デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.07.13 広島対DeNA 公式戦第10戦 エルドレッド頭部死球【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.07.13 広島対DeNA 公式戦第10戦 エルドレッド頭部死球【動画】

2012年7月13日に行われた、広島対横浜DeNAの公式戦第10戦の試合結果

広島 042 006 000|12
横浜 100 020 100| 4

勝 バリントン 5勝9敗 
負 高崎 3勝7敗 
S -

【本塁打】石原1号、堂林9号、梵6号

【広島】バリントン-サファテ-福井-河内
【横浜DeNA】高崎-福山-江尻-林-篠原

横浜DeNAに先制され、嫌なムードを断ち切ったのは、石原の今季1号の逆転満塁ホームランだった。
打った瞬間にホームランと分かる当たりで、これでカープのペースで試合を運べると思った矢先、バリントンのコントロールが狂いだした。

ツーベース、死球、四球で今度は、ベイスターズが満塁のチャンスを作る。
ここで、1点でも取られると、試合の流れが分からなくなる重要な場面が訪れる。
ここ一番の制球力が甦り、渡辺直人にはヒットにできそうなボールはなかったように思う。
ピッチャーへのゆるいハーフライナー気味のゴロでピンチを脱する。

堂林にも久々の9号本塁打が飛び出し、気持ちのいい試合展開だったのだが、ムードというか試合を壊したのは横浜DeNAの福山だった。
エルドレッドに頭部死球を与え、エルドレッドは負傷退場。福山も危険球退場となり、緊急登板の江尻が一気に6失点してしまう。

後は、大味な展開となるのだが、サファテの調子がちょっとずつでも上がってきているのは心強い。
さらには、リリーフで福井が登板、1失点はしたものの150キロのストレートを連発し、力押しの投球を見せる。
まだ信頼感抜群とは言えないが、サファテ、今村、ミコライオの剛腕三銃士に加え、福井まで加わるとなると150キロカルテットが誕生してしまう。
さすがにこの顔ぶれは日本のプロ野球界では珍しいのではないだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター