デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】2013.03.05 広島対ソフトバンク オープン戦 野村は順調な仕上がり【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.03.05 広島対ソフトバンク オープン戦 野村は順調な仕上がり【動画】

2013年3月5日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の試合結果

ソフトバンク 000 030 010|4
広    島 000 000 000|0

勝 山中 1勝0敗
負 横山 0勝1敗
S -

【本塁打】松中1号、柳田1号

【ソフトバンク】山中-五十嵐-山本-金澤-江尻-甲藤
【広島】野村-ミコライオ-横山-河内-福井-岸本



ソフトバンクの先発は、ルーキーの山中。
アンダースローの山中に対し、4回で3安打無得点だったが、3安打は左打者の安部、丸、ルイスが放ったもので、右打者は壊滅と言う状態だった。
丸、菊池、ルイスという1~3番はオープン戦でのカープを見ると一番しっくりくる打順で、この3人は機能していた。
ただ、これまで好調だった4番のエルドレッドが封じられると、得点能力は一気に低くなってしまうのがよく分かった試合だった。

投手では、野村がオープン戦初登板となったが、内容は良かったように思う。
故障明けのミコライオも、それなりという状態で、少なくとも開幕には間に合ったなと言う投球が出来ていた。
横山は球威不足ですね。もっともストレートのスピードで抑える投球はしなくなっているので、今後どこまでキレを取り戻せるかと言ったところでしょうか。
河内も対左打者という投球では、リリーフ陣の中でも安定しています。久本が先発候補となっている現状では、1軍当確と言ってもいい出来かもしれません。
福井もボールそのものは、オープン戦に帯同しているカープの投手の中では1,2を争う威力がありそうです。
セットアッパーを勝ちとるには、とにかく安定感が必要ですね。
ただ、柳田に打たれたホームランは、コントロールが定まらなくなったところで、ストレートを狙い撃ちされたような感じもあり、この辺りはバッテリー間での調整が必要そう。
岸本は、リードされた展開で気楽に投げられれば、これくらいの投球は出来る投手だけに、いつも通りといったところでしょうか。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター