デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.04.27 広島対中日 公式戦第5戦 今井復帰登板【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.04.27 広島対中日 公式戦第5戦 今井復帰登板【ハイライト動画】

2013年4月27日に行われた、広島対中日の公式戦第5戦の試合結果

中日 410 000 000|5
広島 001 020 000|3

勝 ブラッドリー 1勝1敗
負 中崎 1勝2敗
S 岩瀬 0勝0敗6S

【本塁打】菊池1号

昨日の試合で監督から名指し批判された栗原がスタメンから外れ、松山が5番起用。
久本にしても、5回を1失点で勝ち投手ながらも、投球数の多さから長いイニングを投げられないのであれば、リリーフ陣の負担を考えると先発からリリーフへ配置転換することも示唆されている。

相手投手の右左があるとは言え、先頭に不振のルイスを起用するのは楽観視し過ぎではないだろうか。
(ホームラン性の大飛球が一旦ホームラン判定された後、ファールに訂正されるという打球はあったが)

カープ先発の中崎は、前回は連投での緊急先発で好投したが、不安材料も混在していた内容。今季は球の威力だけで抑えている印象で、なかなか制球が定まらない。
特に昨日の中日打線が久本相手に待球作戦を取ってきたことを考えると、二試合連続で四球を多く出しては、セオリー的には捉まる確率が高まりそう。
昨日は救援投手が中日の反撃を振り切ったが、先発投手が早めにマウンドから降りれば不利なのは変わらない。

早速先頭打者がヒット出て、2番の井端に四球を与える。
この後も和田にファールで粘られた後、タイムリーを浴びると、5番の森野の2点タイムリーツーベース、谷繁にまた四球を与え、藤井にはライトに犠牲フライを打たれる。

かなり浅いライトフライだったが、ルイスの本塁送球はモーションも大きく山なりのワンバウンドで、森野に楽々生還される。
森野がサードランナーであれだけ浅いライトフライだと、本塁突入はさせないことも考えられるが、躊躇なく本塁を狙ったということは、ルイスの肩を含めた動きの鈍い守備の情報はもう把握されているということになる。
(ルイスは9回にも谷繁のライト前ヒットを、僅かに後逸する拙い守備を見せてしまっている)

この守備の影響があったにせよ、中崎の初回の投球数は45球。あれだけコントロールを乱した久本の初回は28球だった。
4点を失い、30分近くも守備に就き、初回のカープの攻撃は世界記録をも狙おうかという廣瀬が初球を打ち上げて凡退してしまうと、試合の流れはどうやっても中日に傾いてしまう。

中崎は2回にも先頭のブラッドリーに四球を与えてしまい、追加点を奪われ、立ち直れそうもない展開。

試合前には、ファームから福井と骨折から復帰してきた今井が登録されているが、今井は故障がなければ先発ローテの5番手が濃厚だった投手で、先発ローテ再編の期待を背負っているはず。
その今井は3回で降板した中崎の後を受けて登板し、やたらカープだけが守備についている印象の試合を作り直した。

首脳陣もリリーフ陣の負担を自覚してるということで、前日に1軍登録された青木高は1試合も投げずにファーム降格。というのも、今井、福井というスタミナ的に2イニングは投げられるリリーフ投手を上げる必要を感じていたということなのだろう。

ともかくこの今井の好投で、今井と中崎を入れ替えるなどの選択肢も出てきたのではないだろうか。

また、福井も2イニングを投げて無失点で抑えた。スピードのスピードは140キロ後半で降格前とさほど変わっていない印象だが、高目に抜ける変化球は見られず、ストレートも低めに決まっていたので、フォームの修正が出来たようだ。
まだストレートは捉えられてしまっているが、もう少しだけスピードが上がれば復活と言っていいのではないか。

菊池の本塁打と、中崎以降のリリーフ陣の無失点リレーで何とか試合の形は保てたが、2回までに5失点かつ守備時間のあまりの長さがあっては、よく持ち直したなという試合だった。
最後の小窪のショートへの内野安打の場面でセカンドランナーの堂林が三塁をオーバーランしてタッチアウトとなったプレーは、初回からの流れの悪さが最後まで影響してしまったと思って、次の試合に気持ちを切り替えて行く方が良いだろうと思う。

ただ、2013年のキャンプに突入する前の目論みで、1軍の戦力として考えていた今井、福井が戻ってきた。
直ぐにという話ではないかもしれないが、今井が先発ローテに復帰し、前田健がGW後半に戻って来れれば、前田健、バリントン、大竹、今井、久本の先発5人に加え、リリーフも河内、中崎、福井、今村、ミコライオという一応勝ちパターンでの起用を思い描いていた投手が揃う。
野村の復帰時期が遅れそうなのは不安材料だが、まずは投手陣の再編成が急務のカープにとって、一つずつでも戦力が整っていくのは良い材料と捉えたい。

それにしても批判された栗原が代打でヒット、代わってスタメンの松山はノーヒットとなかなか選手起用が上手く嵌らない。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター