デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013交流戦 > 【カープ情報】2013.06.01 広島対ソフトバンク 交流戦第4戦 前田健故障で登録抹消【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.06.01 広島対ソフトバンク 交流戦第4戦 前田健故障で登録抹消【ハイライト動画】

2013年6月1日に行われた、広島対ソフトバンクの交流戦第4戦の試合結果

広    島 000 000 010| 1
ソフトバンク 600 112 00×|10

勝 摂津 5勝3敗
負 前田健 5勝3敗
S -

【本塁打】柳田4号、長谷川5号

敗戦のポイントは、初回の前田健の乱調が全て。
2番本多の送りバントを一塁悪送球してしまったが、フィールディングには絶対の自信を持っている投手だけに、この時点でおかしいと思った人も多かったと思う。
そして柳田にスリーランを浴びた後、負傷降板となった訳だが、前回登板時に指摘されていた背中の痛みとは違うということ。
試合前から右脇腹に痛みを感じていたということで、試合後に登録抹消されることが明らかになった。

昨日に引き続き2試合連続二桁失点で敗戦となった訳だが、前田健の負傷降板というアクシデントがあったが故の敗戦には違いないが、5月26日の楽天戦で打線の組み替えをして勝った試合の辺りから、どうも自滅している印象の試合が続く。

ミスが多いということもあるが、やはり選手起用に関して気掛かりな点が目立つ。
交流戦に入ってスタメンを勝ち取った中東が急に起用されなくなり、鈴木将はスタメン起用された翌日に2軍降格。
丸は今季初めて1番でのスタメンとなり、ここ4試合で1、2、3番全ての打順を経験した。
5月26日の試合で首脳陣から堂林のスタメンはく奪宣言があった後、サードのポジションを掴み取りたいとコメントが掲載された松山はサードでのスタメンは当然なく、結局3試合中2試合で堂林がスタメン。

その起用については結果論となるので是非は問題ではない。
ただお試し起用されている印象が強く、結果だ出なかったから「はい交代」では、次にどう繋がったのか見えにくい。
チーム方針の一貫性、選手起用の意図がもっと分かりやすい方がいいのではないかと思った。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター