デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【競馬】 > 【競馬】2013年第80回 日本ダービーの個人的な予想
スポンサードリンク

【競馬】2013年第80回 日本ダービーの個人的な予想

2013年5月26日に開催される、第80回 日本ダービーの個人的な予想です。

天皇賞(春)、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、オークスと4週続けて外していますが、逆指標としての役割は果たせているのではないでしょうか(笑)
さて、今年の唯一の予想的中は皐月賞ですが、その皐月賞の上位入選馬が揃って出走し、ここへ他路線の有力馬がどう絡んでくるかが焦点になりそうです。

まずは皐月賞組が実力を発揮できるかどうか、展開面からみていこうと思います。
逃げるのは、逃げて青葉賞2着に入ってダービー出走権利を取ったアポロソニックと、同じくトライアルのプリンシパルSを逃げ切ったサムソンズプライドの2頭。

ただしアポロソニックは逃げが上手く嵌まったという印象で、強さを感じさせる内容には見えなかった。
豊富なスタミナを活かし粘り込んだというレース振りのように思う。
サムソンズプライドも同じタイプかと思うが、プリンシパルSでは逃げて上がり3ハロンが34.1というタイムを叩き出している。
現実的に、後方から差してくる馬では末脚で32秒台後半を出さないと届かない計算になる。

こうなるとある程度余裕を持って、アポロソニックを先に行かせてサムソンズプライドが2番手で折り合う形もあり得る。

無理に競り合わないのであれば、平均ペースに近い流れが予想される。
サムソンズプライドの後ろに位置し、4コーナーで先頭に接近し直線で33秒台の末脚を繰り出せる先行馬が有力となるだろう。
短距離は除外するとして、1800m以上のレースで先行して33秒台の末脚の実績があるのは、メイケイペガスター、エピファネイア、ペプチドアマゾンの3頭。コディーノとヒラボクディープは34.0ですが仮で残します。

さて、こうなると皐月賞覇者のロゴタイプが条件を満たさないことになってしまいます。
予想上、でもやっぱり強いと思うので本命、と言うには根拠が乏しいと思いますが、近3走は中山コースで上がりが掛かる競馬場と言うことと、東京コースの1600mでは2歳時に先行して34.0秒を出しているので、コディーノ、ヒラボクディープと同列で残してみたいと思います。

こう予想していても、実際のレースではアポロソニックとサムソンズプライドが共倒れで、後ろからでも十分届くと言うシーンは何度も見てきました。
今まで上がりのタイム自体は平凡でも、末脚強烈な馬が抑え候補になると思います。
となると、京都新聞杯を制したキズナと言うことになりそうなメンバーです。



結論
◎ 9  エピファネイア
○ 12 サムソンズプライド
▲ 8  ロゴタイプ
△ 2  コディーノ
注 7  ヒラボクディープ
× 1  キズナ
× 5  メイケイペガスター
× 16 ペプチドアマゾン
上記8頭と多くなりましたので、買い目を絞っていきたいと思います。

馬連ボックス(15通り)1,2,7,8,9,12
三連複フォーメーション(50通り)1,2,7,8,9,12-1,2,7,8,9,12-1,2,5,7,8,9,12,16


予想結果
一応、本命のエピファネイアからキズナへの馬連が本線で的中しました。
メイケイペガスターが先頭に絡んで行って、サムソンズプライドがつぶれてしまったのが予想外でしたが、まずまずの結果と言うところでしょうか。

3着にペプチドアマゾンが上がっていたら三連複(約250倍)が的中だっただけに、そこだけは惜しかったですね。
残り200m位では、アポロソニックを一旦交わしたというシーンもあっただけに、アポロソニックの粘り腰も見事だったと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/24 10:09 ] 【競馬】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター