デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】2013.03.02 広島対中日 オープン戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.03.02 広島対中日 オープン戦

2013年3月2日に行われた、広島対中日のオープン戦の試合結果

広島 000 001 000|1
中日 000 000 000|0

勝 永川勝 1勝0敗
負 伊藤 0勝1敗
S 中田 0勝0敗1S

【本塁打】なし

【広島】大竹-中崎-永川勝-戸田-河内-中田
【中日】吉見-大野-伊藤-山井-ブラッドリー-田島



投手陣が踏ん張って完封リレーで勝利をおさめたが、6投手合計で8四球1死球と、エラーも絡み試合内容としてはお粗末。

ただ中日の打者は、WBCに参加している井端と、クラークが出場しなかった以外はほぼフルメンバー。
そのメンバーを相手に4安打しか許さなかったのは、ぎりぎり良かったと言えなくもない。
仕上がり途上の大竹については、四球の数はあまり気にしなくてもいいとしても、中崎は1イニングでヒットと2四球で満塁のピンチを作っている。
結果的に併殺打で切り抜けているが、シーズンであれば単純な強攻策を仕掛けてきていたかは分からない。 オープン戦で2年目の高橋周平だからそのまま打たせてきただろうから、打ち取ったとはいえ、まだ中崎は本調子と言える段階ではないのではと思う。

これは永川勝も同様で、登板していきなり7番8番に対して二者連続四球で、9番が打者が山崎でなかったら送りバントのケース。
そう考えると、戸田、河内は内容を伴う結果を残した。

中田も、安部がセカンドフライ落球、自身のベースカバーの遅れで内野安打を許し、ガタガタになりそうな場面でも後続を討ち取った。
実戦形式での無失点も継続中で、内容はともかくもう少しチャンスは与えられそうだ。

打線は相変わらずヒットも少なく、得点が入らないが、安部に久々にヒットが生まれ、紅白戦、練習試合、オープン戦を通じて得点パターンとなっているエルドレッドのタイムリーで得点を挙げた。
栗原もヒットこそ出ていないが、調子自体はまずまずでヒットが続けて出てくるようになるまでは、菊池、丸、ルイス、エルドレッドを軸に打線を組んでいくことになりそう。
また、徐々に調子が上がってきたのが堂林で、オープン戦2戦目の対日本ハム戦から打席での内容が良くなってきており、これが持続できるかで当面の得点能力が変わってきそう。

関連記事
スポンサーサイト
お久しぶりの投稿です
いつも楽しく拝見しております。

今年初めての投稿をさせていただきます。
OP戦ここまでは、いい結果がでており期待が高まりますね。

今日は、昨年は皆無だったHRでの逆転勝ち。
苦手中日から勝ちが拾えるようになるとAクラスは期待大ですね。
[ 2013/03/03 22:07 ] [ 編集 ]
Re: お久しぶりの投稿です
ごんのすけさま、コメントありがとうございます。
個人的には対中日のキーマンは、大竹投手だと思っています。
2012年は中日戦3勝0敗、防御率0.00(うちナゴヤドームで1勝0敗、防御率0.00)
2011年・・・中日戦登板なし
2010年・・・中日戦登板なし
2009年・・・中日戦3勝1敗、防御率1.71(うちナゴヤドームで2勝0敗、防御率0.96)
と、好相性で昨年も中日からは何故か苦手としているというコメントもありました。
ナゴヤドームで4点取ったのは、昨年はたったの1回しかなかったので、隙を突いて1点でも多く点を奪う野球は必要だろうと思います。
今シーズンは中日戦でも楽しめるといいですね。
[ 2013/03/04 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター