デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013交流戦 > 【カープ情報】2013.05.15 広島対ソフトバンク 交流戦第2戦 ルイス2号本塁打と投手陣の粘りで交流戦連勝スタート【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.05.15 広島対ソフトバンク 交流戦第2戦 ルイス2号本塁打と投手陣の粘りで交流戦連勝スタート【ハイライト動画】

2013年5月15日に行われた、広島対ソフトバンクの交流戦第2戦の試合結果

ソフトバンク 000 000 000|0
広    島 110 000 00×|2

勝 大竹 4勝1敗
負 寺原 1勝3敗
S ミコライオ 1勝1敗7S

【本塁打】ルイス2号

この日のスタメンは、梵と安部が入れ替わっただけで大きな変更はなかった。
昨日7点を奪った要因の一つ、盗塁、走力を使っていこうという意図は感じられる。

初回から両チームにエラーが飛び出す展開で、ここの凌ぎ方が大きく試合を左右した。
ソフトバンクの攻撃では、大竹がとにかく先制を許さないようじっくりと攻め、ボール先行、四球を厭わず無失点で切り抜ける投球を優先した。

カープの攻撃では、寺原の調子の良さ自体もあったのだと思うが、力押しでねじ伏せる投球で失点を防ごうとした。
これが若干の投球の単調さを誘発し、中東が簡単に進塁打を放ち、岩本が犠牲フライを打ち上げた。

1点を先制したが、試合の流れがカープに来るまでは大竹の投球スタイルは変わらず、粘り強い投球を心掛けているかのようだった。

2回にルイスがライトスタンドへライナー性の本塁打を放ちで追加点が入る。ルイスはオープン戦でも同じようにインコースへの変化球をホームランにしており、インコースの捌き方は独特のものがある。
ルイスの本塁打の後、なおもチャンスは続いたが大竹のスクイズ空振りで追加点逃すという展開に加え、3回の攻撃で中東が盗塁を刺されたこともあり、流れを読んだかのように慎重な投球に終始する。

このような投球スタイルでは球数が嵩んでしまい7回途中で交代となったが、リリーフの河内が三振でピンチを切り抜ける。
大竹が先頭を切って河内を労いにベンチから出てくる姿を見ると、頼もしいと心底感じる。

なかなかヒットが出ず、エラーあり、スクイズ失敗、盗塁失敗、送りバント失敗、強行すれば併殺打と良い試合とは言い難い。

それでも完封リレーで勝利を収めることが出来たのは、絶対に点をやらないという大竹のピッチングと、大事な場面で集中して守りきった野手の力がかみ合ったことにある。

河内が左のワンポイントとして役割を果たし、今村のストレートの伸びは上々で内川から空振り三振を奪い、ミコライオは150キロ以上のツーシームが有効に決まり、ソフトバンク打線に自分のスイングをさせなかった。

昨日の試合とは趣きが違うが、苦しみながらも投手陣を中心に守りきったという野球が見られた。
ルイスは打撃の調子が上がってきたことで、ようやく明るい表情をする機会が増えてきたように思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター