デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.04.28 広島対中日 公式戦第6戦 中村恭プロ入り初勝利 ルイス先頭打者第1号本塁打
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.04.28 広島対中日 公式戦第6戦 中村恭プロ入り初勝利 ルイス先頭打者第1号本塁打

2013年4月28日に行われた、広島対中日の公式戦第6戦の試合結果

中日 000 000 001|1
広島 301 200 10×|7

勝 中村恭 1勝0敗
負 山内 2勝2敗
S -

【本塁打】ルイス1号、松山2号

中日の先発は、前回カープ戦で8回1失点自責点0の山内。
その山内からヒットを打っていたのは、左打者のルイス、松山、中東のみ。
そのルイスがで来日第1号先頭打者本塁打を放ち先制すると、5番松山もライナーでライトへ第2号ツーランホームラン。
山内のボールは高目が多く、立ち上がりを捉えることに成功した。

昨日はよーいドンで4失点。今日は3得点と逆のパターン。

中村恭の立ち上がりは、先頭の大島に四球を与え、2番の井端はバスター。堂林は送りバントシフトで前進していたため、サードへの強い当たりがグラブを弾き、拾い直したが一塁送球が間に合わなかった。
堂林にエラーが記録されたが、三塁線への当たりを良く止めたと言える打球だったように思う。
結果的に良く無失点で抑えたことで、1回裏の3点に繋がった側面がある。

中村恭のピッチングは荒れ球ながらも中日打線を抑えたが、荒れ球のピッチャーが相手を抑えるには、四球を出しても自分のボールを信じて投げる以外にはない。

それが出来たのも、山内の不調に乗じて先制点を奪い、追加点を奪うことに成功した打線のおかげもある。

両チームとも併殺打が多く、雑な攻撃の印象もあったが、ともかく中村恭は7回無失点でプロ入り初勝利。
おまけにプロ入り初安打も記録し、この試合5打数4安打のルイスと並んで勝利の立役者となった。
ヒーローインタビューでは、自らの投球を評してもっと安心して見ていられるピッチングを、とコメントしていたが、リリーフ陣の登板回数が嵩む中7回まで投げ切って、勝ち投手となった今日の投球であれば、少々四球を出したくらいは気にならず、また見たいと思う。

ルイスは今日で91打席となり、判断の目安となる100打席を前に固め打ちが出た。
これが上昇のきっかけになるのだろうか。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター