デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013交流戦 > 【カープ情報】2013.06.13 広島対楽天 交流戦第4戦 9回土壇場での逆転劇【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.06.13 広島対楽天 交流戦第4戦 9回土壇場での逆転劇【ハイライト動画】

2013年6月13日に行われた、広島対楽天の交流戦第4戦の試合結果

広島 001 000 004|5
楽天 300 000 001|4

勝 久本 2勝1敗
負 ラズナー 1勝1敗5S
S 今村 0勝2敗2S

【本塁打】マギー13号、會澤1号

楽天先発の則本とは2回目の対戦となるが、前回は8イニングで3安打、1点とほぼ抑え込まれ、しかもカープの先発がバリントンという事もあり2時間38分で試合が終了している。

その時のメンバーと変わったのは、エルドレッド、松山、會澤の3人がスタメンに名を連ねている。

またカープ先発の中崎は、前回好投した内容は抜群で投球リズムも良かった。
前回の出来がキープできていればこの試合も投手戦となりそうだが、ジョーンズ、マギーの両主砲と捕手の嶋以外は中崎が課題としている左打者が並んでいる。(松井はスイッチヒッター)

今シーズンはコントロールに苦しんできていただけに、2試合続けてリズムよく投げられれば本物とみていいのかなと思う。

ただ初回の中崎は、ファーストゴロでベースカバーに入るタイミングが遅く内野安打にしてしまい、ジョーンズには四球を与え、ランナーを貯めたところでマギーにスリーランを浴びるという悪い流れを引きずったかのような3失点。
ボール自体の威力はまずまずで、明らかなボールが多いという訳でもないのだが、真ん中に入ったスライダーを完全に捉えられた。

さすがに初回の3点は大きいが、僅差であれば反撃も期待できるチーム状態ではある。
早々に會澤の今季初ホームランで1点を返し、これで2点差。
しかし楽天打線の攻撃の手は止まらず、防戦一方となりどんどんリリーフを継ぎ込んで追加点を許さない綱渡り的な展開。
菊池の好守備なども投手を盛り立てた。

7回には中東、堂林としっかり捕らえた打球が野手の正面に飛んでしまうが、ようやく良い当たりが出始めた。

また、8回裏に登板した久本が島内をファーストゴロに打ち取るが、これは初回に中崎が内野安打にしてしまった当たりと似ていた。
この打球でしっかりとベースカバーに入ってアウトを取る守備を、中崎は今後に活かしてほしい。

打線は則本にリベンジできたとは言えないが、則本のストレートが150キロ超に対し、抑えで登板したラズナーが140キロ中盤で、ストレート変化球ともやや高め。
エルドレッドには力のあるストレートで三振を奪ったが、岩本のライト前でセットポジションとなってからはコントロールも甘くなり始め、梵、中東がとにかくファールで粘ってヒットで繋いで満塁のチャンスを作る。

ここで堂林がレフト前に2点タイムリーを放って同点に追い付く。
詰まりながらもヒットコースに飛んだのも、やはりボールが高かったことが原因だろうと思う。

さらには丸も追い込まれながら2点タイムリースリーベースを放ち、一気に勝ち越しに成功。

これでカープの勝ちパターンと思いきや、抑えとして登板した今村が連打と四球で満塁のピンチを背負って、打席には初回スリーランのマギーを迎える。
しかし、縦のスライダーで6-4-3の併殺に打ち取り、1点を返されたものの展開的にはベストに近い結果。
ヒヤヒヤながらも何とか逃げ切って5連勝となり、交流戦も1つ勝ち越し。

日本ハムとの残り3試合で交流戦の勝ち越しを狙っていくのがモチベーションになるだろか。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月17日・・・30%
9月16日・・・20%
9月18日・・・20%
9月14日・・・10%
9月21日・・・10%
9月13日・・・3%
9月22日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月22日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター