デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】石原・白濱捕手の先発投手・リリーフ投手別防御率一覧表(~2013.04.16)
スポンサードリンク

【カープ情報】石原・白濱捕手の先発投手・リリーフ投手別防御率一覧表(~2013.04.16)

2013年4月16日の敗戦で、カープは延長戦では18試合勝ち星がなく、7連敗となったということです。 ようするに延長戦に突入してからは相手に点を奪われるケースが多いということなので、特に失点が増えているだろうと思われるリリーフ投手の防御率を、捕手別に算出してみました。

捕手石原白濱試合勝敗
日付対戦相手先発投手リリーフ投手先発投手リリーフ投手
自責点自責点自責点自責点
3月29日巨人6 1/341 1/30  10
3月30日巨人4    08    1    
3月31日巨人8    11    0  12
4月2日ヤクルト7    11    0  14
4月3日ヤクルト  2    05320
4月4日ヤクルト7    02    0    
4月5日阪神6    16    5    
4月6日阪神        中止
4月7日阪神7    02    1    
4月9日DeNA7 2/321 1/30    
4月10日DeNA8 2/31 1/30    
4月11日DeNA5    43    2    
4月12日中日6    33    1    
4月13日中日8    01    1    
4月14日中日1    45    3  20
4月16日DeNA8    01    1  13
合計89 2/32138    1553896勝8敗1分
防御率2.11 防御率3.55 防御率5.40 防御率10.13


数字からは、先発投手に対してリリーフ投手の防御率が高いのが分かりますが、目立って悪い数字なのは白濱が試合終盤にマスクを被り、リリーフ投手をリードした場合の防御率です。

防御率10点以上というのは、1イニングに1点以上取られる計算になるので、これは厳しいと言わざるを得ません。
試合終盤に失点をすれば敗戦に繋がる可能性が高いのは間違いなく、白濱の出場試合は全敗しているのも決して偶然ではなく、数字が物語っています。



2013年からは3時間半ルールが撤廃され、延長戦のイニングが増えることは事前に予想されており、リリーフ陣の登板回数も増えてきます。
また延長戦に突入した場合は、勝ち越すためにスタメン捕手に代打を出す作戦も増えてくるでしょう。
ただ、代打を出して得点したとしても、それ以上の失点をする可能性を残したままではチームが成り立ちません。

現状のカープは、打撃が好調なことに加え、先発投手は4人まで内容が良いピッチンが続いています。
さらにセ・リーグは巨人以外が団子状態のため、取りこぼしたと言える試合があっても、まだ何とかなる勝敗だと思います。
しかし、勝てる試合を確実に勝っておかないと手痛いダメージとして残るのは、ここ数年の終盤戦での失速が物語っています。

対延長戦用のプランが欲しいところです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター