デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】2013.03.09 広島対DeNA オープン戦 栗原骨折の可能性大
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.03.09 広島対DeNA オープン戦 栗原骨折の可能性大

2013年3月9日に行われた、広島対DeNAのオープン戦の試合結果

DeNA 011 000 000|2
広 島 201 000 12×|6

勝 バリントン 3勝0敗
負 国吉 0勝1敗
S -

【本塁打】ブランコ1号

【DeNA】国吉-藤井-富田
【広島】バリントン-ミコライオ-横山-河内-福井-岸本

試合前の練習中に、ノックのボールが栗原の鼻を直撃して、鼻を骨折するというハプニングが発生。結局試合も欠場することとなった。

初回から2点を奪ったカープ打線ではあったが、四球2つと菊池のヒットで満塁のチャンスをつかみ、松山はセカンド正面のゴロで併殺という当たり。
ここでイレギュラーして高く弾んだためにセカンドへの送球が遅れ併殺崩れの間の1点。
エルドレッドのセカンドへの併殺阻止のスライディングも見事だった。
その後はワイルドピッチにより1点を追加したが、DeNAバッテリーは直前にもサイン違いの投球をしたりと、かみ合っていなかった印象。
3回にもルイスに四球を与え、ルイスが二盗し、その盗塁の際のセカンド悪送球の間に三塁に進塁。
そして松山のレフト前タイムリーで1点追加と、先日の菊池の盗塁と同様、積極的な走塁が点に結びついている。

バリントンは失点が嵩んだが、ブランコにはノーツーからアウトコース高めのストライクコースのボールを投じ、しっかり弾き返されたり、抜け球や甘いコースも多く、コントロールが安定しなかった。
とは言え、結果的に4回を2失点なので、まずまずといった結果だと思う。

リリーフ陣は無失点リレーを見せたが、コントロールに苦しんだ投手が多かった。 ただ、モーガンが欠場し、4番のブランコ、5番のラミレスが試合途中で交代となって以降は、投手陣へのプレッシャーも全く違ったように思え、内容は良くなかったが結果的に失点しなかったという投手もいたように思う。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター