦の試合結果

ヤクルト 000 400 000|4
広  島 000 003 002|5

勝 今村 1勝2敗2S
負 山本哲 0勝2敗8S
S -

【本塁打】バレンティン23号、堂林3号

ヤクルトの先発は左の八木だったが、対左でも松山の先発起用を示唆していたカープはあっさりと會澤を起用してきた。
また會澤をファースト、エルドレッドをレフトで起用したということは、新外国人のキラの即1軍登録は無いにしても、キラをファーストで起用していくプランも頭にあるということなのだろう。

その打線は序盤、昨日の試合なみに機能せず、先発の前田健も昨日同様バレンティンに本塁打を打たれ、どこから突破口を開けばいいのか手詰まりにも感じた。

その重苦しい流れをカープ側に引き寄せたのは、6回から登板し、いきなりエラーでランナーを許したものの後続に隙を与えず抑えきった今井の投球の賜物だろうと思う。

今井は交流戦中は決して絶好調というわけにはいかなかったが、ペナントレース再開に際しては、先発、ロングリリーフ、時にはセットアッパーの役割もありえるため、カープの投手陣の中でもなくてはならない存分に違いない。

そんな今井の好投があり、同じく交流戦で不振を極めた廣瀬がツーランを放ち、最後は堂林の逆転サヨナラツーランホームランという劇的な勝利を挙げた。(堂林サヨナラ本塁打)

これまでの打線の不振というのは、打つべき人が打てなかったために、日替わり打線やラッキーボーイにすがる攻撃パターンに頼らざるを得なかった。
もちろんこれで安心という状態ではないが、出場した選手がしっかりと仕事をすれば勝利に近付けるという見本のような試合ではなかったかと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター