デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.07.11 広島対巨人 公式戦第11戦 前田健自分で打って自分で抑える【2回目】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.07.11 広島対巨人 公式戦第11戦 前田健自分で打って自分で抑える【2回目】

2012年7月11日に行われた、広島対巨人の公式戦第11戦の試合結果

広島 001 120 000|4
巨人 100 000 000|2

勝 前田健 9勝3敗
負 ゴンザレス 3勝1敗
S ミコライオ 1勝3敗11S

【本塁打】岩本5号

【広島】前田健-今村
【巨人】ゴンザレス-高木京-田原-高木康

前田健太は、5月6日のヤクルト戦に続いて、自分で投げて自分で打って勝つという試合を再現した。
立ち上がりは、ダブルプレーを狙った菊池の送球が逸れ、ランナーがそれぞれ進塁したものの、三塁を回った長野はオーバーランして止まった。
野手の追いつき方を見る限り、体勢が崩れていたのでホームに突入していれば点は入っていたように思う。
その後、村田にはライト前タイムリーを打たれたのだが、もし1点入った後だったら、一気呵成に攻められていた可能性もあった。
しかし、結果的にこの1点で凌いだのが、後の試合展開を考えると大きな意味をもった。

2回のカープのチャンスでも、エルドレッドは初球を中途半端なバッティングでダブルプレーと、決して良い流れではなかったが、昨日久しぶりのヒットが出た梵が、2試合連続タイムリーを放ち同点に追いついた。

そして、ヒット、送りバント、前田健太のタイムリーで勝ち越すと、後は巨人にミスが目立ち始める。
5回表には、四球の梵が盗塁を決めるが、実松からのワンバウンド送球を坂本が取っていれば悠々アウトのタイミングだった。
その次の投球で、岩本にツーランが飛び出しただけに、このプレーは大きかった。

6回には得点には結びつかなかったものの、石原の送りバント小フライをゴンザレスが追い付けず、さらに取り損ねるというプレーもあり、巨人は昨日の試合ではエラーで自滅したカープの逆のパターンに嵌った。

最後までチグハグな試合は、8回裏にぬかるんだグランドに脚を取られた菊池がこの日2個目のエラーでノーアウトのランナーを許し、巨人の反撃が始まるかという攻撃の途中で降雨中断。
この中断は、約1時間にも及び試合終了の時刻は22時を過ぎた。

約1時間の中断の後、坂本と村田から連続三振を奪う今村には頭が下がる思いだ。試合とすれば、この中断後の今村の投球で勝負ありだった。
これで、前田健太は9勝目で、杉内と並び勝利数がトップタイとなった。

また、9回裏にはミコライオが例の156キロのツーシームを投げ込み、堂林に代わる守備固めで木村昇吾を起用してきた。ここも見逃せない。(巨人マシソン160キロ対広島ミコライオ156キロ【動画】

2012.07.11 広島対巨人 ハイライト【巨人HP】


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター