デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.08.15 広島対ヤクルト 公式戦第14戦 野村後半戦初勝利、丸復活の本塁打【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.08.15 広島対ヤクルト 公式戦第14戦 野村後半戦初勝利、丸復活の本塁打【動画】

2012年8月15日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦第14戦の試合結果

ヤクルト 000 000 101|2
広  島 220 001 00×|5

勝 野村 8勝6敗
負 七条 1勝2敗
S - 

【本塁打】丸4号、ミレッジ17号

【ヤクルト】七条-松井光-増渕-阿部
【広島】野村-ミコライオ

最近の試合では、ワイルドピッチなど相手のミスで得点をもらっていたり、本塁打での得点だったりと、打線のつながりが不足していた感のあるカープだが、久しぶりに初回にタイムリーが出たり、すぐさま追撃弾が飛び出したりと、打撃陣が投手を援護した。

7月の好調だった時期は、4点くらいは取れる打線だった。
その立役者は、天谷、岩本だったわけだが、共に調子は下降気味。岩本に関してはファーム降格となるほどの不振が続いていた。
8月に入ってからは、特に誰が好調という状態ではなくなり、エルドレッドの本塁打が飛び出した試合は勝ちが拾えるかなというほど、打線全体の低調さが目立ち始めていた。

誰かが引っ張らないと勢いが付かないのがカープ打線で、ようやくファームから上がってきた丸にラッキーボーイ的な働きが見られた。
今季のカープは、ファームから1軍に上がってきた選手がポイントとなるケースが目立つ。
天谷、岩本、菊池、迎、赤松など決して好調な時期が長続きはしていないのだが、1軍に食らいついて行くうちに欠かせない戦力になってきている。

当面、丸は1番固定という状況でもないだろうが、赤松、天谷とポジションを争うことになりそう。そうなればまた相乗効果で天谷の調子が上がってくる時期も出てくるだろう。
最近の赤松はヒットは出ており、どんどんチーム内で競争できる状態になればチームにとってもプラスだ。

丸の1番は、昨年の7月18日の阪神戦以来で、プロ入り2度目。
盗塁も期待でき、パンチ力もある打者で、選球眼もいい。
昨年はチーム事情で3番または5番を打つ機会が多かったが、トップバッターとしても楽しみな存在ではあった。

この1試合で1番固定というほど甘いチーム状態ではないと思うが、選択肢が広がるという意味では丸に結果が出たのは大きい。

大きいと言えば、後半戦に入ってから勝ちがなく三連敗中だった野村がヤクルト打線をほぼ完全に封じ切ったことが挙げられる。
コントロール、キレとも十分で、2回までに4点をプレゼントされる展開は、プロ入り後初めてと言っていい楽な展開。
投球術を駆使するタイプの投手にはもってこいの展開だけに、ヤクルト打線が回を追うごとに野村の術中に嵌っていくようだった。
7回にミレッジに完ぺきに捕らえられ、レフトスタンドの上段に運ばれたが、単発ならば試合展開上問題ない。
8回を投げ終えて100球を超えているので、9回のマウンドはミコライオに託す。この辺りの方針のブレのなさはシーズン終盤でも変わっていない。
点差があってミコライオが登板している場合、ランナーを出しても無警戒でランナーを進めさせるのも相変わらず。その後セカンドゴロがイレギュラーしてタイムリー内野安打になったりと、若干隙は見せてしまった格好だが、ほぼ主導権を握ったままの勝利を上げることが出来た。



[高画質で再生]

2012.08.15 広島対ヤクルト ハイライト



[高画質で再生]

2012.08.15 広島対ヤクルト ヒーローインタビュー
関連記事
スポンサーサイト
朝、早くすいません。
毎日、楽しく拝見させてもらってます。
久しぶりに丸選手が、二重丸以上の活躍で、良かっと思います。もちろん野村投手の完璧な、投球術に感動しました。新人王は、間違いないと思ってますが、堂林選手にも権利が、有ると言うことで、チーム内の競争ですが、どちらもにも期待しときます。安倍選手が、代打でなかなかいい感じで打ってますが、ヒットにならず残念です。前田智選手の出番が、最近少ないと思いますが作戦状 の事でしょうか?先日のタッチアップで?もし何かわかれば、教えてください。宜しくお願いします。
[ 2012/08/16 06:01 ] [ 編集 ]
おはようございます
前田智選手の出場については、特に詳しい理由は明かされていないようです。
7月13日のDeNA戦でタッチアップで本塁突入した後に脚を引きずっていたというコメントもありました。
その後、オールスター明けまで出番はなかったですが、徐々に試合には出場しているように思います。
3・4月・・・11試合
5月・・・9試合
6月・・・7試合
7月・・・7試合
8月・・・3試合

ここまでの月別の出場試合数を見ると、8月はちょうど折り返し地点で3試合ですから、そこまで出番が減っている訳でもなさそうです。
ただ、確かに勝負どころ以外での代打は減っているという印象はあります。
7月28、29日の巨人戦での代打は敬遠を見越した代打という状況でしたから、なおさらかもしれませんね。
[ 2012/08/16 06:39 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
なるほどようく分かり助かりました。前田智選手には、出来れば優勝するまで、現役で頑張ってもらいたいと思い、期待しながら応援しときます。
[ 2012/08/16 10:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター