デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2013公式戦 > 【カープ情報】2013.04.05 広島対阪神 公式戦第1戦 こんな試合に誰がした【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.04.05 広島対阪神 公式戦第1戦 こんな試合に誰がした【ハイライト動画】

2013年4月5日に行われた、広島対阪神の公式戦第1戦の試合結果

阪神 001 000 401 001|7
広島 320 000 001 000|6

勝 久保 2勝0敗
負 江草 0勝1敗
S -

【本塁打】鳥谷1号、福留1号

カープは今季初めて2試合連続で同じスターティングオーダーで試合に臨んだ。
打てないながらも、オープン戦を通して一番得点を取れる確率が高いオーダーを模索しある程度の目処は立っていたのに、開幕してみればそのオーダーを変更し、結局は元の形にようやく落ち着いたという感じだ。

そして、このスタメンが期待に応えた。
初回から菊池のヒット、丸のタイムリーツーベース、ルイスのライト前タイムリーヒットと三連打で2点を奪い、さらに梵の犠牲フライで計3点を先制する。

この流れを生んだのは、先発の久本が丁寧な投球で初回の阪神の攻撃を0に抑えたことにある。
昨日の初勝利の良い流れも、相手に先制を許したのでは止まってしまう。

先発が抑え、打撃が応える。となれば良い試合内容と言っていいだろう。
こうなると作戦も決まり始め、2回にも四球で出た堂林がセカンドに単独スチールを決めると、送りバントで三塁に進んだ後、今度は一塁ランナーの菊池とダブルスチールを決め、ホームスチールで1点をもぎ取る。

2回までに5点を奪ったことで、久本は先発としてはプロ入り初勝利の権利を得た。
さすがに5回には大きなピンチも背負ったが、動じることない姿は、先発経験の有無ではなく今までの積み重ねが活きているのだと感じた。
結局、プロ入り最長の6イニングを1失点という投球で締め、マウンドを降りた。

ただ、その間に追加点が奪えないという状況の中、2番手で登板した福井が阪神打線に捉まった。
前回登板時も大量失点してしまっているが、この日は追い込みながら勝負球が高めに浮いたところを連打される。
そして、代打桧山の場面では、ワンバウンドした投球がホームベースに当たり高く弾むというワイルドピッチで1点を返される。
とにかくワンバウンド投球が多く、ストライクになるコースはほとんどベルトの高さ。
5対1の場面で登板したが、1アウトしか取れず5対3と詰め寄られてしまった。
この投球内容では、開幕前の構想であったセットアッパーどころか、勝ちパターンの7回を任せるのは難しいだろう。

この福井の乱調で、7回は福井、横山、河内、今村と4人の投手を継ぎ込むことになった。
今村もイニング途中からの登板で新井良にタイムリーツーベースを浴び、これで同点となり久本の勝ち投手の権利は消えた。
イニング途中での登板では、開幕戦でも脇谷に逆転2点タイムリーツーベースを浴びており、さらに対新井良となると2012年9月2日の試合でサヨナラツーランを打たれている。
正直にストレート勝負に行ったのを狙われてしまった感じが強い。

また先発復帰2戦目の栗原はセンター前に抜けそうなゴロを西岡に好捕されるなど、昨日から良い当たりがヒットにならないケースが続いている。
7回に同点に追い付かれたその裏の攻撃。
阪神ベンチは2アウト2,3塁の場面でエルドレッドを敬遠して、満塁の状況で栗原との勝負を選択。
ここでは安藤のストレートに差し込まれてセカンドフライに終わってしまう。

そして8回表に2イニング目のマウンドに登った今村は、珍しく制球が定まらない。
ストレートは高めに浮き、フォークは投げた瞬間低めに外れるなど軸になるボールがなく苦労する。
そうなると残るはスライダーのみが決め球となり得るが、やはりそのスライダーを決め球に選択するようになってから、ようやくストレートが活き始めた。
僅か2人の打者の間に今村のストレートが甦ったのは、石原の力が大きい。

最終回にはミコライオが登板するも、先頭の鳥谷にホームランを打たれ、5点リードからついに勝ち越された。
ミコライオは2012年の対阪神戦では、37打数4安打、打率.108、被本塁打1、防御率1.59と相性は良かった。
ただ、その4安打中2安打を放っているのが鳥谷で、唯一本塁打を打たれているのも鳥谷だった。 さらに言えば、今村も2012年の対阪神戦では、45打数9安打、打率.200、被本塁打1、防御率1.32。 唯一本塁打を打たれているのが新井良だった。

今村対新井良、ミコライオ対鳥谷。
相性だけの問題ではないのは承知の上だが、昨年相性の悪い打者といきなり対戦となるような投手起用になってしまったのは、この試合に関しては致命的になってしまった。

しかし、9回裏には心臓に悪い同点劇が起きる。
簡単に2アウトを取られた後、丸、ルイスの連続四球の後、エルドレッドがセンター前ヒット。
2アウトなのでセカンドランナーの丸は楽々ホームインなのだが、1塁ランナーのルイスが三塁を狙ってタッチアウト。
際どいタイミングと審判のゼスチャーのせいで、ホームインよりもルイスのタッチアウトの方が早く、得点が認められずゲームセットかと思いきや、丸のホームインの方が早いという判定で同点に追い付く。

ミコライオに代打が出されたことで、同点後は中崎が登板。ライナーゲッツーで助けられたにもかかわらず、投手の久保に四球を出すなど、内容は良くなかったが結果的に無得点に抑えた。
ただ、11回歌の先頭打者中東のツーベースの後、菊池が送りバントを失敗すると悪い流れが訪れる。
11回裏が無得点となると、12回表に登板した江草が福留に勝ち越し本塁打を打たれ、今度こそ力尽きた。

こういう逆転負けの試合は年間何試合かはある。正直忘れるしかない。
ハイライトを見ていると、今日の前半はこんな試合だったかなと思ってしまった。



[高画質で再生]

2013.04.05 広島対ヤクルト ハイライト

関連記事
スポンサーサイト
ニックネーム変更で今年も言わせてもらいます。
昨日の試合、やってしまいましたね、やはり今年は後ろの投手力が弱い、今となっては昨年のドラフトで即戦力投手を獲得しなかったことも痛いですね。それとルイスですが、あの程度なら松山廣瀬で充分に対処可能かと、ソコロビッチと入れ替えはどうでしょうか。福井はオープン戦終盤からの不安が解消されませんし、厳しいですね。
[ 2013/04/06 08:17 ] [ 編集 ]
中崎にリリーフに入って貰わないと壊滅しそう
鯉言さま、改めてよろしくお願いします。
確かにルイスの三振はがっかりさせられたり、守備での緩慢な動きには残念な思いがします。
ソコロビッチの場合、ウエスタンでは荒れ球で抑えてはいるものの、もう少し信頼出来るまで1軍に上げても勝ちパターンの継投には入って来れない気がします。
ルイスが調子を上げてくるまでは、私としては松山廣瀬というよりは、ウエスタンで4割打っている天谷と競争しても良いのではと思います。
やらかし系の選手だけに、1年間打線や守備でチームを引っ張れる存在には厳しいかもしれませんが、短期間1番バッターとしてなら機能するのではと思います。
2番では持ち味が消えたとして1番で起用されている菊池にしても、大振りして出塁出来ないのであればやはり2番で繋いで、天谷(ルイス)、菊池、丸、エルドレッド、栗原という並びで、天谷とルイスは競争という感じもありかなと思っています。
もっともルイスの場合は、もう少し選球眼が良くなって来ないと1番では起用しにくいかもしれません。
ただ、最も慣れ親しんだ打順であれば、気分的には楽になることも考えられます。

それと相次ぐ中継ぎ起用で先発機会が失われつつある中崎を、永川が戻ってくるまでの限定リリーフとして、6番手の先発には武内を推してみたいですね。
福井は次回登板ではあっさり3人で抑えるかもしれません。でも多少コントロールを犠牲にしても球威で抑えるという前提があってのリリーフ配置にも拘わらず、球威不足で通用しないというのであれば、何か思い切った変化が必要なのかもしれません。
サイドから150キロを投げていた小山田が頭を過ぎりましたが、余談ですね、これは。
[ 2013/04/06 11:27 ] [ 編集 ]
こんにちは
ソコロビッチは建前上サファテ以上の働きを期待してとったはずですが(苦笑)
と言うのはおいておいて、そこに入ってくるはずだった福井がコレでは厳しいですね
良い意味で誤算だった永川さえ無事だったら…と思いますが

ルイスも厳しいですが流石にまだ少し様子を見るでしょう
丸と被るのもあるでしょうが、去年くらいから天谷にかけられている期待が薄くなっているような気が…
9番継承が期待されたあのころが偲ばれますね(涙)
[ 2013/04/06 13:11 ] [ 編集 ]
Re: こんにちはソコロビッチは
福井がファーム降格となり、やはり中崎はリリーフに回るようです。
7回を河内、横山、中崎で補い、谷間の先発とロングリリーフ枠で戸田が1軍に合流するようですね。

やはり福井は再調整となりましたか・・・
[ 2013/04/07 06:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター