デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.08.31 広島対阪神 公式戦第20戦 スクイズファールのはずがホームスチール成功の判定【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.08.31 広島対阪神 公式戦第20戦 スクイズファールのはずがホームスチール成功の判定【動画】

2012年8月31日に行われた、広島対阪神の公式戦第20戦の試合結果

広島 000 000 000|0
阪神 100 001 01×|3 

勝 能見 7勝9敗
負 バリントン 6勝11敗
S 藤川 2勝2敗21S

【本塁打】狩野1号

【広島】バリントン-河内-横山
【阪神】能見-藤川

阪神先発の能見とは、8月で4回目の対決となる。
これだけ短期間に何度も対戦すると、慣れもあって打ちやすいのではないかと普通ならば考える。
広島先発のバリントンも、同じく8月で4回目の登板。もちろん同じことが言える。

条件の違いと言えば、初めて甲子園での試合となることだ。

その球場の違いが、早速初回からバリントンにプレッシャーを与える。内野安打と送りバントをバリントン自ら捕球エラーしてノーアウト1,3塁のピンチを背負うと、あっさり鳥谷にタイムリーを浴びる。
さらに4番新井良のサードゴロを堂林がエラーでノーアウト満塁と、完全に浮足立ってしまう。
もう、完全に負けを覚悟してしまう展開だったが、相手の拙攻に助けられ1失点で済んだ。

とは言え、能見の出来が抜群に良く、1点が非常に重い展開。甲子園でこの展開に持ち込まれると、残りのイニングは、追いかけなくてはいけないが得点できる雰囲気がなく、苦行でしかない。

エラーの連発もあり、普通に行っても負け濃厚の試合ではあったが、問題のシーンが6回裏に訪れる。

1アウト2,3塁で能見がスクイズを狙う。しかしファールでスクイズ失敗かと思いきや、主審は空振りの判定。
ファールと思われたボールがファールグランドを転々としている感に、サードランナーがホームスチールという形で生還する。

このプレーによる1点がなければ、と言えるような能見の出来ではなかったので、判定如何で勝負の行方が変わったとは思わないようにしたい。

しかし、野村監督が5分以上の抗議で遅延行為で退場となるシステムは、死人に口なしと言われているようで残念な退場だ。
倉にしても、ファールであれだけボールの軌道が変わればもちろん捕球はできないし、直ぐにボールを追いかけられない。
能見もボールがファールグランドを転がっているのに、ホーム近くまで進んでいた平野への指示は出さないとしても、ファーストランナーに何も指示を出さなかったし、ファールと自覚はしていたのだろう。もちろん当っていますとは言えないのは理解しているから能見を責める気はないが、態度は物語っていたと思う。

また、ちゃんと見てますよという、主審のアピールのような空振り判定のジェスチャーが空々しく思える。
これまでも誤審で勝った試合もあるだろうし、負けた試合もあるだろう。
トータルではプラマイゼロになるのが正解だと思う。
なので、何度も言うようだが、あれがなければ勝っていたとは思うまい。
しかし、どうせプラマイゼロになるなら、プラスもマイナスもないような判定をお願いしたい。
それがプロの審判だと思うので。

さて、試合の方は藤川から一応の粘りは見せてくれたが、完敗と言っていい内容。
甲子園での試合で浮足立ってしまい、また3位争いのプレッシャーの中で、カープがプロらしいプレーが出来ていなかったのは認めざるを得ないところではある。 また、打撃コーチが能見の出来を見誤って、打ち崩せると楽観視していたということで、ベンチも冷静さを欠いた見方をしてしまったようだ。

8月終了時点での5割復帰も、月間勝ち越しも実現することが出来ない完敗を喫してしまった。
しかし、クヨクヨしている暇はない。
いよいよ明日から9月に突入。最後の追い込みを掛ける時期に差し掛かった。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター