デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】2013.03.17 広島対楽天 オープン戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.03.17 広島対楽天 オープン戦

2013年3月17日に行われた、広島対楽天のオープン戦の試合結果

楽天 020 000 030|5
広島 000 200 000|2

勝 則本 2勝0敗
負 福井 1勝1敗
S 小山 0勝0敗1S 

【本塁打】マギー1号

【楽天】則本-星野-小山
【広島】久本-永川勝-菊地原-福井-ミコライオ

広島の先発、久本は2回にマギーに特大のホームランを打たれるが、ボールが先行しても四球は出さないだろうなと言う安定感があった。
絶対的な抑え方をするというよりは、5~6回を3失点以内に抑えるというイニングイーターとして、ローテーションの5番手であれば十分な働きは期待できそうな内容だったように思う。

ただカープの勝ちパターンは、相手に先制を許さず、終盤まで最小得点を守り、セットアッパーとクローザーに直接つなぐというもの。

好投していても、登板の度に無援護が続き調子を崩していっても不思議ではない。
相手に点をやらない、完封リレーでしか勝てないという状態が長く続くこともあり得る打線だけに、辛抱して投げられるかがポイントとなりそう。

またリリーフ陣は明暗が分かれた。福井は良い時と悪い時の両面が出てしまい、永川は福井に取って代わろうかという勢いが出てきた。
菊地原も、1軍左腕に久本、江草、河内という好調の投手がいるだけに、しばらくはファームで調整することになりそう。

打線では、栗原が股関節に故障を抱え離脱した。
栗原は打席での雰囲気も感じられない内容が多く、例年通り開幕からしばらくは打線の中心として考えにくい状態だろうと思う。

現段階で、丸、菊池、ルイス、エルドレッドの4人が打線の中心になりそう。
栗原の離脱と堂林、石原の不振で5番以降の打順が苦しくなった。

7番堂林、8番石原と言う並びは、打てなくても守備位置の関係で固定されるだろうし、栗原は開幕スタメンは厳しそうと言う情報もある。
そうなると、梵を5番と言うオプションもあるのではと思う。
オープン戦では松山を5番として起用するケースが多いが、エルドレッドがファーストを守ることで、レフトのポジションが空けば、一気に競争相手が増える。
鈴木将、迎あたりが当面のライバルになってくるが、相手投手の右左でスタメンを代わるとなると5番に鈴木将や迎というスタメンは考えにくい。
3番丸、5番ルイスというオーダーも試しているが、昨年チーム打点王の梵にランナーを返す役割を託してもいいのではないかと思う。

安部もオープン戦後半から調子を上げてきて、打率.333とチームでも上位の打率を維持している。
ただ、セカンドショートが埋まってしまえば出番が失われるが、練習試合ではレフトの守備にも就いている。
安部がレフトで出られるようだと、打線は1番から6番までは繋がりそうだが、あまり現実的ではないだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター