デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【プロ野球】 > 【国際強化試合】2012.11.18 日本対キューバ 第2戦 試合結果 堂林三塁打でデビュー
スポンサードリンク

【国際強化試合】2012.11.18 日本対キューバ 第2戦 試合結果 堂林三塁打でデビュー

2012年11月18日に行われた、第3回WBCに向けた国際強化試合、日本対キューバの第2戦の試合結果

日  本 000 000 021|3
キューバ 000 000 010|1

【日本】沢村-村中-西村-森福-大竹-涌井-山口
【キューバ】アルバレス-ゴンザレス-ヒメネス-ヌニェス-ガルシア-イエラ-デスパイネ-フェルナンデス-イノホサ

【本塁打】グリエル1号

勝 大竹 1勝0敗
負 ヒメネス 0勝1敗
S 山口 0勝0敗2S

第1戦に続き、第2戦も両チームとも本気モードの投手継投を見せ、ロースコアの試合展開。
特にキューバは、10人の投手をつぎ込んでいる。
どちらのチームも絶体絶命というピンチは背負うものの要所を締める投球や、投手交代を見せる。

終盤まで0対0で試合が進み、8回に広島カープの堂林が全日本初打席を迎える。
代打で登場した堂林は、初球をフルスイングして、札幌ドームのセンターオーバーのスリーベースを放ちチャンスを作ると、坂本のライトへの犠牲フライで先制する。

リリーフでは大竹が2試合連続で登板したが、この試合ではややコントロールに苦しむ場面が見られた。
1アウトランナーセカンドというピンチを背負ったため慎重になっていたが、甘い球だけは投げないという意識は感じられ、ピンチを凌ぎ無失点で投げ終えた。

9回は3点目を挙げた全日本だったが、堂林の2打席目はアウトコースの落ちる変化球を空振り三振と、2012年のシーズンとあまり内容の差を感じられない三振を喫していた。
シーズン中からは劇的な成長は感じられない打席だったが、普段とは違ったチームでの経験は大きいと思うので、結果は恐れずチャレンジしていく姿勢は見られたということで、これはこれで良かったように思う。

試合は2試合連続でクローザーとして山口が登板したが、ストレートの球速自体は150キロ以下と、あまりスピードが乗って来ない。
1アウトから二塁打を打たれるが、すでに1試合投げていることと、抑えとしての経験を多く積んでいることで慌てることなくキューバ打線に反撃を許さず、2試合連続で抑え成功。

どんどん経験を積むことで、自信を深めていきそうな内容だった。

また、前回の今村に続き、今度は大竹が勝利投手となり、2試合続けて広島の選手が勝利投手となった。
単なる巡り合わせとは思うが、少なくとも好投しないと手に入らない勝利投手という結果だけに、本人にとっては嬉しい結果となったはずだ。







関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/18 22:39 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター