デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.09.22 広島対DeNA 公式戦第23戦 昨シーズンの最多借金数に接近
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.09.22 広島対DeNA 公式戦第23戦 昨シーズンの最多借金数に接近

2012年9月22日に行われた、広島対横浜DeNAの公式戦第23戦の試合結果

広 島 100 120 000|4
DeNA 100 041 01×|7

勝 小林太 2勝3敗
負 野村 9勝10敗
S 山口 1勝2敗20S

【本塁打】エルドレッド9号、梶谷2号

【広島】野村-江草-福井-横山
【横浜DeNA】王-小林太-藤江-菊地-加賀-山口

2桁勝利に王手を掛けてから足踏み状態が長い野村だが、今日の試合も苦労していた。
9月9日のDeNA戦で、8回裏に逆転しミコライオが抑えで登板した際に、ベンチで勝利を確信したかのような笑い顔を見せていたことが気になっていたが、ここまで勝利が遠のくとは思っていなかっただろう。

マウンドを降りてからのことなので油断という意味では違うと思うが、やはり相手チームにしてみれば、試合が終わってもいないのにベンチで笑う姿を見せられては、心に期するものはあっただろう。

DeNA打線は、野村に対して5イニング中4回先頭打者が出塁して、野村のリズムを崩すことに成功している。
カープも、不振の堂林にタイムリーが出たり、エルドレッドのツーランが出たりと、攻撃面では十分な攻撃が出来ていた。

それでも今日の試合は、DeNAの野村対策が功を奏した格好になっていた。
5回裏の梶谷の逆転スリーランが飛び出した後は、江草が送りバントをセカンドに送球し、タイミングは余裕でアウトなのだが、梵が送球を弾いてしまう。ショートバウンドでもないのだから当然フォースアウトにできないといけないプレー。

逆転された後の直後のイニングでエラーによるピンチを招くと、完全に相手にペースを渡してしまうだけに、気を引き締めないといけない場面なのだが、簡単に追加点を許してしまうようでは勝てる訳がない。

その負けパターンに嵌った試合展開で、1アウト満塁のピンチでマウンドに上がったのは福井。
1点も許されない場面で登板するのは、セットアッパーや抑え的なテストとして見れば、この上ないケース。

しかし、簡単にラミレスに犠牲フライを打ち上げられてしまう。
ラミレスに真ん中やや内寄りに高めのストレートを投げてしまうあたり、1球の大切さを認識して投げているようには見えなかった。
もっともキャッチャーが意図していたのはインハイへのストレートだったと思うが、それが真ん中寄りにコントロールが甘くなったのでは、同じ結果になるということなのだろう。

試合の展開上、このラミレスの犠牲フライでほぼ反撃意欲が失われたと言っていい。

後はサファテに代わって1軍復帰となった横山が、今季初失点を許すなどリリーフ陣も崩れ、ついに借金12まで膨らんだ。
昨年の最終成績は60勝76敗8分け(勝率.411)の借金16。今季134試合終了時点で55勝67敗12分け(勝率.451)の借金12。
残り10試合に全敗しても勝率は昨シーズンを上回るし、確かに勝率で若干の進歩は見られるものの、この終盤の失速で本当にAクラス争いをしていたのかという数字が並んでしまった。



[高画質で再生]

2012.09.22 広島対DeNA ハイライト
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター