デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2013 > 【カープ情報】ソコロビッチ、初ブルペンでの投球フォーム動画、摂津との対比
スポンサードリンク

【カープ情報】ソコロビッチ、初ブルペンでの投球フォーム動画、摂津との対比

広島カープの新外国人投手、ミゲル・ソコロビッチの投球フォームが、ソフトバンクの摂津と似ているという話題が出ていた。

メジャー時代の投球フォームを見ても特に変化はないようで、以前から同じフォームということになる。
参考動画:【カープ情報】ミゲル・ソコロビッチ投手の成績

ただ投球フォームが似ているからと言って通用するわけではなく、投球内容やボールの質が重要になるには違いない。
2010年のドラフト3位の岩見投手も、春のキャンプでは(ソコロビッチとは異なる)独特のフォームから打者からボールが見えづらいと、期待を背負った時期もあったが、やはりコントロール難によって思うような投球が出来ていない。

ソコロビッチはストレートの最速が150キロで、スライダー、チェンジアップを織り交ぜた投球を見せるタイプで、サファテやミコライオに比べるとこじんまりとした印象を持っていたのだが、リリーフで奪三振率10個超を記録してきたのは、この投球フォームも武器になっていたということなのだろう。









関連記事
スポンサーサイト
外国人枠
春キャンプのこの時期は例年楽しいですね、こんばんは。

まだソコロビッチのコントロールがどの程度か確認していませんが、球種を見るに楽しみな一人です。

ただ外国人枠を考えると順当ならバリ、ミコ、エルド、ルイスの4人ゆえに彼にチャンスが回るのか謎ですね。
[ 2013/02/06 22:09 ] [ 編集 ]
Re: 外国人枠
dyson13様、こんばんは。

ソコロビッチについては、当面はバリントン、ミコライオに次ぐ立場には違いないでしょうね。
(ソコロビッチのこれまでの成績は、数字上サファテやミコライオよりはコントロールに不安がなさそうに思えます)
ただ、この2人が万全で出番が回って来ないのであれば、それはチームとしては良いことなのかもしれません。

ミコライオについては、セットポジションに明確な課題が残ったまま2012年のシーズンを終えてしまったため、各球団がさらに対策を練ってくるのは間違いないところだと思います。

ランナーを出さなければ無双投球を見せる反面、ランナーを出すと脆さもある投手を1年間だましだまし起用していくか、それともデータの少ない三振の取れる投手を思い切って起用するかということになると思いますが、2人で1シーズン乗り切るという作戦もありかなと思っています。
[ 2013/02/06 22:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター