デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.08.11 広島対阪神 公式戦第15戦 エルドレッド3試合連続の5号本塁打は逆転弾【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.08.11 広島対阪神 公式戦第15戦 エルドレッド3試合連続の5号本塁打は逆転弾【動画】

2012年8月11日に行われた、広島対阪神の公式戦第15戦の試合結果

広島 000 000 020|2
阪神 000 010 000|1

勝 横山 1勝0敗
負 福原 0勝3敗1S
S ミコライオ 2勝3敗15S

【本塁打】上本1号、エルドレッド5号

【広島】バリントン-横山-今村-ミコライオ
【阪神】能見-福原-加藤-鶴

両チームとも初回は先頭打者が出塁し、送りバントを決め、3番打者の進塁打でランナーをサードまで進めたが、両4番が凡退と、流れをつかみきれない。
さらには、バリントン、能見とも低めにボールが集まり、調子自体は良さそうに見えた。

ロースコアでの試合展開、しかもストライク先行の投球が持ち味のバリントンとあって、サクサクと試合は進んでいきそうな気配。

こうなると点が入るとすれば、ホームランでの得点かエラーがきっかけになるケースが多いように思う。
そして正直、本塁打の面では伏兵と言える上本に先制本塁打を浴びてしまう。

バリントンの失点は結果この1点のみだったのだが、この1点が今日の試合ではポイントとなってしまう。
能見の出来が素晴らしく、ほとんどチャンスらしいチャンスも作ることが出来ない。
特にエルドレッドに対する攻めは完璧で、エルドレッド封じに成功したことが阪神が有利に試合を運んだ要因と言える。

全く能見には合っていなかったカープ打線だが、8回に先頭の赤松が出塁すると、菊池がこの日二つ目の送りバントを決める。
ここで能見から福原に交代。
梵は打ち取るものの、ここまで能見には手も足も出ないスイングに見えたエルドレッドが、それまでのうっ憤を晴らすかのような逆転ツーランホームランを叩き込む。
この回での逆転が叶わなければ、9回は藤川が登場していたはずで、この回しかないラストチャンスをものにした。

逆転すれば後は、今村、ミコライオのリレーとなるわけだが、今日の今村は球の走りが今一つのようで、空振りが奪えない。
1アウト三塁でピッチャーゴロを打たせるが、若干危なっかしいランダンプレーもあった。
石原からの送球が若干高くなったが、守備固めで出場した木村昇吾は送球を逸らさない。
さらに、続く平野のサードライン際のライナーをダイビングキャッチのファインプレー。
ヒヤヒヤの場面だったが無失点に抑え、ここはカープベンチの采配がずばり嵌った。

そして最後はミコライオが危なげなく締めて逆転勝利。

最後に一言、打った瞬間に解説に「ダメだよ~」と言わしめたエルドレッド、あなたは最高です。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター