デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.04.13 広島対中日 公式戦第2戦 エースの貫録で借金返済【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.04.13 広島対中日 公式戦第2戦 エースの貫録で借金返済【動画】

2013年4月13日に行われた、広島対中日の公式戦第2戦の試合結果

広島 200 010 120|6
中日 000 000 001|1

勝 前田健 2勝0敗
負 大野  0勝3敗
S -

【本塁打】広瀬2号

中日先発の大野と前田健の投げ合いは、2012年8月7日(浜松)に一度実現しており、この時は大野が投げ勝っている。
その時は谷繁とのバッテリーだったのが、この日の捕手は田中という違いがある。

大野の投球はストレートのキレもあるし、低めに決まった時の威力は十分だった。
ただ、時折高目に抜けたり、捕手の構えよりも若干甘く入ってくることがある。

カープ打線は初回に2点を先制するが、広瀬のタイムリーも梵のタイムリーも、決め球が甘く入ってきた。
それまでは決して悪いボールではなかったが、今のカープ打線は甘い球を一撃で仕留める集中力がある。
昨年の対戦では3三振を喫しているエルドレッドも、レフト前ヒットで繋いでいる。

さらに昨日勝ち越し本塁打を放っている松山と、タイムリーを放ったルイスをスタメンから外し、3番広瀬、5番梵7何栗原という打順を組んだ。
梵の5番については、2012年のチーム打点王という成績から、今期はランナーを帰す役割を担ってもらっても面白いと思った時期もあっただけに、梵の5番が機能したのは今後に繋がりそう。

結局この3人が揃ってマルチヒットを放ち、中堅からベテランと呼ばれる選手が久々の起用に応えた格好だ。

カープ先発の前田健も、ストレートの威力と変化球の切れが抜群で、コースは若干甘いながらも中日打線は早いカウントから手を出すことが出来ないでいた。
好調のルナが前田健から2本のヒットを放ったが、その他の選手はノーヒットと、全く危なげない投球だった。
あえて気になる点を探すとすれば、コースが若干甘いことでファールを打たれ、球数が嵩んだことくらい。

9回には代わって登板の横山がルナにタイムリーを打たれ1点を返されるが、クラークへのワンポイントで登板した河内がしっかりと抑えて試合終了。

盗塁を決めた菊池、丸といった若手の機動力+中堅・ベテラン選手のタイムリー。
そしてエースの安定感抜群のピッチング。
この試合内容であれば、天敵ナゴヤドームでの中日戦でも安心して試合を見ていられた。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月17日・・・30%
9月16日・・・20%
9月18日・・・20%
9月14日・・・10%
9月21日・・・10%
9月13日・・・3%
9月22日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月22日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター