デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.07.27 広島対巨人 公式戦第13戦 石原抹消で守備の綻び
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.07.27 広島対巨人 公式戦第13戦 石原抹消で守備の綻び

2012年7月27日に行われた、広島対巨人の公式戦第13戦の試合結果

巨人 000 100 323|9
広島 000 000 000|0

勝 杉内 10勝2敗
負 野村 7勝4敗
S -  

【本塁打】なし

【巨人】杉内-田原
【広島】野村-河内-中田-斉藤

ここをこうすれば勝てたのではないか?
そんな箇所が見つからない程の完全な負け。

試合前には石原が故障により登録抹消となり、白濱がスタメンとなった。
その白濱は、杉内のノーヒットノーランを阻止するチーム唯一の1安打を放ったが、それ以外の部分、守備では失敗を繰り返した。
野村との呼吸が合わない場面も多くみられ、野村には珍しく4四球を与える投球内容。

7回の交代時期は、古城にタイムリーを打たれた後、坂本への四球はともかく、村田への四球の時点で完全にいっぱいいっぱいだったように思う。
ここでの続投が、後の大量失点に繋がったような感じだ。

8回以降は、河内の犠打ファースト悪送球、白濱が盗塁セカンド悪送球を2連発、菊池のセカンドゴロ後逸と昨日のヤクルト戦に続くエラーのオンパレード。
特に白濱の悪送球は、相手チームにカープの弱点をさらしてしまった感が強く、同じ相手に起用するのは恐怖を感じる。
そして、この回で試合は壊れてしまった。
9回には先発候補の斉藤をリリーフで起用し、投球の杉内にまでストレートのフォアボールを与えるなど3失点と、今後の起用についてもためらわれる投球を披露する。

そうは言っても、杉内に対して1安打しか打てなかったのだから、試合としては勝ちようがなかった。
巨人は、試合終盤に次々と主力選手を交代させ、球場アナウンスが追いつかない程の交代やポジションチェンジを繰り返した。
9回のマウンドも、8回裏には打席に立った杉内を交代させる、完全に見下ろされた敗戦。

28日の試合は、前田健、野村と同様に大竹もオールスターでの負荷をかけられた投手起用をされた1人。
巨人戦は勝ち星こそ2勝0敗だが、抑える試合と打たれる試合が交互に訪れており、従来の大竹の投球が出来る状態なのかどうか?そこがポイントだ。
前田健-内海-野村とリレーしたオールスターから、ようやく登板を迎える内海は盤石のような気もするが・・・



関連記事
スポンサーサイト
物凄く強い巨人に対して野村を杉内にぶつけたのは戦略的にどうかと 誰から勝っても勝ちは勝ちですし 福井大竹野村で最悪1勝2敗と考えてもよいのでは まだ2試合ありますがや~な予感が… それとエルドリッド(正確には〉の打順をもっと上位で使って欲しいです 3打席しか回らない下位の打順では勿体無いと思うんですが。
[ 2012/07/28 09:52 ] [ 編集 ]
エルドレッド
オールスター明けからのエルドレッドへは、相手チームも探り探りの攻め方をしてきているように思います。
打撃好調だった石原の離脱により下位打線が弱くなるのは必至ですから、エルドレッドと堂林を入れ替えて、石原が手首の故障でいなかった頃の打順にしてみるのも一手だと思いますね。
[ 2012/07/28 12:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター