デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2011 > 【カープ情報】4月23日の引き分けの原因
スポンサードリンク

【カープ情報】4月23日の引き分けの原因

4月23日の広島対ヤクルト戦は、最後にサファテがバレンティンに同点ホームランを打たれてしまった。

勝てなかった原因とすれば、この同点ホームランの他に中田の交代のタイミングを挙げる人も多いだろう。

ただ、もう一つ重要な要因がある。

主審佐々木の判定だ。

昨日の右バッターのアウトコースを、かなり広く取っていた。

一応、両チームとも統一されていたのでどちらのチームに有利になるというものではなかった。

ただ、カープが3回に5点を入れて6対1でリードした後のヤクルトの攻撃から、試合のテンポアップが頭によぎったのか、さらにコースを広めに取り始めた。

そのタイミングが、どうしても審判の作為的な試合のリズム作りになっている。

これまでも、大量リードの後は雑な判定になって、少々のコースならストライクと判定するのは、プロ野球の歴史で何度も見てきた。

だから、その審判の作りだす試合のリズムを、投手が自分で作らないといけない。ただ、中田にしても高市にしても、経験の浅い投手では審判の作るリズムに抗うことが出来ない。

昨日の試合に関しては、ある程度審判の頭の中で、序盤で大量リードの展開で、早く試合を終わらせようという考えがあったのだろう、特に中田のリズムを狂わせた。

本来はボールのはずのアウトコースが、ストライクになることで雑なピッチングをしたにすぎない。

打者にしても、広めにとることで試合のスピードを速めようとすることを感じ取るなら、もっととどめを刺すべく攻撃をしないといけなかった。


大量リードをして審判の判定が雑になると、ろくなことにはならない・・・


1ポイントを1円として、ポイント募金できます。│ドル箱
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター