デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.04.12 広島対中日 公式戦第1戦 松山の勝ち越し本塁打で中崎プロ入り初勝利【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.04.12 広島対中日 公式戦第1戦 松山の勝ち越し本塁打で中崎プロ入り初勝利【動画】

2013年4月12日に行われた、広島対中日の公式戦第1戦の試合結果

広島 000 003 020|5
中日 101 001 100|4

勝 中崎 1勝0敗
負 武藤 0勝1敗
S ミコライオ 0勝0敗3S

【本塁打】エルドレッド2号、松山1号

今季初めての中日との対戦だが、ナゴヤドームでの試合となれば点が入らないことを念頭に置いておかないといけない。
特にカープは中心打者の調子が今一つで打線の繋がりに欠けている。
その重要な打順は、初めて丸を3番に起用し、1番には安部を起用。不振のルイスを7番に下げてきた。

先発の久本は、古巣中日との対戦で力みがあったのか、コントロールを乱したところを中日打線に付け込まれ、初回に1点を失う。
ただ、これで落ち着きを取り戻し2回以降は丁寧なピッチングが出来た。
それでもナゴヤドームでの中日の攻めは実にねちっこい。
派手に打って来られるわけではないが、気が付くとランナーを進められている。

カープ打線が6回表に堂林のタイムリーで同点に追い付き、不振だったルイスにタイムリーが出て逆転しても、簡単に追い付かれる展開は、精神的なダメージを与えられているようで、見ていてしんどいものがある。

7回からでないとリリーフ陣が投入しにくいカープは、久本を6回まで引っ張り同点に追い付かれるが、6回終了時点で同点という展開は良く凌いだなという印象の方が強い。

リリーフの中崎は中日打線というより、中日の攻め方にプレッシャーを感じているようで、どの打者にも嫌がって投球している雰囲気に見えた。
敬遠1つを含む3つの四球で満塁のピンチを背負うと、谷繁にもボール先行で苦しいピッチングの中、2-1から押し出し四球が頭をよぎったかのような甘いスライダーを投じ、タイムリーを浴び勝ち越される。
ただ、久本にしても中崎にしても、点を取られた後のピンチはしっかり抑え、最少失点で凌いだのが大きかった。

8回1アウトから登板してきた中日の武藤から、エルドレッド、松山の2者連続ホームランで再度勝ち越しに成功した。
武藤の投球が逆球でど真ん中に入ったところを完璧に捕らえたエルドレッドと、変化球が高目に抜けてきたところを捕らえた松山。
失投と言えるボールだったが、これまではミスショットが多かっただけに、一撃で仕留めた本塁打は価値がある。

そして、8回表に勝ち越したことで8回今村、9回ミコライオの必勝リレーが成立。
今季、リードしている場面で8回今村、9回ミコライオの継投が決まったのは、4月4日の対ヤクルト戦の1回しかない。

イニング途中からの登板では、前の投手が残したランナーを帰してしまったりということがあったが、この投手リレーの能力を最大限活かすには、やはり1イニングずつ任せるという状況が最適だろうと思う。

満点の投球ではなかったかもしれないが、中崎にはプロ入り初勝利が記録された。それも1点を失った後も集中力は切らさなかったことが活きている。
例年、良いところまで行っても最後は中日に交わされて敗戦という試合を見てきただけに、接戦を勝ち切った試合は満足度が高い。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター