デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013交流戦 > 【カープ情報】2013.05.19 広島対ロッテ 交流戦第1戦 中村恭乱調で勝負にならず
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.05.19 広島対ロッテ 交流戦第1戦 中村恭乱調で勝負にならず

2013年5月19日に行われた、広島対オリックスの交流戦第1戦の試合結果

広 島 000 000 000|0
ロッテ 003 120 10×|7

勝 大嶺 2勝1敗
負 中村恭 1勝2敗
S -

【本塁打】井口7号、今江2号

広島はDHにニックを起用してきたが、打順は3番。
全力疾走が出来ない打者を3番起用というのがどう出るか。

ただ今日の試合に関しては、前回制球不安を見せた中村恭の投球内容が重要。
いきなり先頭打者に四球を与える立ち上がりで、送りバントでセカンドにランナーを背負う。
ただ、ここで井口へのインコースのストレートが威力を発揮し、完全に詰まらせ打ち取ったことで自信を持ったような投球に変わった。

しかし、イニングが分かるとまたリセットで最初からやり直し。
2回も先頭から2者連続フォアボールのあと、今度はカーブで見逃し三振を奪うと、江村を併殺に打ち取るというかなり不安定な内容。

さすがに3イニング目、打者二巡目も同じ投球内容では通用せず、ロッテ打線はきっちりと中村恭を捉まえてきた。
先頭のセカンドゴロが大きく跳ね、菊池の頭の上を越えて行く当たりが内野安打となり、送りバントを決められ、タイムリーと本塁打で3失点。

4回にはワイルドピッチで4点目を失い、序盤で試合の流れはロッテに傾く。
これだけコントロールが乱れる投球だと、いくら指名打者制とは言え早めに交代せざるを得ない。

確かに打つことは出来なかったが、今日の試合は中村恭の乱調が全て。
昇格後数試合は好投出来たが、目新しさが失われてきつつある状態では、次回の登板に期待を持たせるほどの内容は残せなかった。

また、ニックに関しては久々のスタメンで、最初の打席ではかなり力んでいた。
個人的には、初スタメンは7番くらいで気楽にと思っていたが、とりあえず1本ヒットが出たので、また一試合見てみたい。
一方、交流戦連勝スタートの立役者中東は、昨日の試合あたりからバットが下から出るようになってきた。
打ち上げるか、当たり損ねの内野ゴロが多くなってきており、一旦立て直す期間が必要な感じだ。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター