デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.06.22 広島対ヤクルト 公式戦第6戦 無策
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.06.22 広島対ヤクルト 公式戦第6戦 無策

2013年6月22日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦第6戦の試合結果

ヤクルト 000 300 000|3
広  島 000 000 000|0

勝 小川 7勝2敗
負 大竹 5勝4敗
S -

【本塁打】バレンティン22号

久しぶりのセ・リーグ球団との対戦となった試合だが、最後にヤクルトと対戦した試合では大竹がKOされ、丸の勝ち越し本塁打が出た後に、上野が電光掲示板の故障の影響でリズムを乱し追い付かれ、最後はサヨナラ負けしていた。

ヤクルトとの対戦では、どうしても相手に有利な心理状態で試合を進められている感が強く、おそらく試合展開がもつれればもつれるほど、ヤクルトのペースになりかねない。

そうさせないためには、やはり先制して自分たちのペースで試合を進めることが最低条件になるだろう。
しかし初回に先制のチャンスを逃すと、小川はしっかりと立ち直り、ズルズルと無得点のまま終盤までイニングが進んでしまう。

大竹も決して悪い投球ではないのだが、最近の登板で3試合連続被弾している流れを断ち切れず、この日もバレンティンにスリーランを打たれてしまう。
低めのスライダーで、決して悪いボールではなかったが、相手が悪かった。

先制され、反撃の糸口もなかなかつかめないヤクルトのペースに嵌ってしまい、何をどうすれば得点になるのか全くイメージが湧かない。
中盤には両チームとも好守備が飛び出し、試合が締まってきたことでさらに試合が動く雰囲気が遠のく。
代打も消極的で、同点を目指して策を練っている様子にも見えない。

わずか2時間30分足らずの敗戦で、勝ったヤクルトは単なる1勝に加え、この暑さの中で省エネによる選手温存も出来た。
大竹の打席で10球の粘りがあって、114球は投げさせてのこの試合時間なのだから、いかにカープ打線に見所がなかったかということになるだろう。

小川にプロ入り初完封を献上するわけだが、全くと言っていいほど抵抗できなくスイスイと投げられてしまった。 再開したペナントレースで、ヤクルトとの相性の悪さを再確認した試合となった。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター