デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】2013.03.14 広島対巨人 オープン戦 永川3者連続三振【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.03.14 広島対巨人 オープン戦 永川3者連続三振【動画】

2013年3月14日に行われた、広島対巨人のオープン戦の試合結果

巨人 100 000 010|2
広島 000 000 010|1

勝 菅野 1勝0敗
負 大竹 1勝1敗
S 江柄子 0勝0敗1S

【本塁打】なし

【巨人】菅野-福田-野間口-江柄子
【広島】大竹-永川勝-岸本-福井-ミコライオ-横山

最近の敗戦パターンとも言える、4番エルドレッドが不発だと点が入らないという試合内容。
エルドレッドがというより、安部の2安打がカープの全安打なのだから、点が入らなくて当然といえば当然。
全く打てなくても、四球から盗塁を決めてチャンスを作って、堂林の犠牲フライで1点を取ったのだから、一応足を絡めて攻撃出来ていると捉えておきたい。

安部の打率はいつの間にか3割を超えてきており、状態によっては菊池と2番を入れ替わるという状況も考えられる。

投手では、大竹の順調な仕上がりと、永川の安定感が目立った。
永川はこれで5試合目の登板となり、7イニングで自責点0、奪三振10、与四球2で、奪三振率12.86、与四球率2.57という数字が残っている。
新球のスライダーに対して、他球団の打者の対応が追い付いていない状況だとは思うが、負担の大きい投球フォームではなくなったことで、2イニング投げることも問題はなさそう。

後は、守備で失点に直結するようなエラー数が増えてきているので、開幕前に再調整する必要があると思う。
エルドレッドは打球を後逸したり、2試合連続の拙守で疲れが出てきているのかもしれない。

気になったのは、福井のオーラが弱くなってきたような感じがする。
セットアッパーとしてやっていくんだという気迫のようなものを感じていたが、4四球を出してしまった後のこの試合では、淡々と投球していたように思えた。
それで抑えてしまうのだから、無駄な力が入らなくなってきている、というのであれば問題ないと思うのだが、どうだろうか。
同じく7回に登板してきた巨人の福田に3者連続三振というのを見せつけられたから、比較としてそう思っただけかもしれない。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター