デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】2013.03.20 広島対阪神 オープン戦 永川スライダーを温存?【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.03.20 広島対阪神 オープン戦 永川スライダーを温存?【ハイライト動画】

2013年3月20日に行われた、広島対阪神のオープン戦の試合結果

広島 300 000 001|4
阪神 000 101 000|2

勝 中崎 1勝0敗
負 白仁田 0勝1敗
S 永川勝 2勝0敗1S 

【本塁打】なし

【広島】中崎-横山-ミコライオ-永川勝
【阪神】白仁田-安藤-二神-藤原-川崎-鶴

今のカープの得点源の菊池、丸、ルイス、エルドレッドの並びに、5番には松山を起用。
早速1回から菊池、丸、ルイスの3連打で1点を奪うと、エルドレッド凡退の後、松山のフェンス直撃のタイムリーツーべスなどで2点を追加する。

先発ローテ入りに説得力を持たせるべく、中崎がこれまでの内容よりはかなり良化した投球で阪神打線を抑えて行く。
4回には安部のエラーでピンチを広げてしまうが、この安部のエラーはゲッツーコースの打球がセカンド塁審の股間を抜けて、安部の視界を遮ったためトンネルしたもの。
続く新井良太にタイムリーを打たれてしまい、さらにピンチが拡大するものの、後続は落ち着いて討ち取った。

今日の中崎は、右打者のインコースへのツーシームが有効に決まり、これまで課題だった左打者へも低めに球が集まり、この内容であれば先発ローテ入りが確実となるだろう。

雨の中での試合ということで、ミコライオもマウンドで脚を滑らせるシーンがあったり、ルイスが内野ゴロの走り出しで脚を滑らせて一塁への走塁をやめてしまったり、代打でヒットを放った前田智が一塁まで滑らないよう慎重に走っている場面が見られたが、とにかく選手層の薄いカープはこれ以上の故障者は避けたいところ。

ミコライオは徐々に調子を上げてきた印象はあるが、今日の試合では昨年のような150キロ以上のツーシームという凶悪なボールが見られず、150キロは出ているが普通のストレートが多かった。
ひょっとしたら、雨でボールが滑るなど、変化させにくい気候状況だったのかもしれない。
最終回には永川が登板。投げるたびに評価が上がってきている永川だが、スライダーを覚えたことで投球の幅が広がったという側面が大きい。
ただ、この試合では、先頭の森田をストレートで討ち取った後は、ほとんどがこれまでの代名詞であるフォークで討ち取った。
セ・リーグの阪神相手だけにスライダーを隠した投球なのでは、と思った。
もっとも、阪神も福留、西岡、コンラッドといった新戦力が出場してないので、お互いさまといったところかもしれない。

もったいなかったのは、久しぶりに堂林にヒットが出て、セカンドランナーの赤松が本塁で憤死したシーン。
レフトからの返球が一塁方向に逸れているのに、赤松は一塁側へ進路を取って、タッチアウト。送球と体を重ねる目的だったのは間違いないところ。
ただ、本塁後方で走塁方向の指示を出すべき次打者の石原が、指示を出すのが遅れたために見えた。
それだけ赤松の脚が速いということと、一瞬の判断のことなので無理もないことかもしれない。
これは推測でしかないが、次の回から捕手が白浜に交代するのが決まっていたと思うので、プロテクターを付ける準備をしなくて良いのであれば、しっかり試合に集中できるのではないかと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター