デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.05.06 広島対DeNA 公式戦第7戦 ソコロビッチ来日初登板【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.05.06 広島対DeNA 公式戦第7戦 ソコロビッチ来日初登板【ハイライト動画】

2013年5月6日に行われた、広島対DeNAの公式戦第7戦の試合結果

DeNA 201 000 000|3
広島  000 200 000|2

勝 三浦 2勝2敗
負 中村恭 1勝1敗
S 山口 4勝1敗6S 

【本塁打】ブランコ17号

今シーズンは、どの投手だろとブランコはホームランを放っているので、中村恭のボールがブランコに通用しないということではないにしても、5月初旬の33試合目で17本塁打というのは統一球導入前まで遡ってもちょっと記憶にないペース。

4回裏に廣瀬と岩本の連続タイムリーで1点差に追い付いた後のイニングで無失点に抑え、攻撃のリズムを生んだ中での5回を3失点という投球はまずまずの内容と言っていいと思う。

7回表には好投の三浦に代打モーガンが送られ、死球で出塁すると、荒波の打席でエンドランがかかる。
ここで荒波はファールフライを打ち上げるが、堂林がファインプレーでスライディングキャッチすると、モーガンは全く一塁に戻る気配を見せておらず、キャッチしたのを見て慌てて戻るが間に合わずダブルプレー。

このモーガンの走塁ミスで流れが来るかと思いきや、カープの方も直後の7回裏に送りバント失敗のあと結局空振り三振で流れを引き寄せることを拒んでしまう。

1点ビハインドの8回表には、来日初登板のソコロビッチが登板。
先頭の内村には事前から伝わっている通りコントロールが定まらずボール先行となるが、この日のストレートの最速は149キロ。
良かった点は、荒れてはいてもボールを置きに行かず攻め続けたこと。
3人目のブランコにはレフト前ヒットを打たれるが、このブランコと続く中村紀にはチェンジアップやスライダーが決まりだし、これでいけば威力のあるストレートが活きるはず。
まずは上々のデビューを果たした。

8回裏には菊池が空振り三振となるものの、高城がボールを弾き振り逃げで出塁し、丸が四球を選び続いた。
しかし、ここでも廣瀬が送りバントを上げてしまい、またも流れを引き寄せることを拒んでしまう。
岩本のセンターオーバーの大飛球を荒波が背走してポケットキャッチされるのも流れの悪さが影響しているのだろか。
2アウトになって、ようやく中東を代打で起用するという作戦を取り、四球を選んで繋いだのは良かったが、堂林がコントロールに苦しむソーサの初球を叩いてバットを折られてショートゴロで3アウト。

ソーサは安部、丸、中東の3人に四球を与えたように左打者へは投げにくそうにしていたのだが、左打者はその中東が最後。

最終回は当然山口が登板してくるが、前回3点差をひっくり返した相手だけに、山口の気合の入り方は尋常ではない。
2試合連続で引っ繰り返せるほど甘い相手ではないので、出来れば8回に同点に追い付いておきたいところだった。
先頭の迎がヒット出て、安部がようやく送りバントを決めるが、決めるのが3度目とあっては遅過ぎる。
捕手以外の野手は梵と一軍登録されたばかりの上本の2人のみという状況で、代打梵でワンチャンスに掛ける作戦しか取れない。
その作戦も失敗に終わり、1点差で試合終了。残っている野手が石原と上本のみでは、手は打ち尽くしたと言わざるを得ない。

確かに後半はカープが押していたようにも見えた。
ただ、7回と8回に送りバントの失敗が1度ずつあり、これが勝負の分かれ目だった。
コントロールに苦しむソーサ対廣瀬の場面、ランナーが菊池と丸の2人。
ここでダブルスチールをチラつかせ、ソーサをもっとねちっこく攻め、多くボール球を奪い取れれば、バントも成功したかもしれないし、あわよくば四球まで持っていけていたかもしれない。
しかし結果は初球送りバントファール、2球目送りバントが小フライでアウト。この間にはソーサは一球も牽制球を投げていない。

こうしてみると、相手は送りバントをさせること自体は嫌がっていなかったのではないかと思える。

と、ネガティブな内容が多くなったが、投手陣は再編の目処が立ち始めた。
先発ではバリントンと、復帰した前田健に加え、中村恭が一応3試合連続で試合は作った。
ここに大竹と野村の復帰が秒読み段階まで来ていること。
今井がリリーフ登板で連投をこなしていくことで先発復帰へのスタミナも何とか目処が立ちそうで、
先発は、前田健、バリントン、大竹、野村、中村恭、今井の6人が揃う。
リリーフには、先発から配置転向となる久本、まずは上々のデビューを果たしたソコロビッチと、巨人からトレードで移籍してきた小野が近々ロングリリーフ枠に入ってきそう。
さらに開幕から被安打0、自責点0の河内がいて、巨人戦でまずまずの投球を見せた中田、出来は安定しないが福井、そして阪神戦でセーブを記録して以降、内容が良化しつつある今村、そして守護神ミコライオという投手が揃ってくる。

先発がしっかりと試合を作れさえすれば、打線もじっくりと落ち着いて相手投手を攻略できるようになりはしないかと、相乗効果を期待してみたい。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター