デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.05.12 広島対中日 公式戦第8戦 若手には思い切り打たせるに限る【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.05.12 広島対中日 公式戦第8戦 若手には思い切り打たせるに限る【ハイライト動画】

2013年5月12日に行われた、広島対中日の公式戦第8戦の試合結果

中日 010 211 010| 6 広島 100 405 10×|11

勝 河内 1勝0敗
負 田島 0勝5敗
S なし

【本塁打】和田5号、丸2号、菊池3号、堂林2号、谷繁3号

交流戦前の最後の試合、中日の先発はアクシデントで緊急登板となった朝倉。
先頭打者のルイス、菊池に対して制球が定まらず連続フォアボール。
しかし何も手が打てず廣瀬の併殺打でチェンジと思いきや、ショートからの送球をセカンド荒木が落球でオールセーフで1アウト満塁。
もらったチャンスで松山が犠牲フライを打ち上げて1点先制。

さあ今日はどうなると思いきや、2回和田に初球をレフトスタンドに運ばれ、わずか1球で同点。
中村恭のストレートが高目に入ったところを狙われた。
本塁打を打たれた後、中村恭は力が入り過ぎたようなフォームで途端に荒れ球が顔を覗かせ、仕方なく放った変化球は甘く入るという拙い投球内容。

4回3失点という内容以上に、このピッチングでは次回登板も微妙な状況だ。

ただ試合の方は丸の満塁ホームランで一気に逆転したカープが、その後もプロの試合らしからぬプレーもありつつ何とか勝利をものにする。
打のポイントは、ここで1本出れば試合の流れが掴めるかもしれないという場面でタイムリーを放った中東のバッティングだろうか。

試合内容は決して褒められたものではなく、これがいい勝ち方だとは言えないと思う。特に守備面での悪さが出てしまっている。
これは中村恭のリズムの悪い投球が影響している面もある。

ただ、今後の方向性で言えるのは、この日は結果が出たこともあるが若手中心の打線で思い切り打たせれば、勢い良く打ち出す可能性も見せたことが挙げられる。

毎試合のように打順が変わり、求められる役割も毎日変わる。
結果が出ている選手でも、結果が出ていない選手に出番を奪われる。
ベテラン選手であれば、豊富な経験でどんな役割を求められていて、そういう結果を出そうとすることも出来るだろう。
しかし、若手選手では求められる役割を頭では理解できても、実行するとなると気持ちと技術に開きがあった場合には戸惑いも生むだろう。

あと一本が出ない、チャンスで委縮するなどといって選手の責任を追及するのであれば、役割を固定してやり、同じ結果を求め続けて行くもの必要なのではないかと感じた試合だった。

昨日は送りバントを失敗した、その前の日はタイムリーが打てなかった、そして今日は内野ゴロでもいい場面でフライを打ち上げたと、その間の結果だけを指して、何を求めてプレーするのかを考えて試合の臨めと言われても、また違う打順であったり代打出場であったりすれば対応できる選手の方が少ないのではないだろか。









関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター