デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2012 > 【カープ情報】高卒ルーキー戸田、巨人戦でプロ入り初先発へ
スポンサードリンク

【カープ情報】高卒ルーキー戸田、巨人戦でプロ入り初先発へ

カープの高卒ルーキー、戸田隆矢が巨人戦の2戦目で先発登板することとなった。
先週から1軍練習に参加しており、1軍デビューが近付いていたが、9月12日の巨人戦でプロ入り初登板を果たすことになりそう。

今季ウエスタンリーグでは、10試合に登板して4勝2敗、防御率3.61、与四球率3.99、奪三振率6.08、WHIP1.56という成績。
初登板で初勝利を挙げ、4勝2敗という成績が示すように、勝ち運を持っている投手。

もっとも、成長途上という状況だけに、さすがに初物に弱いと言われている巨人相手に勝てるかも、という思いは胸にしまいこんで、今後の成長が期待できる投球を見せてくれることを期待したい。

【カープ情報】2012.04.15 ウエスタンリーグ 広島対ソフトバンク ルーキー戸田初登板初先発【動画】

また、今日から巨人、中日、ヤクルトとの9連戦に突入する。
9月に入ってからのカープは、8試合で3勝4敗1分けともたつき気味。
その要因として挙げられているのが、9月の月間打率.198、総得点12は1試合平均1.5点という貧打ぶりだ。

9月の打率は、個人別でみても、スタメンの多い選手ではエルドレッドの.276が最高となっている。
また、梵、エルドレッド、堂林が3打点ずつと、クリーンアップの3人が9月のチームの総得点のほとんどを稼いでいることや、飛びぬけて好調の打者、ラッキーボーイ的な働きが出来そうな野手が見当たらないことから、やはりクリーンアップの前にランナーを出すことが、現状のカープの得点パターンになってくる。

後半戦から1軍デビューとなった菊池は、少ない試合出場数ながらも犠打数23で、あっという間にチームトップの数字を残している。
9月に入ってからの打率が.148と不振なのだが、犠打力と、意外性の一打があるので2番打者から動かしづらい。 となれば、2番から5番までは固定できる。

問題は1番打者になるだろう。赤松と天谷の併用が続いている1番だが、赤松が.214、天谷が.172と打線の勢いを付けるという意味では物足りない数字だ。
終盤の盗塁というオプションを残しておくなら赤松は控えとして残しておくのも手だと思うが、菊池の犠打力を活かすなら、天谷の当たりが戻ってくるまで、迎の1番もあり得るのかなと思う。

岩本が調子を取り戻して、5番から7番のどこかでスタメンを守れるようだと多少なりとも得点力が上がってくるのは間違いないので、岩本の復調が待たれるところだろう。

いずれにしても、春先の得点能力の低さが再現されつつある現状だが、ずっと低調なままではないのも経験している。
今を我慢して乗り切れば、最後の勝負どころで打線が上向きになってくるサイクルと重なりはしないだろうかと、ひそかに期待している。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター