デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013交流戦 > 【カープ情報】2013.05.18 広島対オリックス 交流戦第2戦 ニック復帰第1打席【ハイライト】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.05.18 広島対オリックス 交流戦第2戦 ニック復帰第1打席【ハイライト】

2013年5月18日に行われた、広島対オリックスの交流戦第2戦の試合結果

オリックス 100 000 010|2
広   島 000 000 001|1

勝 金子 4勝3敗
負 バリントン 2勝4敗
S 平野佳 1勝0敗8S

【本塁打】坂口3号、川端1号

ニックが前倒しで1軍登録され、福井が登録抹消となった。
福井の不調が第一の理由には違いないが、交流戦に突入し、3試合とも先発がしっかり試合を作っていることで、リリーフ陣に負担がかかっていないことも理由かと思う。

さて先発のバリントンは、3連勝の勢いに乗って行きたいところだったが、初回坂口を1-2と追い込みながら、勝負球が真ん中高めに入ってしまう失投をライトスタンドに運ばれた。

バリントンの投球内容は危なげなく、初回の一発以外はオリックス打線を翻弄していく。

しかし、オリックスの先発はエースの金子。
150キロのストレートで押してくるかと思えば、変化球はコーナーに決まり攻略の糸口が掴めない。
特に緩い縦のカーブが有効に決まり、緩急も自在に使われては狙い球も絞りきれない印象。
ボールが先行していても、5回までは四球もなく、ランナーが出る機会が少ない。
さらにはランナーに出ても進塁打が打てず、強行すれば併殺打。ならばと盗塁を仕掛けると刺されるという状態で手の打ちようがない。

こうなると狙い球を絞って、狙いが外れれば三振、それ以外は長打が欲しくなる展開。
ベンチには丸、岩本、ニックが控えており、終盤の代打攻勢を仕掛けるためには追加点を与えず最少失点差を保っておく必要がある。

しかし第一矢の丸は凡退。

そして、逆に8回に川端のソロホームランでオリックスに追加点が入ってしまう。
今井のスライダーがやや内に入ったところを巧くすくい上げられた当たりだった。

こうなると完全に一発長打のみでしか得点できそうな雰囲気がしてくる中、第二矢のニックが今季初打席を迎えるが、ライフトライに打ち取られる。
ただボールへのコンタクトは悪くなかったことで、指名打者での起用が現実的になってきた。

金子は9回まで無失点で完封目前だったが、1アウトを取った後菊池、中東に連続フォアボール。
ここで金子が降板し、守護神の平野が登板。
そして第三矢の岩本が代打に起用される。

ここで岩本が初球のフォークが落ち切らなかったところをライト前にタイムリーヒットで1点を返し、代打攻勢3度目の正直でチャンスをものにした。

しかし反撃もここまで。
廣瀬、ルイスが連続で三振に倒れゲームセット。
エースの金子相手に先制を許し、追加点を許し、終盤の反撃も1点どまりという試合展開は、オリックスのペースだった。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター