デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013交流戦 > 【カープ情報】2013.06.06 広島対ロッテ 交流戦第4戦 堅守と打順の重要性が見えた試合【ハイライト】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.06.06 広島対ロッテ 交流戦第4戦 堅守と打順の重要性が見えた試合【ハイライト】

2013年6月6日に行われた、広島対ロッテの交流戦第4戦の試合結果

ロッテ 010 000 000|1
広 島 000 011 02×|4

勝 小野 1勝0敗
負 唐川 3勝4敗
S ミコライオ 1勝2敗10S

【本塁打】なし

ロッテは序盤からスクイズで1点を取りにきた。
先発が唐川、相手が6連敗中のカープとくれば、先制して流れを引き寄せておこうという意図には違いない。

ただ昨日の試合からやや流れが良くなりかけていたカープは、堅い守備でロッテに流れを渡さなかった。

5回にバリントンの負傷降板というアクシデントがあったものの、小野が移籍後最高と言えるピッチングで無失点に抑える。
この無失点で抑えた要因には、梵のファインプレーが含まれる。
今日の試合では、梵の再三の好プレーがチームを救った。

バリントンの負傷降板の原因となったプッシュバントの処理に始まり、基本となる守りで試合を作って行った。

対照的にロッテは、送りバントの失敗や、平凡なフライをお見合いしたり、送りバントの処理をミスしたりで、スクイズで引き寄せたはずの流れに乗っていけない。

岩本のタイムリーで早めに同点に追い付いたのは大きかったし、エルドレッドは2打席連続の併殺打となってしまったが、その2回目の併殺打ではランナーがホームに帰ってきて決勝点となっている。

あまりに楽観的過ぎるかもしれないが、ノーアウト1、3塁でエルドレッドが打席となれば、当たれば打球が速いために、1点を諦めて中間守備を敷いたことで3塁ランナーが生還したという面もある。
巡り合わせという大事さも見えた試合だったように思う。

もちろん、当のエルドレッドは併殺打2つと言うことで、全く納得は出来ていないような様子だったが、エルドレッド不在の期間は内野ゴロすら打てずに、三振や内野フライで無得点という状況だった。
ヒットが出なくても点が入ったことに満足していないのであれば、次はきっちりタイムリーを放ってくれると思う。

試合を決定付けた梵の2点タイムリーツーベースは、2者連続で空振り三振を奪っているスライダーを狙い打っての打球で、守備と打撃の活躍ぶりからして、ヒーローインタビューがあれば梵の出番だっただろう。
ただ、ファインプレーの後もニコリともしなかったところを見ると、相当連敗中の悔しさを感じていたのだろうというのは想像できる。

後は、バリントンの負傷が大したことがなければと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター