デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.05.07 広島対DeNA 公式戦第8戦 菊池試練の日【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.05.07 広島対DeNA 公式戦第8戦 菊池試練の日【ハイライト動画】

2013年5月7日に行われた、広島対DeNAの公式戦第8戦の試合結果

DeNA 030 010 111|7
広島  000 012 000|3

勝 井納 1勝4敗
負 前田健 3勝1敗
S -

【本塁打】石原2号

前田健の復帰後2試合目の登板で、初回は3者三振という立ち上がり。
これは点を取られる雰囲気ではないと思いきや、2回に菊池が二つのタイムリーエラーで3失点してしまう。

一つ目のエラーは併殺コースの正面のゴロで、二つ目のエラーは一二塁間の緩い当たりがグラブからこぼれたもの。

さらに4回にもセカンド正面の併殺コースの打球を処理し、セカンドへ送球しようとして手からこぼれるというエラーをしてしまい、これがまたも失点につながった。

打っても5回裏に石原の本塁打の後、安部がヒットで続き少しムードが変わりかけた感もあったが、菊池の打球は併殺打と、今日は菊池にとって厳しい試合となった。

3エラーで計4失点の原因となったが、とてもこの試合中に取り返せるプレーではない。
茫然自失という表情にも見えたが、ただベンチで声を出すことは続けていたし、こういう姿勢は決して無駄にはならない。
前田健も、この試合に関しては菊池のためと割り切ったような降板後の表情だった。

打線の方はと言えば、しばらく当りの止まっていた安部が先頭打者として安打を放つ。
5月に入ってからは、菊池、ルイス、赤松の3人が1番打者として起用されたが、菊池が2本ヒットを打った以外は、ノーヒット。
3人で、計16打数2安打1四球、打率.125、出塁率.176という成績。これでは得点能力が上がるはずはない。

この日の安部は2安打を放ち、打線はやや繋がりを取り戻した感じもあり、また野手陣も菊池の失敗をカバーしようと1点差まで詰め寄るが、ノーアウト二塁の場面で、やはり昨日と同様送りバントを失敗し流れを失う。

そして福井が四球で自滅し、満塁までランナーを貯めた後、押し出しフォアボールを与えて試合を壊しかける。
この最悪の雰囲気の中、何とか試合の形式を保てたのは、河内の好リリーフにある。
今日もワンポイントながら石川を打ち取って、15試合連続無失点、3四球は与えているが開幕から打者23人に対し被安打0を継続。

しかし、この河内の踏ん張りも虚しく、8回から登板の中田が失点を重ね、死球、暴投と荒れたピッチングで止めをさされて試合の大勢は決した。

昨年好相性を誇ったDeNA戦で、今年苦戦している一番の原因は、昨年は相手のミスに付け込んで戦えていた。
それが今年は、ミスをするのはカープの方になっている。
もちろんDeNA側もミスをしているが、それ以上にカープの方が自滅して助けている。
今季の序盤に相手を舐めてしまったツケを払う格好になってしまっているような感じを受ける。

また福井に関しては、1軍に再昇格後、コントロールの改善のため若干脱力してボールを放っているという話だったように思う。
それで140キロ後半のストレートと福井の最高球速からすれば若干落ちるが、コントロールさえ付けば抑えられるという目論みもあったと思う。
しかし、140キロ後半とスピードを抑えてもコントロールが改善されないのであれば、このまま1軍で投げ続けるのは厳しそうだ。
以前も書いたことはあるが、小山田に倣ってサイドスローにする。
というのは極端かもしれないが、思い切った改造・改革がないと何の不安もなく抑え切るというイメージが湧かなくなってきた。

試合中に中畑監督が大笑いしているシーンがあったが、菊池にしてみれば笑ってられない心境だったろうと思う。
ともあれ、菊池にとっては試練の日となったが、一敗は一敗。
今後菊池のおかげで勝てたという試合を何度も見せて欲しい。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター