デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2011年全球団新外国人】 > 【オリックス】エバン・マクレーン投手の成績
スポンサードリンク

【オリックス】エバン・マクレーン投手の成績

エバン・マクレーン投手の今季の成績だが、3Aで24試合に登板、うち23試合に先発し、8勝7敗、防御率4.45、奪三振率5.00、与四球率1.28、WHIP1.25。
メジャーに昇格して、2試合に登板し、0勝1敗、防御率9.00、奪三振0、与四球1、初登板でサヨナラホームランを打たれ、ほろ苦いデビューとなったようだ。
また、これまでのマイナーでの通算成績は、69勝54敗、防御率4.24、奪三振率6.02、与四球率1.62、WHIP1.30となっている。

今季の3Aでの成績もそうだが、与四球率が先発投手としては、かなり少ない部類で、コントロールに関してはかなりレベルが高い投手のようだ。WHIPも通算で1.30なので、防御率から受ける印象ほど、悪い投手ではないのだと思う。
反面、マイナーでの通算被打率が10.11と若干高いようなので、決め球にもう一ランク上が求められる投手なのかもしれない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オリックスが新外国人としてカージナルスのエバン・マクレーン投手(28)=188センチ、84キロ、左投左打=を獲得することが30日、分かった。先発タイプの左投手で、球団の補強ポイントとも合致。岡田彰布監督(53)も「(補強は)あとはもう1人くらいかな、左ピッチャーで。ピッチャーは何人おってもええ」と熱望していた。年明けにも正式発表される。

 マクレーンはメジャーでは未勝利ながら、マイナーでは主に先発で通算69勝54敗の成績を残している。コントロールが良く、日本向きと判断された。今季は3Aで8勝7敗、防御率4・45、メジャーにも初昇格した。デビュー戦の7月7日のロッキーズ戦では9回同点の場面で登板し、先頭打者にサヨナラ本塁打を打たれるという8年ぶりの珍記録デビューだったが、オリックスでは先発ローテーションの一角を担う存在として期待されている。

 ◆エバン・マクレーン(Evan・Maclane)1982年11月4日、米カリフォルニア州出身、28歳。03年にメッツに入団し、今季はカージナルスでメジャー初昇格。2試合に登板し、0勝1敗、防御率9・00。マイナー通算は210試合、69勝54敗、防御率4・24。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター