デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2012 > 【カープ情報】ミゲル・ソコロビッチ投手の成績
スポンサードリンク

【カープ情報】ミゲル・ソコロビッチ投手の成績

広島カープが2013年の新外国人として獲得を発表した、ミゲル・ソコロビッチ投手(26)の成績

身長185cm、体重86kg。右投げ右打ち。

2012年にメジャー初昇格を果たしているが、オリオールズとカブスの2チームに在籍し、共に良い結果が残せなかった。
動画から判断するに、平均的な球速は140キロ中盤から後半くらいだろうか。そこまで剛球投手と言うイメージではない。
また動画で確認できる痛打されたボールや投球練習では、シュート回転するボールが多かったのは気掛かり。
おそらく、このスピードで三振を量産しているということであれば、スライダープラス落ちる変化球(チェンジアップ)あたりを駆使して投球を組み立てるタイプなのだろうと思う。
若手時代は先発もこなしていたが、2A、3Aと昇格していくに連れ、リリーフでの登板がほとんどととなっている。

リリーフに転向してからは、徐々に安定した成績が残せるようになっており、特にメジャー昇格に繋がったとも言える2012年の3Aでの投球は、与四球率2.28、奪三振率9.27と見事なものだった。

3Aでの通算与四球と通算奪三振率についても、与四球率が4個以下、奪三振率が10個以上というもので、この数字はサファテ(3A通算与四球率5.32、通算奪三振率9.43)やミコライオ(3A通算与四球率3.83、通算奪三振率10.64)と比べてもそん色のない数字だと思う。
また、メジャー実績にも目立つものがない点も共通している。

もっとも登板試合数や投球イニングは、この2人の半分くらいしかなく、同列に扱えるかどうかは疑問だが、少なくとも上り調子の状態で来日できそうなのは間違いない。

ただ、本音を言わせてもらうと、特別にどこかの部分が優れているという投手には見えない。
最速160キロ近くを誇るサファテ、2m以上の長身で剛腕のミコライオ、全米ドラフト1位のバリントンと、話題に事欠かない外国人投手が続いていただけに、どうしてもこのソコロビッチ投手は地味に映ってしまう。

それでも3Aの通算防御率が3点以下の投手はなかなかお目にかかれない。日本のプロ野球に在籍している外国人投手で、3Aの通算防御率が3点以下は、ソフトバンクのテリー・ドイル投手だけのようだ。
テリー・ドイルが通用したかどうかは別問題として、成績は地味だが投げさせてみれば相手に点を与えないというのは、リリーフ投手としては大事な要素だと思う。

起用方法はリリーフと考えられているようだが、このソコロビッチ投手は、日本では先発としてもそこそこ通用しそうなタイプにも思える。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2009(AA)4 01000.00 4.1 00000.46 0.00 0.00
2010(AA)3304523.44 52.1 20227471.17 4.64 8.08
2010(AAA)1803103.12 26.0 9218301.54 6.23 10.38
2011(AA)500010.00 7.0 00270.29 2.57 9.00
2011(AAA)2923213.94 48.0 21225631.48 4.69 11.81
2012(AAA)300005.40 3.1 21050.90 0.00 13.50
2012(AAA)2804021.90 52.0 11414520.90 2.42 9.00
2012(通算)3104022.11 55.1 13514570.90 2.28 9.27
マイナー通算209403524153.79 453.0 191411944071.30 3.85 8.09
AAA通算78210332.99 129.0 439571501.24 3.97 10.44
AA通算4205532.83 64.0 20229541.02 4.10 7.63
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2012600006.97 10.1 82661.65 5.23 5.23
2012600004.50 6.0 31361.17 4.50 9.00
メジャー通算1200006.06 16.0 1139121.47 4.96 6.61






関連記事
スポンサーサイト
ちょっと気になる
通りすがりで失礼します!

ちょっと気になるのが今年から覚えたシンカーじゃないでしょうかね?
投球の多くがシンカーになっている様子なのでツーシーム系だと思うのですが
シュールストロムはここに目をつけたのかもしれませんね!?
[ 2012/11/13 11:10 ] [ 編集 ]
Re: ちょっと気になる
まっくらさま、初めまして。
打たれた動画しかなく、そのボールを見る限りシュート回転で落差がなかったので、あれだけの奪三振率を誇るからには、何か決め球を持っているはずと思ってました。
シンカー系なら、確かに打たれた高さから落ちれば有効かなと思います。
今年から覚えたということでまだ精度が上がってないだけだとしたら、来年は面白い存在かもしれませんね。
[ 2012/11/13 14:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター